キャリアプランも思いつかない末路は心配なもの、上手く立てる対処策



人生を過ごしていると、キャリアプランを思いつかないことがあるもの。仕事や働き方など自分自身の将来の理想像は、明確にしておく必要があります。

キャリアプランとは、今後自らがどのような経歴を積み重ねていくかを考える、そんな中長期的な行動計画のことです。

そんなキャリアプランを思いつかない人も多く、新卒の頃はもちろん20代や30代、あるいは40代になってもそのままになりかねません。

それは自分自身の将来の理想像がイメージできないからで、キャリアプランは転職や独立などを含めた将来への指針ともなります。

なので、若いうちから早めに必要な知識やスキルを把握し、具体的行動に落とし込むことが必要。

ここでは、キャリアプランも思いつかない末路は心配なもの、上手く立てる対処策を紹介しています。

 

 

 


キャリアプランも思いつかない末路は心配なもの、上手く立てる対処策


 

| 1.頭の中に明確に思い描く、そんなことから出発してみると

理想像を具体化するということ。先ずは将来のビジョンを頭の中に明確に思い描く、そんなことから出発してみるというもの。

職種をはじめ役職や年収など、様ざまな角度からイメージするのががポイントで、必ずしも今現在のキャリアの延長線上にこだわる必要はありません。

どんなスキルが必要になるのかも一緒に考えますが、自分には無理などと理想のハードルを下げることは、発想の妨げということにもなりかねません。

先ずは実現したい未来を自由に思い描き、最大限に自らの可能性を活かせるプランにしていくのが上手く立てる対処策の一つ。

 

| 2.見えてきた場合、自己分析をきちんとして現状を把握する

現状を把握するということ。朧気ながらでもなりたい理想像が見えてきた場合、自己分析をきちんとして現状を把握するというもの。

今までにどんな仕事を経験したかとか、どのような成果を残したか、それらの体験を通じてどんなスキルが身に付いたかを振り返り、キャリアの点検をします。

自己分析を効率的に行うにはフレームワークが有効で、マインドマップやモチベーショングラフなど、様々なものがあり自分に合ったものを活用するのが上手く立てる対処策の一つ。

 

| 3.将来的な理想像の間にあるギャップを整理するというもの

現状と理想像の差の埋め方を考えるということ。次に考えたいのは、自分の現状と将来的な理想像の間にあるギャップを整理するというもの。

どうやってこれからそのギャップを埋めるかを考えて、プランニングしていくのが上手く立てる対処策の一つ。

なかなかイメージができない時は、自らが目指す働き方や仕事など、既に実現している人物を見つけ話を聞いてみます。

プランニングの工程で重要なのが、現状の自らの姿を盛らないことで、現実に正直に向き合うことがプランの実現可能性に結び付きます。

 

| 4.現実的に達成可能な計画でなくては意味を成さないという

客観的にチェックするということ。キャリアプランを考えてみると、現実的に達成可能な計画でなくては意味を成さないというもの。

一通り計画を立てたら、実際に実現できるプランかを確認することが大事で、目標と具体的な行動が結びついているかを確認します。

具体性は充分かにはじまり、現実的に達成できるかや期限を設けているか、進捗や結果が測定できるか職場の目標に関連したものかなどです。

こうした項目をバランス良く含んだプランに仕上げる、そうしたことが大切な上手く立てる対処策の一つ。

 

| 5.軌道修正を途中でしながら、アップデートしていくという

実際に行動するということ。キャリアプランは現時点の仮説に過ぎないので、軌道修正を途中でしながら、アップデートしていくというもの。

理想の実現までに長く時間が掛かりそうな時は、小さな目標であるマイルストーンを、中途の段階にいくつか決めておくようにします。

中間段階の目標を達成して成功体験を積み上げていくことで、着実に前進している感覚も得られモチベーションの低下を防ぎます。

考えながら行動し動きながら考える、そんな繰り返しでプランの精度を高めていく上手く立てる対処策の一つ。

 

 

 


キャリアプランを思いつかないのは面接でも、注意したいそのメリット


 

| 1.一番のメリットは、現在成すべきことが明確になるという

現在行うべきことが分かるということ。キャリアプランがある一番のメリットは、現在成すべきことが明確になるというもの。

将来のビジョンから逆算していけば、自然に現在必要な行動が見えてくるようになり、仕事をする上で迷うことがなくなるのも利点の一つです。

現在の働き方のままで良いのかと悩むストレスも減るので、目の前にある仕事に集中でき、モチベーションや生産性も上がります。

 

| 2.環境に振り回されて、働き方に不安を覚えることもある

環境に振り回されないということ。職場の主導によるキャリア形成などでは、環境に振り回されて、働き方に不安を覚えることもあるもの。

但し、明確な個人のキャリアプランを持っていれば、それぞれが自ら決断し、納得のいく主張や行動をして行けるといった主体性が身に付きます。

また転職に迷いがあるという人も、必要な経験だったりキャリアを得るため、本当に転職が最適かといい判断もしやすくなります。

 

| 3.協力が得られやすくなる、そんなこともメリットの一つ

必要なサポートが受けやすくなるということ。周りの人たちからの協力が得られやすくなる、そんなこともメリットの一つというもの。

そのためには積極的に自らのビジョンを、上司や同僚などに共有しておくことが大切で、発信することで将来やりたいことに繋がるプロジェクトなど誘われる可能性も高くなります。

日頃から口に出して他の人に伝えておくことで、様ざまなサポートをして貰える土台を用意しておくのも重要なポイントです。

 

 

 


キャリアプランを思いつかないのは女性にも、知っておきたい原因面


 

| 1.未来の自分の姿が思い描けず困惑してしまうというもの

定義が曖昧で分からないということ。将来という言葉があまりにも漠然としていて、なかなか未来の自分の姿が思い描けず困惑してしまうというもの。

理想に近づくためにはプランだったり努力が求められ、だからこそ難しく考えてしまい明確な事柄がはっきり思い描けません。

ビジョンの意味と共に、社会人として将来を考える、そうしたことを前提に検討することが非常に重要になります。

 

| 2.親などの周囲の人たちの期待に応えて生きてきたという

自ら目標を探すのに慣れていないということ。集団行動に慣れていたり、親などの周囲の人たちの期待に応えて生きてきたというもの。

学校などでは指定された物事や与えられた事柄を、正確にすることが求められていたので、急にビジョンを出しなさいと言われても戸惑うことにもなりかねません。

どうしたいのかは難しい質問で、特別自分自身を責める必要はなく、これから先の人生で探していけば良いことになります。

 

| 3.叶わないかもしれないと、夢を抱くことを怖がっている

夢を持つことを怖がっているということ。実現の可能性ばかりを見てしまい、叶わないかもしれないと、夢を抱くことを怖がっているというもの。

出来るかできないかを気にし過ぎてしまった場合、自分でも本音が分からなくなってしまうので、大まかなビジョンから段々と細かな目標を立てていくことが重要。

 

 

 

まとめ

そんな中長期的な行動計画のことです。ここでは、キャリアプランも思いつかない末路は心配なもの、上手く立てる対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。