クズな男の見分け方を掴んで役立てたいもの、明確に見極めていく術



人生を過ごしていると、クズな男の見分け方が必要なこともあるもの。女性のことが大好きで、モテることが自らのステータスだと思っています。

男はクズしかいないという女性もいますが、不思議とモテるところがあり、なぜか最低な男ばかりに引っかかる女性は意外に多くいます。

こんなクズな男の香りがするタイプは、根っからの女好きということもありますが、仕事や夢などほかに誇れることがなく、女性と恋愛関係を結ぶことばかりに熱中しかねません。

彼女がいたとしても他の女性と浮気したり、はじめて出会った女性を口説き落とそうとするなどがクズな男に見られるところ。

好きになると苦労するのも明らかなので、先々を考えても注意することが必要です。

ここでは、クズな男の見分け方を掴んで役立てたいもの、明確に見極めていく術を紹介しています。

 

 

 


クズな男の見分け方を掴んで役立てたいもの、明確に見極めていく術


 

| 1.勝負ができないクズな男は、女性の気を見た目で惹こうと

見た目がチャラいということ。知性だったり教養で勝負ができないクズな男は、女性の気を見た目で惹こうとするもの。

敢えてジャケットを着崩して着てみたり、派手な柄のシャツを着てみたりするなど、いかにも軽そうな雰囲気が表れています。

そういった遊んでそうなチャラい外見や見た目の雰囲気は、ほとんどの女性にもはっきり分かる、明確に見極めていく術の一つ。

 

| 2.嘘を吐いたりデキる男を演出するのに話を盛ったりする

口は上手いが言行一致しないということ。クズな男は相手の女性の気を惹こうと、嘘を吐いたりデキる男を演出するのに話を盛ったりするもの。

嘘を平気で重ねますが、やがてその内容を忘れてしまうことも多く、言葉と行動が一致しなくなることにもなりかねません。

以前と言ってることが違うと思った時は、きちんと追求することが大事なことになります。

その時に曖昧な言い訳をしたり、話を逸らそうとすればクズな男の可能性が高い、明確に見極めていく術の一つ。

 

| 3.悪びれる様子もなく、身勝手に恋愛を繰り返すというもの

女性との交際経験が豊富ということ。クズな男の代表的なパターンが、二股や三股を悪びれる様子もなく、身勝手に恋愛を繰り返すというもの。

クズ男はそんな自分自身が恰好良いと思っているので、多くの女性と付き合ったことを、武勇伝のように自慢気に語ります。

今までに何十人もの女性たちと付き合ったり、関係を持ったりした経験があれば、クズな男の可能性が高い明確に見極めていく術の一つ。

 

| 4.面倒臭いが口癖で、いい加減でだらしない傾向にあるもの

面倒臭いが口癖ということ。クズな男は仕事にしても恋愛にしても、全てにおいて面倒臭いが口癖で、いい加減でだらしない傾向にあるもの。

何かを真剣に考えたりするほか、責任を取るのを非常に嫌い、デートの予定やイベントなどはいつも人任せです。

大切な局面で、面倒臭いとだらしない態度を見せれば、クズな男と見做して間違いない明確に見極めていく術の一つ。

 

| 5.気に入らないことがあれば全部を責任転嫁するというもの

愚痴を言いがちということ。クズ男は何でも自己中心に考えていて、他人の気持ちを思い遣れないので、気に入らないことがあれば全部を責任転嫁するというもの。

自らに非があるトラブルでも、他人のせいにしてしまい愚痴や悪口は止まることを知りません。

人を馬鹿にした態度で愚痴を言ったり、面白おかしく悪口を言うのはクズな男の典型とも言える、明確に見極めていく術の一つ。

 

 

 


クズ男の種類は案外に分けられるもの、知っておきたいそうした特徴面


 

| 1.自分中心に物事を考えているので、平気で人を傷付ける

浮気癖があるということ。クズな男は女好きで不甲斐ないところがあり、自分中心に物事を考えているので、平気で人を傷付けるというもの。

もし彼女がいても、他の女性に誠心誠意アプローチできるのが、クズ男に見られる特徴の一つです。

浮気が明るみになり、もう絶対しないと約束したとしても、ほとぼりが冷めた頃には再び浮気を繰り返し反省することはありません。

 

| 2.自信を持っていて、俺はデキる男だと勘違いしているもの

自信過剰ということ。クズな男は女性を口説くのに長けている、そんな風に自分に自信を持っていて、俺はデキる男だと勘違いしているもの。

実際には何の取り柄もなくても、自信満々の言動をとることで、その堂々とした立ち振る舞いに女性たちが騙されることにもなりかねません。

同年代の男性と比較すれば、クズ男が内面性だったり仕事面で劣っているのは明らかで、過多な自信を持っていられるのは自らを客観視できないからです。

 

| 3.満たすことが大事で、常に頭の中で損得勘定をしている

非常にケチということ。クズな男は自分自身に甘く、何よりも自らの欲求を満たすことが大事で、常に頭の中で損得勘定をしているというもの。

趣味やギャンブルで浪費したり、周りの人たちにお金を借りるのは平気でも、誰かのために金銭が減ることは徹底的に避けようとします。

結果として、デートでも彼女の食事代を出すようなことはなく、むしろ奢られる機会を狙っているということにもなりかねません。

 

| 4.周囲の人の気持ちを考えることがまったくできないという

すぐキレるということ。クズな男は自分自身が大好きで、何よりも大事にしているので、周囲の人の気持ちを考えることがまったくできないというもの。

なので、少しでも嫌なことがあった場合、普通の人間であれば激怒しないような局面で突然キレてしまうことにもなりかねません。

ちょっとした物事にすぐ怒りだすのは、自らのことしか考えていない証拠と言えるかも知れません。

 

 

 


クズな男が好きという女性も中にはいるもの、注意しておきたい理由


 

| 1.母性本能をくすぐることが効果的な手段であるのを心得て

母性本能がくすぐられるということ。クズな男は恋愛上では、母性本能をくすぐることが効果的な手段であるのを心得ているもの。

どうしようもないクズな男だからこそ、守ってあげるのは自分しかいない、そんな気持ちにさせられます。

結果的に、クズ男に頼られて甘やかしてしまい、気が付けば言いなりになっているということにもなりかねません。

 

| 2.真剣にアプローチして来る情熱的な人と好意的に捉える

求められていると思うということ。男性からの押しに弱い、そんな女性は多くクズ男のことを、真剣にアプローチして来る情熱的な人と好意的に捉えるというもの。

自分自身を情熱的に愛してくれるような男性となら幸せになれる気がして、クズ男を受け入れることにもなりかねません。

恋愛の初期の段階では、クズな男の本質も見えにくく、その駄目さ加減に気付けないことは多々あります。

 

| 3.恋愛にスリルを求める、そういった女心とも呼べるもの

恋愛に刺激を求めるということ。女性の心の奥底にあるのが、恋愛にスリルを求める、そういった女心とも呼べるもの。

胸が高鳴るような恋がしたいという無意識の欲求から、ついクズな男に引き寄せられてしまいかねません。

但し、クズな男と付き合えば、浮気や金銭問題などトラブル続きで苦労するのは明白で、幸せかどうかはさておきドラマチックな恋愛になるのは間違いありません。

 

 

 

まとめ

先々を考えても注意することが必要です。ここでは、クズな男の見分け方を掴んで役立てたいもの、明確に見極めていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。