話しかけづらい人の末路も厳しいもの、上手に距離を詰めていく方策



身近なところにも、話しかけづらい人がいるもの。職場や出会いの場でも、なぜか良く話しかけられる人と、声を掛けられない人がいます。

もちろん話しかけづらい人は女性にも男性にもいますが、その人も本当は誰かと話したいのに、切っ掛けがないだけかも知れません。

話しかけづらい人は声を掛けてもリアクションが薄く、話が広がらなかったりして特に気を使うことになりがちです。

そんな人物が職場にいた場合、存在がチームやグループの生産性に影響を及ぼすことになるかも知れません。

なので、そうした話しかけづらい人に関係を持たなければならない時は注意も必要です。

ここでは、話しかけづらい人の末路も厳しいもの、上手に距離を詰めていく方策を紹介しています。

 

 

 


話しかけづらい人の末路も厳しいもの、上手に距離を詰めていく方策


 

| 1.基本ともなりますが、話しづらい人に対して非常に効果的

話しかけづらい人には、挨拶をきちんとするということ。挨拶というのは会話の基本ともなりますが、話しづらい人に対して非常に効果的というもの。

挨拶をする際の注意点は、その人だけに向けてきちんとした挨拶をすることが、上手に距離を詰めていく方策の一つ。

朝職場で周囲の人たちにおはようございますと、まとめた挨拶で済ませてしまうこともあります。

話しづらいけど是非話したい人がいる場合、その人向けて名前を呼んで挨拶するのも良いやり方です。

 

| 2.迷惑そうな態度を取られた場合、非常に辛いところがある

嫌がっている訳ではないことを理解するということ。話しかけたときに迷惑そうな態度を取られた場合、非常に辛いところがあるもの。

退散したくもなりますが、仕事上の関連など、その人物と話す必要がある場合も多々あります。

その際は相手を正確に判断することが必要で、日本人には恥ずかしいとか話すのが苦手という人が多いとされています。

声を掛けてくる人には戸惑いながら内心では喜んでいることあり、そんなことを理解するのも上手に距離を詰めていく方策の一つ。

 

| 3.話しかけづらい人に対して、声を掛ける必要も出てくる

時間を短く回数の頻度を上げるということ。気が乗らなくても話しかけづらい人に対して、声を掛ける必要も出てくるもの。

話しかけてもリアクションが薄かったり反応が悪い場合、会話を続けるのは困難ですが、いけないのは無理に会話を続けることで、互の不安が伝染し関係が悪化しかねません。

結果として、相手のリアクションが薄いときは、一言二言を話して会話を終わらせるのも、上手に距離を詰めていく方策の一つ。

この方が互いに気が楽で、ヒット&アウェイ戦法を繰り返す方が、話しかけづらい人と上手くいきやすいことになります。

 

| 4.機会が増えた場合、話題不足が気になってくるというもの

相手を日頃から良く観察するということ。こちら側から話しかける機会が増えた場合、話題不足が気になってくるというもの。

そんな時に不可欠になってくるのが相手をよく観察することで、持ち物だったり外見の変化など、得られる情報も少なくありません。

人は変化を誰かに気が付いて貰えると嬉しいもので、何か見付けたら一言だけでも触れてみるのが、上手に距離を詰めていく方策の一つ。

 

| 5.稀にある珍しい事例ですが、話すのがそもそも嫌いという

話したくない人がいるということ。話しかけづらい人の中にいるのが、稀にある珍しい事例ですが、話すのがそもそも嫌いというもの。

こうした場合、恥ずかしいとか話すのが苦手という人と比べ、普通に話せるようになるまでに時間や労力が非常に掛かりかねません。

その性質が明確に判別できたときは、必要最低限の付き合いに留めるようにするのが、上手に距離を詰めていく方策の一つ。

 

 

 


話しかけづらい人は美人やイケメンも多いもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.つい下を向いてうつむき加減の姿勢になっているという

うつむき加減の姿勢になっているということ。周囲が知らない人ばかりの場所に行った場合、つい下を向いてうつむき加減の姿勢になっているというもの。

こうした姿勢は例え無意識にしても、話しかけないでというメッセージを、身体から発信している人に見えかねません。

結果として、うつむき加減になっていれば、自らの世界に浸っているように見え、話しかけづらい人ということにもなりかねません。

 

| 2.自分では普通の表情でも、周囲の人たちからすると怖い

ふとした瞬間に見せる真顔が怖いということ。顔の表情が周りの人たちに影響は大きく、自分では普通の表情でも、周囲の人たちからすると怖いというもの。

パソコンやスマホなどを真剣に見していると、眉間にシワを寄せたような怖い顔になっていることにもなりかねません。

そうしたときに、事情を知らない周りにいる人たちは、すごく忙しいとか話かけて欲しくないという印象を受けます。

 

| 3.パソコンを見たまま小さな声で呟くような返事をすると

相手の顔を見ずに返事をしているということ。上司から何かの雑用を頼まれた場合、パソコンを見たまま小さな声で呟くような返事をするというもの。

相手も見ずに返事をすると、本当に聞こえているのかという疑念も生まれ、ミスした時は後でとばっちりを受けることにもなりかねません。

いくら忙しくても、一旦手を止めて視線を送り、頼まれたことを反復し一言発するよう心掛けます。

 

| 4.一旦席に着いた場合、そのままじっと座っているという

座りっぱなしということ。大勢が集まる飲み会やパーティーなどで、一旦席に着いた場合、そのままじっと座っているというもの。

自から盛り上げるのが苦手で、空いている席に移動し隣の人に話しかけたりすることはありません。

本当は誰かと話をしたい気持ちはありますが、ただ切っ掛けがないだけかも知れません。

 

 

 


話しかけづらい人に話しかける難しいもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.素っ気ない態度だったりと、反応が冷めているというもの

不愛想という心理状況。話しかけられた時に、無表情だったり素っ気ない態度だったりと、反応が冷めているというもの。

女性が苦手な男性によく見られる態度ですが、話しかけられたのが嬉しくても悟られないようにしています。

相手の女性は知ることもできませんが、不愛想で冷めた反応をする男性には誰しも話しかけたくなくなります。

 

| 2.近寄りがたいと感じさせるオーラを出しているというもの

近寄りがたいオーラを醸し出しているという心理状況。話しかけづらい人に見られるのが、近寄りがたいと感じさせるオーラを出しているというもの。

いつ険しい顔をしていたり、必死に仕事に取り組んでいてとても話せるような雰囲気ではありません。

ほかにもいつも苛立っていて貧乏ゆすりをしたり、物に八つ当たりしているなど、話しかけづらいオーラを発散しています。

 

| 3.会話を広げようとしたり話題を出してこないというもの

自から話題を出さないという心理状況。話しかけられたときも相槌を打つだで、会話を広げようとしたり話題を出してこないというもの。

こういう態度をとられた場合、話し掛けた方は自分と話してもつまらない、そんな風に思うことにもなりかねません。

交友関係が少ない人にありがちな態度ですが、普段から会話の切っ掛けとなるようなものをチェックするようにします。

 

 

 

まとめ

ここでは、そして特に気を使うことになりがちです。話しかけづらい人の末路も厳しいもの、上手に距離を詰めていく方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。