友達がいないのは寂しいもの、そんな時の具体的な解決に結び付く術



人生を過ごしていると、友達がいないのは寂しいと感じることもあるもの。人見知りのところがあり、一人で寂しい思いをして友達がいないことに悩む人もいます。

普段は一人の方が気楽などと言っているような人見知りの人でも、ふとした瞬間に友達が欲しいという寂しい気持ちが湧き上がることがあります。

もちろんそんな人は出不精になるのは当たり前で、何かの誘いがあっても休日は家で過ごしたいと、出掛けるのを面倒臭さがり1人で家にいることにもなりかねません。

友達の結婚だったり転勤など、会う機会も減り一緒に過ごす相手がいなくなると、孤独感に苛まれて、辛い気持ちを抱えることにもなりかねません。

そんな時に予め対応の仕方を掴んでおくと役立ちます。

ここでは、友達がいないのは寂しいもの、そんな時の具体的な解決に結び付く術を紹介しています。

 

 

 


友達がいないのは寂しいもの、そんな時の具体的な解決に結び付く術


 

| 1.現状で友達がいない場合、変化というのは訪れにくいもの

新しいコミュニティに所属してみるということ。社会人にしても学生でも現状で友達がいない場合、変化というのは訪れにくいもの。

社会人であれば新しい趣味を初め、趣味の会の仲間を作ったり、学生ならサークル活動に参加するなど、新しいコミュニティに所属してみるようにします。

新しい環境に入れば新しい人との出会いがあり、中には気が合う友達になれる人もいる、そんな時の具体的な解決に結び付く術の一つ。

 

| 2.SNSなどで友達を探すのも、具体的な解決に結び付く術

SNSやアプリを活用するということ。リアルではなかなか人と出会えない場合、SNSなどで友達を探すのも、具体的な解決に結び付く術というもの。

同じ趣味をしている人を探してフォローすると、共通の話題で盛り上がりやすく、マッチングアプリを友達作りに活用する手もあります。

先ずは自分自身と同じ趣味を持つような人を検索して、やり取りをスタートしてみるのも良いかも知れません。

 

| 3.友達というだけではなくて、動物だって可能になるという

ペットを飼ってみるということ。自分の孤独感を埋めてくれるのは、友達というだけではなくて、動物だって可能になるというもの。

一人暮らしでは難しい時もありますが、動物を飼える環境であれば、ペットと一緒の生活もそんな時の具体的な解決に結び付く術の一つ。

ペットの飼育をしていれば、何もすることがないという状態もなくなり、寂しい時のペットの存在は孤独感を薄れさせます。

 

| 4.手持ち無沙汰状態から孤独感を覚えやすくなるものです

一人の時間を有意義に過ごすということ。一人でいる時に何もすることがなければ、手持ち無沙汰状態から孤独感を覚えやすくなるもの。

手の込んだ料理に挑戦したり、一人でも楽しむことができる趣味を始めるなど、一人の時間を最大限有意義にするよう心掛けます。

こうして孤独を楽しめることができれば、友達がいない寂しい状況も気にならなくなる、そんな時の具体的な解決に結び付く術の一つ。

 

| 5.増やすためには、積極的に外出するよう心掛けるという

積極的に外出してみるということ。普段の生活にまったく出会いがない場合、増やすためには、積極的に外出するよう心掛けるというもの。

どこに行けば良いか分からない時は、好みのお店を行きつけにするのも良く、スタッフや常連客とも話が弾み仲良くなれるかも知れません。

心機一転フットワークを軽くしていき、今より行動範囲を広げることも大事な、そんな時の具体的な解決に結び付く術の一つ。

 

 

 


辛くて寂しいのは誰しも頭の中で思うもの、知っておきたいそんな瞬間


 

| 1.誰かに話を聞いてもらったり慰めて欲しいと心から思う

気持ちが落ち込んだ時。気持ちが落ち込み非常に辛い時には、誰かに話を聞いてもらったり慰めて欲しいと心から思うもの。

一人暮らしをしていて自分以外誰もいないような状況では、話し相手も側にいなくて辛い気持ちも話せない、そんなもどかしさを感じることにもなりかねません。

そんな時に相談できる友達が欲しい、そんな気持ちが湧き起こり、より一層寂しさを感じ孤独を自覚します。

 

| 2.時間を自由に使える、そんな非常に大事な日とも言える

休日に予定がない時。社会人にしても学生にしても、休日は自分の時間を自由に使える、そんな非常に大事な日とも言えるもの。

そうした貴重な休日に何も予定やスケジュールがなく、仕方なく一人で過ごしていると、無性に孤独感や寂しさを感じることにもなりかねません。

こうした日に一緒に過ごす相手がいたら良いのに、そんな心境にもなりかねず友達がいない寂しさに襲われかねません。

 

| 3.一緒に楽しんで過ごしてくれる相手を求めてしまうもの

イベントを一人切りで過ごした時。年越しカウントダウンや誕生日など、一緒に楽しんで過ごしてくれる相手を求めてしまうもの。

誕生日に自分自身でケーキを買ってきて、一人切りで祝っていると、無性に虚しい気持ちに襲われるということにもなりかねません。

一緒にイベントを過ごしてくれる人が自分にはいない、そんな実感が湧き上がりより寂しくなることにもなりかねません。

 

| 4.他の人たちが愉快にやっていれば、羨ましく見えてしまう

友達が沢山いる人を目にした時。普段はそれほど楽しいと思えないことでも、他の人たちが愉快にやっていれば、羨ましく見えてしまうもの。

同じように友達がいなくても普段は気に掛からないのに、多くの友達に囲まれ楽しそうに過ごしている人を見ると、羨ましくなるケースもあります。

自分にも沢山の友達がいれば、あんな風に楽しめるのかなと想像して感情も昂り、孤独感に襲われることにもなりかねません。

 

 

 


友達と離れるのは寂しいもの、注意しておきたい孤独を感じる人の特徴


 

| 1.他の人に容易に近づきたがらない傾向があるというもの

警戒心が強いということ。友達がいない人に見られるのが、警戒心が強いところがあり、他の人に容易に近づきたがらない傾向があるというもの。

知り合ってもなかなか相手のことを信用しないのはもちろん、自分自身のことを詳しく話すようなことはありません。

相手が自分自身のことを傷付けることがあるのではないかと疑うあまり、攻撃的な態度に出ることもあるので、一層友達ができ憎いことにもなりかねません。

 

| 2.楽しんでいる姿を目にして、羨ましく感じるというもの

コンプレックスがあるということ。友達がいない人に見受けられるのが、他の人が友達と一緒に楽しんでいる姿を目にして、羨ましくかんじるというもの。

そんな時に寂しさを感じるような人は、無意識に周りの人たちと自分自身を比較して、劣等感を抱いているのかも知れません。

この手の人は例え友達ができても、常に周囲と比べてコンプレックスを感じているので、どこか寂しさを覚えることもあります。

 

| 3.プライドが異常に高く、自分のことばかり話すというもの

プライドが異常に高いということ。友達がいない人の中にいるのが、プライドが異常に高く、自分のことばかり話すというもの。

相手の話を聞かないところがあり、自己中心的で徐々に周りから人が離れていくので、友達がいなくなってしまうということにもなりかねません。

自分自身の都合ばかり押し通すと、相手は嫌な気持ちになりかねず、寄り添う気持ちを持たなければいけません。

 

 

 

まとめ

また友達がいないことに悩む人もいます。ここでは、友達がいないのは寂しいもの、そんな時の具体的な解決に結び付く術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。