気持ちが冷めた時は因果応報かも知れない、取り戻し前を向いていく術



人生を過ごしていると、気持ちが冷めた時を迎えることもあるもの。突然に恋人のことが気にならない、そんな感じを覚えることがあります。

今までは毎日のように連絡を取り合っていても、ある時から別にいいかななどと、控えるようになったという人は珍しくはありません。

女性の気持ちが冷める時と男性の気持ちが冷める時はそれぞれで違っていますが、相手への関心が薄れたことが要因かも知れません。

そんな冷めた関係では喧嘩になった際も、素直に謝る気持ちになれないので、放置することになり更に関係悪化を招いてしまうことになります。

但し、気持ちが冷めたからとすぐに破局という訳ではなく、別れたくないと考える人も少なくはありません。

ここでは、気持ちが冷めた時は因果応報かも知れない、取り戻し前を向いていく術を紹介しています。

 

 

 


気持ちが冷めた時は因果応報かも知れない、取り戻し前を向いていく術


 

| 1.一時的に距離を置いてみるのも良いやり方というものです

距離を置いてリフレッシュするということ。もし己自身だけでなく相手側も持ちが冷めた素振りが見えるようなら、一時的に距離を置いてみるのも良いやり方というもの。

楽しくもないのに無理して一緒にいるよりは、距離を置くことにより新たに見えてくることもある、取り戻し前を向いていく術の一つ。

距離を置いているうちに相手と話したくなったり、会いたいという気持ちが湧き上がることもあり、側にいた時は分からなかったことも認識できます。

 

| 2.それを相手が改善できるという事例も意外にあるものです

話し合ってみるということ。具体的に己自身の気持ちが冷めた理由が判明している時、それを相手が改善できるという事例も意外にあるもの。

そうした際は冷めてしまったかも知れないという心境を打ち明け、本音で話し合ってみることで正確に伝えるようにします。

己自身にも改善点が見つかることもあるかも知れませんが、じっくり話し合ってみることにより二人の距離も縮まる、取り戻し前を向いていく術の一つ。

 

| 3.一緒に楽しかった思い出の場所を訪れてみたりするという

楽しかった思い出を振り返るということ。互いに別れたくない思いを持っているケースでは、一緒に楽しかった思い出の場所を訪れてみたりするというもの。

以前と同じところでデートをすることで、当時の気持ちだったり相手が好きだった理由などを思い起こすこともできる、取り戻し前を向いていく術の一つ。

また、付き合っている最中の楽しい思い出話を一緒にすることで、当時の心境を湧き上がらせることができます。

 

| 4.会う機会だったり連絡期間が開いてしまっているとという

コミュニケーションの機会を増やすということ。気持ちが冷めた時は同時に、相手と会う機会だったり連絡期間が開いてしまっているとというもの。

そういう時は、敢えて一緒にいる時間や連絡する頻度を増やしたりと、コミュニケーションを図るのが、取り戻し前を向いていく術の一つ。

会話やLINEの頻度を増やすことで二人の距離も縮まり、互いに話しやすい雰囲気になるので、別れたくないときは意思疎通を増やし互いの理解を深めることが大事。

 

| 5.二人でできる事柄を増やしていくのも良い方法というもの

二人で新しいことを始めるということ。互いの行動が一緒にならないようなケースでは、二人でできる事柄を増やしていくのも良い方法というもの。

新しい二人でできる趣味をスタートしてみるということで、同じ趣味を持っていると、それについて話す時間が増えることに繋がります。

相手に冷めたと思う気持ちがあっても、新しい趣味の話なら共通の話題も増え、会話が弾む取り戻し前を向いていく術の一つ。

 

 

 


ab型の気持ちが冷める時も話題になるもの、注意しておきたい原因面


 

| 1.見るなど、幻滅して気持ちが冷めてしまうこともあるもの

常識が感じられないということ。店員に向かっての横柄な態度や友人への冷たい仕打ちを見るなど、幻滅して気持ちが冷めてしまうこともあるもの。

常識は育ってきた環境などで個々に多少の違いもありますが、人としての常識を疑い始めると、一緒にいられないということになりかねません。

付き合いの当初は目に映らなかったことも、段々と人としてあり得ないと思うようになり、気持ちが冷めた時が訪れます。

 

| 2.あまりにも少なければ、不安や不満が一方的に湧き起こる

連絡しても返信が少ないとういこと。己自身が連絡してばかりのケースでは、相手からの返信があまりにも少なければ、不安や不満が一方的に湧き起こるもの。

恋人同士になれば連絡を取り合う機会も増えますが、気がつけば連絡するのは自分ばかりで、相手からの返信はほとんどないということもあります。

こうしたことが続けば、相手の心境を疑うことになり、不安が募っていくことにもなりかねず、やがて気持ちが冷めた時が訪れることにもなりかねません。

 

| 3.失うので、誕生日や記念日を忘れてしまうことがあるもの

記念日を忘れがちになるということ。相手への気持ちが冷めた時は、関心や興味をを失うので、誕生日や記念日を忘れてしまうことがあるもの。

これまでは記念日を祝ったり、誕生日には必ずプレゼントを渡したりしても、相手への関心や興味薄れると忘れてしまいかねません。

もし己自身が忘れたり相手が忘れたりしている場合、気持ちが冷めた時を報せる前兆のこともあります。

 

| 4.愛情表現をしてコミュニケーションを図ることも多いもの

愛情表現がなったということ。一緒の時間を恋人と過ごしているケースでは、愛情表現をしてコミュニケーションを図ることも多いもの。

但し、恋人がスマホなどに夢中になっている時間が増えてくると、相手をしてくれないと感じることになりかねません。

せっかく一緒にいてもこちらの相手はしてくれず、他のことに熱中している姿を見れば、気持ちが冷めた時を迎えかねません。

 

 

 


気持ちが冷めた時の態度も気になるもの、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.あった場合、寄り添ってくれる恋人は重要な存在という

辛い時に寄り添ってくれない心理状態。悲しいことや辛いことがあった場合、寄り添ってくれる恋人は重要な存在というもの。

己自身が辛く悲しい感情に包まれている時、側にいて欲しい恋人が寄り添ってくれないのは、余計に辛さが増すことになりかねません。

何かがあったケースで、そんなフォローのない態度から、相手に対する気持ちが冷めた時を迎えます。

 

| 2.ドタキャンされた場合など、相手を信用しにくくなるもの

信じることができなくなった心理状態。他の異性との仲の良い姿を見た時や、デートをドタキャンされた場合など、相手を信用しにくくなるもの。

信じることができなくなったケースでは、相手の言うことだったり行動に疑いの目を向けてしまうことになりかねません。

一度失った信頼を取り戻すのは困難と言われるように、そのまま気持ちが冷めた時が訪れることにもなりかねません。

 

| 3.途端に生返事になり、満足に聞いていないというものです

話を聞かないという心理状態。話が己自身のことばかりで、こちらが話し始めれば途端に生返事になり、満足に聞いていないというもの。

こうした態度を感じた場合は、相手の気持ちに対して疑いが湧き起こるのは当然ということにもなりかねません。

相手が冷めたのではと不安が募れば、己自身の気持ちが冷めた時が訪れることになります。

 

 

 

まとめ

関心が薄れたのが要因かも知れません。ここでは、気持ちが冷めた時は因果応報かも知れない、取り戻し前を向いていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。