全てが嫌になる時はスピリチュアルに関係する?上手に打ち勝つ対処策



日々の暮らしの中で、全てが嫌になる時スピリチュアルを疑うこともあるもの。ストレスが多い毎日を送っていれば、突然に何もかもが嫌になると感じる瞬間があります。

そんな全てが嫌になる時は、現在抱えている全ての問題を放り出し、目の前の悩みから逃げ出したくなることにもなりかねません。

但し、現実は全てを放棄することなど簡単にはできず、ストレスを抱えたまま、再び同じ日常を繰り返していくことになります。

なので、全てが嫌になった時は、何らかのやり方でストレスをリセットしていかなければ、精神的な限界を迎えてしまうことにもなりかねません。

結果として、スピリチュアル的なことも含め、原因を分析してのメンタルコントロールが大切になります。

ここでは、全てが嫌になる時スピリチュアルに関係する?上手に打ち勝つ対処策を紹介しています。

 

 

 


全てが嫌になる時はスピリチュアルに関係する?上手に打ち勝つ対処策


 

| 1.視野を広げるには、良い意味での現実逃避が効果的という

ストレス発散できる場所へ行くということ。全てが嫌になる時にストレス発散して視野を広げるには、良い意味での現実逃避が効果的というもの。

我を忘れてストレスが解消できるような場所に行くことで、日頃の鬱屈した気持ちを解放できる、上手に打ち勝つ対処策の一つ。

非現実的空間を楽しめるライブイベントや、絶叫マシンがある遊園地やカラオケに、汗を存分に流せるスポーツ施設などが当て嵌まります。

ネガティブな状態では解決方法も思い浮かばず、悩みや不安が頭の中を離れる我を忘れられる空間は、全てが嫌になる時を遠いものにしてくれます。

 

| 2.先ずは身体をリラックスさせ休めることも大事というもの

身体をリラックスさせ休息するということ。ストレスで心が限界を迎え全てが嫌になる時は、先ずは身体をリラックスさせ休めることも大事というもの。

心と身体は密接にリンクしているので、どれほど心を強く維持しているつもりでも、身体が疲弊していては精神的にも引き摺られネガティブになりかねません。

栄養バランスのよい食事と充分な睡眠時間を確保し、内側から爽快になることで心のストレスも軽減される、上手に打ち勝つ対処策の一つ。

 

| 3.ストレスの原因からできるだけ距離を離していくという

ストレスの原因から距離を置くということ。何もかも全てが嫌になった時は、ストレスの原因からできるだけ距離を離していくというもの。

例を挙げると、人間関係がストレスの要因になっている時は、一旦そのコミュニティを離れて一人になってみることも効果的。

精神的な距離だけでなく物理的な距離を置くことで、ストレスも縁遠くなり、気分転換できる上手に打ち勝つ対処策の一つ。

 

| 4.自分自身がしたいことを思いっ切りする日を設けるという

したいことをする1日を設けるということ。全てを放り出してしまう前に、自分自身がしたいことを思いっ切りする日を設けるというもの。

食べたいものを食べるのはもちろん、行きたい場所に出掛けて会いたい人に会うなど、やりたいことをやるのも上手に打ち勝つ対処策の一つ。

継続的に大きなストレスに曝されている場合、自らを見失ってしまいがちで、本来の姿を思い出すためにも好きなことに没頭する時が必要です。

 

| 5.できる限り気持ちを言葉にして他者に伝えることが大事

気持ちを言葉にするということ。心が苦しく全てが嫌になった時は、できる限り気持ちを言葉にして他者に伝えることが大事というもの。

問題の直接的解決に繋がらなくても、辛い気持ちを理解してくれる、そんな人物がいるという事実が心の支えになります。

誰かに対して見える形で感情をアウトプットする、そうしたことがストレス発散に結び付く、上手に打ち勝つ対処策の一つ。

 

 

 


全てが嫌になるときに考えたいこともあるもの、注意しておきたい原因


 

| 1.全てが嫌になってしまうほど衝撃的な出来事というもの

信頼していた相手に裏切られたということ。信頼していた人物からの裏切りは、全てが嫌になってしまうほど衝撃的な出来事というもの。

特に家族だったり親友や恋人など、近しい関係の相手からの裏切りの場合、目の前が真っ暗になり現実感を失うということにもなりかねません。

これまで築いた信頼の厚さの量だけ衝撃も大きく、相手を信じていた自分自身の価値観も揺らいでしまうことになります。

 

| 2.長い年月に渡って努力をしていたことが報われないという

努力が報われないということ。全てが嫌になる時にありがちなのが、長い年月に渡って努力をしていたことが報われないというもの。

努力は目標があってこそ可能なものですが、到達地点が分からない状態では、気力が尽きてしまうことにもなりかねません。

何のために頑張っているのか分からないまま走り続けるくらいであれば、全てを放り出して楽になりたいと考えるのも無理はありません。

 

| 3.仕事に忙殺されてプライベートの時間を得られないという

仕事で忙殺されているということ。全てが嫌になる時に見受けられるのが、仕事に忙殺されてプライベートの時間を得られないというもの。

そもそも労働というのは、報酬といった対価を得るための行為であって、基本的には労働自体が目的とはなりません。

対価として手に入れた報酬を使う時間や体力的な余裕がない状況では、何のために懸命に働いているのか分からなくなってしまいかねません。

 

| 4.社会の中で生きていて、理不尽な仕打ちを受けるという

理不尽な仕打ちを受けたということ。全てが嫌になる時に良く見られるのが、社会の中で生きていて、理不尽な仕打ちを受けるというもの。

明らかに差別的な扱いをされたり、一生懸命に努力してきた成果を他者に奪われてしまったり、責任を強制的に押し付けられてしまうなどです。

理不尽な仕打ちを受けた時には、こんなに辛い思いをするくらいなら、全て投げ出してしまいたいとなりかねません。

 

 

 


全てが嫌な時は様々なことが関係するもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.トラブルや人間関係の悩みなど、相談できる人がいない

悩みを相談する人がいないという心理状況。仕事で上のトラブルや人間関係の悩みなど、相談できる人がいないというもの。

相談ができなければ自分自身の考えもまとまらず、対応もできないまま時間だけが過ぎて、ストレスが溜まって嫌になることにもなりかねません。

 

| 2.自分自身を責めたり、反省して落ち込んだりしてしまう

自分を責めてしまうという心理状況。些細なことでも自分自身を責めたり、反省して落ち込んだりしてしまうというもの。

こうしたタイプは責任感が強いところがあり、周囲の人たちに信頼される反面、自らを追い込んでしまう傾向にあります。

自分自身を責めることで精神的に追い詰められ、逃げ道を閉ざしてしまうことになり、何もかもが嫌な状況に陥ってしまいかねません。

 

| 3.症状にあるのが、イライラだったり情緒不安定というもの

女性の場合は生理やPMSなど体調不良という心理状況。PMS(月経前症候群)で症状にあるのが、イライラだったり情緒不安定というもの。

生理が近づいてくると、何もかもが嫌になって感情のコントロールが効かなくなる、そんな女性は多くいます。

一人で悩まないようにして、専門の医師などを頼ってみるのも良いかも知れません。

 

 

 

まとめ

嫌になると感じる瞬間が多々あります。ここでは、全てが嫌になる時はスピリチュアルに関係する?上手に打ち勝つ対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。