遅刻癖の治し方を掴んで逆転したいもの、先々に繋げる具体的な対処術



日々の暮らしの中で、遅刻癖の治し方を探すことがあるもの。遅刻してはいけないと頭では分かっているのに遅刻する、そんな遅刻癖に苦悩することがあります。

もちろん遅刻癖はadhdという場合もありますが、時間にルーズだと社会生活の中の人間関係にも影響を与え、損失を被ることにもなりかねません。

仕事上の大事な日に寝坊してしまったり、友人との約束に遅れてしまうなど、人間としての信用を失うことにもなりかねません。

遅刻癖がなぜ治らないのかは病気を横においても、遅刻は恥ずかしいことで大人として間違っている、そんな意識が希薄ということがあります。

なので、精神的な病の関係を除けば、ある程度の日数を掛けて治していかなくてはなりません。

ここでは、遅刻癖の治し方を掴んで逆転したいもの、先々に繋げる具体的な対処術を紹介しています。

 

 

 


遅刻癖の治し方を掴んで逆転したいもの、先々に繋げる具体的な対処術


 

| 1.時間に対する感覚が無頓着となっている可能性があるもの

時間を意識し有効活用するということ。遅刻してしまうのは、時間に対する感覚が無頓着となっている可能性があるもの。

時間に捉われることなく生活することは良いことでもありますが、社会生活を送る上ではそうもいきません。

時間を意識する習慣を付けるために、10分でこれをして15分までにあれをしてなど、時計を気に掛けて行動するよう心掛けます。

計画的に時間を有効活用する癖が付けば、身支度だけではなく仕事の効率が上がる、先々に繋げる具体的な対処術の一つ。

 

| 2.ゆっくりしていたらという気持ちになる人も多いものです

時間前の行動を心地良いと捉えるということ。誰よりも早く集合場所に着いた場合、ゆっくりしていたらという気持ちになる人も多いもの。

但し、早く着き過ぎても何とも思われませんが、遅く着くと自分自身が申し訳ないというばかりでなく、周囲の人たちの迷惑ともなりかねません。

遅刻癖の治し方で大事なのは、時間前に着いた自らを褒めることで、心地良く感じるのが先々に繋げる具体的な対処術の一つ。

 

| 3.移動時間を考え、約束の時刻からきちんと逆算するという

30分以上の余裕時間を持たせるということ。遅刻しない人というのは、身支度だったり移動時間を考え、約束の時刻からきちんと逆算するというもの。

遅刻する人は、大体この程度の時間で支度すればなど、適当に決めてしまいがちなので、先ずは時間計算を明確にすることが大事なポイント。

計算した時間に対してプラス30分以上の空白時間、そんな余裕を持って準備を始めるのが、先々に繋げる具体的な対処術の一つ。

この空白の時間こそが重要で、自分自身が感じている以上に、準備だったり移動には時間が掛かると思っておいて間違いはありません。

 

| 4.意外と効果があるのが、時間を厳守する人と行動すると

時間を厳守する人と行動するということ。遅刻癖の治し方で他力本願にもなりますが、意外と効果があるのが、時間を厳守する人と行動するというもの。

時刻を必ず守る人と一緒に行動すれば、自動的に時間を守れますが、ただそれだけではありません。

時間を厳守する人は遅刻する人が嫌いで、遅れること自体を恥ずかしいと感じているので、そんな考え方を頭に植え付けることができます。

こうした影響というのは非常に強いところがあり、徐々に時間通りに行動できるようになる、先々に繋げる具体的な対処術の一つ。

 

 

 


遅刻癖がある彼氏も世の中には多々いるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.考えないところがあり、自分勝手だと思われても仕方ない

相手の気持ちを考えないということ。遅刻癖がある人に見て取れるのが、相手の気持ちを考えないところがあり、自分勝手だと思われても仕方ないというもの。

相手が待っている場合も、どんな気持ちでいるとかを考えず、自分がとても疲れているか仕方がないと考えることにもなりかねません。

遅れるのが悪いとは思っても、自らの気持ちを優先してしまうので、いつまで経っても改善に向かうことはありません。

人間は誰にしても多少は自分本位な考え方をしたりしますが、度を超えてしまえば周囲の人たちに迷惑をかけることにもなりかねません。

 

| 2.スケジュールの管理ができず、計画的に動けないという

スケジュールの管理ができないということ。遅刻癖がある人に見受けられるのが、スケジュールの管理ができず、計画的に動けないというもの。

早起きもきちんとできて、早い時間から出掛ける準備を整えているのに、なぜか毎度のように遅刻してしまうような人も中にはいます。

遅刻癖がある人は、時間にゆとりがある計画を立てられず、何かの問題があった時のために準備をしておこうとは考えません。

移動時に車を利用する時も、道が混雑しているかもと考え、普通の人は早めに出発するような工夫をしますが、遅刻癖がある人は思い浮かぶこともないのがほとんどです。

 

| 3.分かっているのに、そうできず遅刻してしまうというもの

早起きが苦手ということ。早起きが苦手な人は遅刻癖へと繋がりやすく、起きなければいけないと分かっているのに、そうできず遅刻してしまうというもの。

寝なければならなくても遅くまで起きていて、プライベート時間を満喫してしまう人などもいて事情はそれぞれです。

何をどうしても起きられない場合、重要な予定は早い時刻に入れない、そうした工夫をしていく必要性も。

何が原因なのかをきちんと調べた上で、生活環境を改善して、寝付きやすい環境を整えていくと改善する可能性があります。

 

 

 


遅刻癖はなぜかを考えることが大事、注意しておきたいそんな心理状況


 

| 1.気にしないことも多く、遅刻癖を持っている場合がある

楽観的に考えがちという心理状況。楽観的な性格の持ち主は、相手が遅れても気にしないことも多く、遅刻癖を持っている場合があるもの。

楽観的だからと必ず遅刻するという訳ではないものの、物事をつい自分自身に都合の良い方向に考えてしまうので遅刻をしがちです。

楽観的な考え方は、集合時間に間に合うかどうか分からない、そんな切羽詰まった時間を出発時間に設定するということにもなりかねません。

 

| 2.損をしたくないという気持が働いていることもあり得る

損はしたくないという心理状況。普段からいつでも遅刻する人は、損をしたくないという気持が働いていることもあり得るもの。

もし早めに到着した場合、自分だけが待たされて損するような気がして、少しでも遅くなるように到着しようと画策するので、毎回のように遅刻します。

早めに到着すれば良いことがあるかも、そんな風に考えられれば良いのですが、そう思えていない状態ともなりかねません。

 

| 3.面倒臭がりで、それが遅くなることに繋がっているという

面倒臭がりという心理状況。遅刻癖がある人に見受けられるのが、極端な面倒臭がりで、それが遅くなることに繋がっているというもの。

人により考え方は様ざまですが、予定の直前になって行くのが面倒臭いなと感じ、ダラダラと準備しているうちに遅れたりすることになります。

楽しみな予定は、早起きだったり早めの準備が苦にならない人は多くいますが、予定自体が楽しみでも面倒臭い気持ちが勝ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

その遅刻癖に苦悩することがあります。ここでは、遅刻癖の治し方を掴んで逆転したいもの、先々に繋げる具体的な対処術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。