上司とそりが合わないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る術



日々を過ごしていると、上司とそりが合わないと感じることがあるもの。仕事に従事していれば、その姿勢だったり考え方や価値観など、合わない上司と関係する場面があります。

仕事を反りが合わない上司としていても、詰まらない上に辛いだけなので、辞めて退職しようと考える人も多々います。

もちろん上司と反りが合わないのは様ざまな理由があり、フォロー不足やリーダーシップ不足など、尊敬できない点が関係悪化に繋がることにもなりかねません。

そんな上司とそりが合わない際は、異動を願い出たり転職を考えることになりますが、その先で再び上司とそりが合わないということも考えられます。

なので、それは何故かを分析し効果的な解決策を考えることが必要不可欠。

ここでは、上司とそりが合わないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る術を紹介しています。

 

 

 


上司とそりが合わないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る術


 

| 1.己自身が変わっていくのは不可能ではないというものです

己自身が変わるよう努力するということ。他者を変えることは非常に困難なことですが、己自身が変わっていくのは不可能ではないというもの。

上司の原動や態度を変えようと努力するよりも、言うことを受け流したり最低限度の関わりで済むよう、行動をするのが上手に乗り切る術の一つ。

どんなことで己自身が上司とそりが合わないのかを分析し、そのためにどう動いていけば良いか、そうしたことを実践すれば状況が転換するかも愛れません。

 

| 2.考えないことも、ストレスを溜め込まないコツというもの

仕事の上での人間関係と割り切るということ。上司は仕事の上だけの関係と割り切って、プライベートでは考えないことも、ストレスを溜め込まないコツというもの。

ほかにも、価値観は人によって個々に異なるとか、全ての人間と良好な関係が築けなくても大丈夫などを心に刻んでおきます。

こうした思考パターンは上司に限ったことではなく、苦手な人に対しても意識せずにいられる、上手に乗り切る術の一つ。

 

| 3.ならないチャンス、そんな風に発想を変えてみるという

そりが合わない上司を反面教師にするということ。上司が合わず苦手と思った場合、己自身が嫌な人間にならないチャンス、そんな風に発想を変えてみるというもの。

己は決して同じような言い方をしないとか、嫌な気持ちに相手をさせないと心に刻むのも、上手に乗り切る術の一つ。

こういったように職場で嫌なことに出会った時も、己自身が成長できる機会と肯定的に捉えることで、平常心が維持しやすくなります。

 

| 4.できない時は、その上司の上役に向かって相談するという

そりが合わない上司の上役に相談するということ。頼りない上司でトラブルが起こった場合、適切な指示を期待できない時は、その上司の上役に向かって相談するというもの。

そりが合わない上司の上役に相談するようにすれば、適切な指示を出して貰える可能性がある、上手に乗り切る術の一つ。

普段から上司の仕事のやり方について相談するチャンスがあれば、上司も上役からの指摘を受け、態度を改めてくる可能性もあります。

 

| 5.指示に従い仕事する、そんなことをしなくて良い立場に

結果を残し出世するということ。結果を残して出世をすれば、そりが合わない上司の指示に従い仕事する、そんなことをしなくて良い立場になれるもの。

なので、上司とそりが合わないときは、一生懸命に仕事を頑張ることで問題の解決に迎える、上手に乗り切る術の一つ。

但し、日本では依然として年功序列の職場も多く、出世の評価も上司がすることから、上司とそり合わない環境で出世する難易度は異常に高いことを理解しておきます。

 

 

 


上司と馬が合わないのは様ざまなところから、注意しておきたい理由


 

| 1.まとめ上げる、リーダーシップの役目を担っているという

問題の解決案を提案しないということ。上司は己の部下の面倒を見て職場をまとめ上げる、リーダーシップの役目を担っているというもの。

なので、仕事で問題が生じたケースでは、部下に対して解決案を指示したり、己自身がフォローに入るなど、問題の解決をしなくてはなりません。

上司の能力が低いときには、問題が起こっても適切な指示も出せないことになり、頼りにはならず信頼もできません。

 

| 2.態度を変えるなど、身勝手な振る舞いをするというもの

身勝手に振る舞うということ。 部下のスケジュールも勘案しないで多くの仕事を振ってきたり、人によって態度を変えるなど、身勝手な振る舞いをするというもの。

こうしたそりの合わない上司には、相手のことも考えて仕事を進めて欲しい、そんなことを考えることにもなりかねません。

仕事の割り振りとは逆で、仕事を上司が一人で進めてしまい、経験を積めるチャンスを失ったという事例もあります。

 

| 3.苛立ったりと、感情的になる上司を苦手にする人も多い

感情的な上司ということ。声を掛ければ機嫌が悪くなったり、仕事が順調に進まないと苛立ったりと、感情的になる上司を苦手にする人も多いもの。

上司の言動は職場の雰囲気に影響を及ぼすので、常に不機嫌だったり苛立つタイプのときは、仕事の進み具合も遅くなることにもなりかねません。

部下の立場からすると、感情的なそりが合わない上司には、もう少し冷静さを保って仕事して欲しいということになります。

 

| 4.上役に報告する、そんな問題行動をしがちな上司もいる

手柄を己のものにするということ。部下の功績を己のものとして、更に地位がある上役に報告する、そんな問題行動をしがちな上司もいるもの。

こういった態度が見られる上司は出世欲が異常に強く、己自身の地位を上げることが最優先になっています。

結果的に、周りの人たちを思い遣る言動は滅多に見られないことで、当然のことですが部下からはまったく慕われません。

 

 

 


上司と馬が合わないのは転職にも、覚えておきたい危険な上司の特徴面


 

| 1.好きになれない、そういった人間として無理な上司という

人間として無理という上司。価値観だったり仕事の進め方などが全く合わず、どうやっても好きになれない、そういった人間として無理な上司というもの。

最初の頃は上司の癖や欠点なども、一つの個性という風に捉えていたものの、、いつの間にかそりが合わない上司が不快な存在ということになりかねません。

こうした思いが積み上がれば、段々とコミュニケーション自体をしなくなることにもなりかねません。

 

| 2.思い遣ったり、配慮するのが苦手なところがあるという

無関心という上司。こういったタイプの上司というのは、部下の気持ちを思い遣ったり、配慮するのが苦手なところがあるというもの。

部下が困っているときには、いかにも心配しているような素振りで声をかけますが、本当に心の底からの心配ではありません。

共感するようなことが非常に不得手で、相手の気持ちだったり心境は全く分からないタイプの上司になります。

 

| 3.注目を浴びていたい、そんな風に考えている上司という

ナルシストという上司。己自身のことが大好きであり、常に注目を浴びていたい、そんな風に考えている上司というもの。

己自身が最高と思っていて、周りの人たちから多少なりとも賞賛されるようなことがあると、たちまち上機嫌になってしまう上司を指します。

ナルシストなので嬉しいという気持ちが、そのまま態度や表情にストレートに外に表れてしまいます。

 

 

 

まとめ

合わない上司と関係する場面があります。ここでは、上司とそりが合わないのは因果応報かも知れない、上手に乗り切る術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。