悩みを解決する方法で先々に繋げたいもの、具体的に転換していく方策



人生を過ごしていると、悩みを解決する方法を探すこともあるもの。仕事をはじめプライベートや人間関係など、人間はあらゆる場面において悩みに直面します。

特に仕事や私生活で大きな変化があったり、自分自身が変わりたいと思うような人生の節目に悩みは訪れかねません。

悩みの渦中にいる最中は非常に苦しいもので、悩みを解決するアプリや名言におまじないなどに頼ることにもなりかねません。

但し、自分自身の悩みは解決できるばかりではなく、成長に向けて変えていくことができます。

悩みを解決することが可能であれば、手にする結果を変えて、人生の充実感や満足度を高めていくことに疑いはありません。

ここでは、悩みを解決する方法で先々に繋げたいもの、具体的に転換していく方策を紹介しています。

 

 

 


悩みを解決する方法で先々に繋げたいもの、具体的に転換していく方策


 

| 1.自分自身の思考パターンや行動にも大きく影響するもの

心理状態を変えるということ。心理状態がプラス側かマイナス側かは、自分自身の思考パターンや行動にも大きく影響するもの。

気持ちが沈み込んでいる場合、必要以上にネガティブな思いに引き摺られ、普段であれば解決できる問題を、なぜか大きく捉えて悩みを大きくしかねません。

但し、心理状態がプラスになっていれば、悩みの渦中に身をおいても、、それほど心がネガティブに動くことはない具体的に転換していく方策の一つ。

悩みを大きくしているのも心理状態ですが、これはある程度は自分自身でコントロールすることができます。

 

| 2.思考が止まるなど、ネガティブな感情から抜けられない

悩みと自分を切り離すということ。悩みの渦中にいるときには、視野が狭くなって思考が止まるなど、ネガティブな感情から抜けられないもの。

そうなると現在の状態を客観的に見ることができず、沢山あるはずの選択肢にも気付けないので、可能性や行動が限定されることにもなりかねません。

悩みの内側にいるのではなく、悩みと自分自身を切り離し、これが他者のものだとしたらどんな解決策があるのか、そんな風に客観的な視点で見るよう意識します。

実際に信頼できる第三者に向かって話を聞いて貰う、そんなことも有効な具体的に転換していく方策の一つ。

 

| 3.いるときほど、具体的に問題点が把握できていないという

悩みを具体化するということ。悩みに感情を揺り動かされているときほど、具体的に問題点が把握できていないというもの。

自分でも具体的に分かっていない状態なので、先ずは悩みがどのようなものかを具体化していきます。

悩みを具体的にすればするほど、今現在抱えている課題や行動がより一層明確になる、具体的に転換していく方策の一つ。

 

| 4.捉えてしまう場合、その原因ともなっているのが思い込み

思い込みを変えるということ。必要以上に悩みをネガティブに捉えてしまう場合、その原因ともなっているのが思い込みというもの。

それまでの経験によって形成された思い込みから、自分自身でこれが正しいと信じ込んでいる考え方です。

このような考え方に、感情や行動は大きく影響を受けているので、結果を出せない方向を選択してしまうことにもなりかねません。

結果として、この考え方を書き換えていくのも必要な、具体的に転換していく方策の一つ。

 

| 5.同じステージ上かその一段下にいるからというものです

自分のレベルを高めるということ。悩んでいるのは、その悩みや問題と自分とが、同じステージ上かその一段下にいるからというもの。

重要な問題は生じた時と同じ考えのレベルでは解決できない、そんな言葉もあるように悩みを解決するには、現在のレベルからのステップアップが必要です。

上のレベルにいくため、今現在の自分にはどんな実践が必要かを見極めるのが、具体的に転換していく方策の一つ。

 

 

 


悩みを解決する仕事も世の中にはあるもの。注意しておきたいその種類


 

| 1.ダイエットだったり肌荒れなど、容姿に関係するものが

健康への悩み。若い頃にあるのが、身長をはじめダイエットだったり肌荒れなど、容姿に関係するものが中心となるもの。

年齢を重ねるにつれ、仕事などのストレスからくる体力の衰えや肥満など、そんな問題を抱えるようになり健康への関心が高まります。

内科系の病気に対する心配が増えて、がん保険の見直しをしたり医師からの糖質制限など、関心のほとんどがこの分類になりかねません。

 

| 2.友人や恋人など、生きて行く上での人間関係の悩みという

人間関係の悩み。職場での関係をはじめ、家族に関するものや友人や恋人など、生きて行く上での人間関係の悩みというもの。

職場であれば上司と部下との関係に多くの人が悩んだり、学校なら友達との関係が当て嵌まります。

結婚している場合は、結婚相手だけという訳ではなく、相手方の家族との関係も表に出てくることになります。

 

| 3.願望といった、未来への欲望に対して悩んでしまうという

未来への欲望という悩み。将来的な夢だったり願望といった、未来への欲望に対して悩んでしまうというもの。

若い頃であれば、進学や就職活動に将来なりたい職業など、社会人であれば出世や仕事を辞めて何かにチャレンジするなどが該当します。

年齢を更に重ねていけば、退職の後の人生で何をしたいか、そんなことを思い描いてみるのもこれに当て嵌まります。

 

| 4.バイトで貯めたお金を手にして、何を買おうかという程度

金銭的な悩み。若い頃の金銭的な悩みというのは単純で、バイトで貯めたお金を手にして、何を買おうかという程度のもの。

年齢を重ねると、キャリアアップの自己投資や、仕事での付き合いなど支出が増えていきます。

更に結婚資金や不動産購入に伴う住宅ローンに子供への教育資金など、より大きな金額についての悩みが増えていきます。

 

 

 


悩みを解決するゲームなども巷にあるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.生じるとき、心の奥底で無意識に変わろうとしているもの

悩みというのは成長のために存在するということ。悩みとの対峙が生じるとき、心の奥底で無意識に変わろうとしているもの。

悩みと向き合う時は、今まで生きてきた中で形成された不要な思い込みを手放すチャンスだったり、人生の次のステージに向かうタイミングだったりします。

結果的に、悩みが現れたときは成長のタイミングで、より良い方向へ進みなさいいうサインです。

 

| 2.強い悩みは、人生でいえば重要な転換期に起きるという

強い悩みは人生の転換期で起きるということ。いわゆる試練と呼ばれるような強い悩みは、人生でいえば重要な転換期に起きるというもの。

身体が思うように動かなかったり、体力が落ちて無理が利かなくなったりと、人生を生きる自信がなくなることがあります。

そうした時に努力して乗り越えて後から振り返れば、悩みや苦しみが切っ掛けになって、その後の人生が良くなることも往々にしてあります。

 

| 3.そんな言葉もあるように悩みは必ず解決できるというもの

悩みは解決できるということ。乗り越えられない試練はない、そんな言葉もあるように悩みは必ず解決できるというもの。

悩んでいる最中にネガティブな感情に捉われると、出口の見えない迷路の中のように、不穏な状況から抜け出られない不安に陥りかねません。

湧き上がる感情を抑えることは困難で、一旦受け入れつつも必ずや解決できるという意識を持つようにします。

 

 

 

まとめ

あらゆる場面において悩みに直面する。ここでは、悩みを解決する方法で先々に繋げたいもの、具体的に転換していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。