失敗した時の立ち直り方が非常に大事、上手に乗り切る具体的な対処策



日々の暮らしの中で、失敗した時の立ち直り方が必要になることがあるもの。どのような失敗であっても、やらかした時は焦ったり落ち込んだりしてしまいかねません。

時に仕事で失敗した時は、どうしても周囲の人たちに迷惑が掛かるのは避けられないので、落ち込むのは仕方がないということにもなりかねません。

但し、最初の失敗を長い間に渡り引き摺った状態でいれば、その分だけ気持ちの回復が遅くなってしまい、更なる失敗を誘発する可能性もあります。

失敗を引き摺っていることと、反省して次回に活かすことは全く違うので、ミスした後は嘆くより、そこから教訓を見出す方が先々の役に立ちます。

なので、メンタル的にも失敗した時の切り替え方を予め知っておくことは、最良ともなりかねません。

ここでは、失敗した時の立ち直り方が非常に大事、上手に乗り切る具体的な対処策を紹介しています。

 

 

 


失敗した時の立ち直り方が非常に大事、上手に乗り切る具体的な対処策


 

| 1.上司や関係者などに速やかに報告し指示を仰ぐことが重要

報告をすぐにするということ。失敗したことに気が付いたときは、上司や関係者などに速やかに報告し指示を仰ぐことが重要というもの。

己だけで問題解決しようとしないことが大切で、時間の経過と共に、どんどん事態が悪化してしまうということになりかねません。

失敗した時は、誰しも罪悪感から逃げ出して事実を覆い隠したくなるものですが、ミスそのものよりも事後処理が大事な、上手に乗り切る具体的な対処策の一つ。

生じたことを己自身の責任として受け入れ、全部を伝えることで、上司も適切に処理する指示ができることになります。

 

| 2.しまったケースでは、心から謝罪をすぐにするというもの

失敗を認めて誠実な心で謝罪するということ。失敗した時に周囲の人たちに迷惑を掛けてしまったケースでは、心から謝罪をすぐにするというもの。

どれほど努力しても失敗を防ぐことは不可能というもので、言い訳をしたり開き直ったりするのは、マイナスイメージにもなりかねません。

誠実な態度で謝ることが大切で、どのような理由があっても、謝罪の気持ちは誠実に述べることが、上手に乗り切る具体的な対処策の一つ。

 

| 3.落ち着いた時になぜ失敗したのか、そこを突き止めると

失敗を振り返ってみるということ。原因が明確でなければ再発の怖れが高まるので、落ち着いた時になぜ失敗したのか、そこを突き止めるというもの。

ある意味ミスを犯すのは仕方がないことで、仕事で失敗した時は、見逃すことはせず必ずそれを振り返るよう心掛けます。

なぜ失敗したのかからスタートして、原因は何かとか防止するにはどうすれば良いかなど、発生から対処方法までを細かく振り返ります。

己自身がこの先失敗を犯さないためには何をすれば良いのか、そうしたことを明確にして取り組むのが、上手に乗り切る具体的な対処策の一つ。

 

| 4.ミスを回避していくよう意識して癖付けていくというもの

癖を付けるということ。仕事で失敗した時に改善点が見つかったケースでは、ミスを回避していくよう意識して癖付けていくというもの。

確認不足が原因である場合、段階ごとに確認メモを取ったり、ToDoリストを作成するなどを癖付けるようにします。

注意不足が原因である場合、己が良く犯してしまう失敗例を付箋に書いて貼りつけたり、リマインダーを設定するなどをします。

次の行動に教訓を活かすようにすれば、成功にも結び付けていける、上手に乗り切る具体的な対処策の一つ。

 

| 5.別の業務が滞ったり新たなミスが生じることにもなるもの

気持ちを切り替えるということ。失敗をいつまでも引き摺っている場合、気持ちが沈み込み、別の業務が滞ったり新たなミスが生じることにもなるもの。

無理に失敗を忘れる必要はありませんが、己自身を責め過ぎないで気持ちを切り替えるのが、上手に乗り切る具体的な対処策の一つ。

仕事が終わった後で、友人に会ったり趣味に熱中したり運動をしたりと、気分転換することが重要なポイントです。

仕事上の失敗は職場で対応するのが基本で、帰宅後のプライベートな時間には考えるのを避けるようにします。

 

 

 


失敗した時の対処法も必要になる、注意したいミスしがちな人の特徴面


 

| 1.覚えることができず、仕事の内容を忘れ失敗しやすいと

メモを取る習慣がないということ。メモを取る習慣がない人は、その場で覚えることができず、仕事の内容を忘れ失敗しやすいというもの。

メモを取らない理由は、頭の中で記憶しているとか書くのが面倒臭かったりなど、人によって色々です。

但し、字を書くことで理解が深まったり、分からないことを見直すことも可能で、メモを取らないと仕事上の注意点などが掴み難くなりかねません。

 

| 2.業務に慣れていないので、失敗しやすい傾向があるという

仕事に慣れていないということ。入社間もない人物だったり社会経験が浅いというケースでは、業務に慣れていないので、失敗しやすい傾向があるというもの。

仕事に対しての経験がまだ浅いので、緊張や焦りなどもあり失敗してしまうことになりかねません。

その業界や職種が未経験という場合も、仕事に必要な知識の量やスキルが少なく、失敗に繋がることになりかねません。

 

| 3.仕事の重要性を感じにくく、失敗に結び付くことも多々

責任感が薄いということ。責任感が薄い人というのは、任された仕事の重要性を感じにくく、失敗に結び付くことも多々あるもの。

己自身の業務に関しての責任感を持っていないケースでは、己自身の判断基準で仕事を進めがちになり、失敗を引き起こしてしまうことになりかねません。

間違えても誰かが手助けてくれるという安心感から、手を抜いて業務に当たることになりかねません。

 

 

 


失敗した時に聞く曲もある?覚えておきたい犯しがちな人の心理状態


 

| 1.そもそもこの仕事を続けて良いのかなどと疑ってしまう

ネガティブな思考パターンという心理状態。ネガティブな人は間違えるのを怖れていたり、そもそもこの仕事を続けて良いのかなどと疑ってしまうもの。

こうしたネガティブな考え方の人は、本来の力をなかなか発揮することができず、失敗を引き起こしてしまうことになりかねません。

過去に犯した失敗を引き摺ってしまうことも多く、目の前の業務に対し自信を持てないという負の連鎖に陥りやすくなります。

 

| 2.問題点にも気づくのが困難で、再びミスを犯しやすいと

失敗を反省しない心理状態。失敗した物事を反省しない人は、己自身の問題点にも気づくのが困難で、再びミスを犯しやすいというもの。

己の過ちを振り返る機会もなければ、どこで何を間違えたのかが分からないということになりかねません。

次に失敗しないよう工夫できるところはないかなども考えないので、同じ失敗を再び繰り返してしまうことになりかねません。

 

| 3.苦手のほか、注意力が欠如しているので失敗を犯しやすい

大雑把な傾向という心理状態。大雑把なところがある人物は、業務の順序を考えるのが苦手のほか、注意力が欠如しているので失敗を犯しやすいもの。

仕事中も業務とは全く関係のないネットを見ていたりと、集中力も欠けているので、ミスを犯しがちなところがあります。

確認作業を怠ることも頻繁で、仕事に対して身が入っていないので、失敗した時もそれに気付かないということもあります。

 

 

 

まとめ

更に失敗を誘発する可能性もあります。ここでは、失敗した時の立ち直り方が非常に大事、上手に乗り切る具体的な対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。