ずる賢い人の末路も厳しいもの、利用されないよう注意していく対処策



身の回りを見渡すと、ずる賢い人がいうもの。職場などにもいて、悪知恵が働くところがあり、自分が有利になるように立ち回る狡猾な人物。

ずる賢い人の意味はといえば、頭の回転が早て賢いけれど、それが悪い方向に向かって力を発揮するようなタイプのことです。

ずる賢い人が嫌いという声は多くありますが、第一印象が非常に良いところがあり、周囲の人たちには信頼されている傾向にあります。

誰にでも人当たりが良く好印象なので、ずる賢いことをそう簡単には見破ることができません。それが分かるのは深く付き合った人だけです。

なので、仕事などでずる賢い人が側にいる場合、充分な警戒心を持つことが必要なのは疑いありません。

ここでは、ずる賢い人の末路も厳しいもの、利用されないよう注意していく対処策を紹介しています。

 

 

 


ずる賢い人の末路も厳しいもの、利用されないよう注意していく対処策


 

| 1.他人を陥れたり踏み台にしたりすることを厭わないもの

不用意な言動をしないということ。ずる賢い人は自分自身が得をするためには、他人を陥れたり踏み台にしたりすることを厭わないもの。

自らが優位になるため目障りな人物の悪い噂を流すほか、ありもしない嘘を吐いたり、有益な情報は独占するということを平気でします。

なので、被害に遭わないように、悪者にされたり噂を立てられないよう隙を見せないのが、利用されないよう注意していく対処策の一つ。

ずる賢い人の本質を見抜くことは困難なので、不用意な言葉は口にしない方が身のためです。

 

| 2.都合良く操作するため、ペースに引き込むことを得意に

ペースに巻き込まれないということ。ずる賢い人は相手を自らの都合良く操作するため、ペースに引き込むことを得意にしているもの。

話している間に徐々にずる賢い人の都合の良い展開になったり、気がつけば厄介ごとをを押しつけられていたということにもなりかねません。

上手く立ち回るための土台を造ることに抜かりはなく、大勢の人を味方につけて信用を得る根回しをしていて、敵に回すと一筋縄ではいきません。

くれぐれも翻弄されないように、確固たる自分を持って相対することが、利用されないよう注意していく対処策の一つ。

 

| 3.それが一面で、パーソナリティーの全てではないという

長所に目を向けるということ。人間には誰にでも多面性があり、ずる賢い人もそれが一面で、パーソナリティーの全てではないというもの。

ずる賢い点ばかりに注目した場合、そればかりが目に付くことになり、不快な思いをすることが多くなることにもなりかねません。

なので、できる限り良い面もあるという風に意識することで、見方も変わってくる利用されないよう注意していく対処策の一つ。

 

| 4.ずる賢い人で、側にいればストレスを感じることも多々

誠意ある対応を心掛けるということ。他人に分からないよう要領よく振る舞うのがずる賢い人で、側にいればストレスを感じることも多々あるもの。

それに不満を抱えて接している場合、余計に疲れてしまうので、行動が目に余っても誠実な対応を心掛けるようにします。

損得勘定で人を利用しないで、自らの非は素直に認め責任感をもって行動するのが、利用されないよう注意していく対処策の一つ。

こうした何事も誠意を意識した行動をすれば、真逆のタイプのずる賢い人も好き勝手することはできません。

 

| 5.できる限り距離を置き関わらないようにするというもの

できるだけ関わらないということ。ずる賢い人の言動を注視していると、不快になるばかりなので、できる限り距離を置き関わらないようにするというもの。

必要最低限のコミュニケーション以外は、できるだけ会話をしないようにし、何か話しかけてきた際も適当にあしらいスルーするようにします。

他の人たちも同じようにずる賢さを感じているので、冷たくあしらっても誰かに責められることはない、利用されないよう注意していく対処策の一つ。

 

 

 


ずる賢い人が得をすることも多いもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.相手によって態度や言動を臨機応変に変化させてしまう

人により露骨に態度が変わるということ。ずる賢い人に見られるのが、相手によって態度や言動を臨機応変に変化させてしまうというもの。

ずる賢い人は根本的に自らの利益しか考えていないので、得をするために有益になる人物に向かっては、媚を売るような低姿勢な態度で関わろうとします。

周囲の人たちにも良い人間と思われようと八方美人なところもありますが、その一方で自らの利益にならない人に対し冷たい態度をとることにもなりかねません。

 

| 2.良く見せたり優位に立つため、平気で嘘を吐くというもの

平気で嘘を吐くということ。ずる賢い人に多々見られるのが、自分自身を良く見せたり優位に立つため、平気で嘘を吐くというもの。

有利な状況を作るためなら、誰かの不利益になるような嘘でも平気で、特に多いのが自分自身の評価や価値を高めるための嘘です。

基本的にずる賢い人は、自らを有利な状況にしたいという気持ちが異常に強く、そのためなら全く平気で嘘を吐くことになりかねません。

 

| 3.能力が非常に高いところがあり、口が達者というものです

口が達者ということ。ずる賢い人に良く見られるのが、コミュニケーションの能力が非常に高いところがあり、口が達者というもの。

基本的に自らの有利な立場を作るため人を利用しますが、そのためには口が達者になる必要があり、コミュニケーション能力も高く社交的で誰とでも仲良くなれます。

ずる賢い人は最初の印象も非常に良いので、初対面ではそんなことに気づかないことも多く、身につけた能力が活かされています。

 

 

 


ずる賢い人が苦手ということもあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.ところがあり、基本的に簡単には人を信じたりしないと

疑り深いという心理状況。ずる賢い人は上手く他人を利用するところがあり、基本的に簡単には人を信じたりしないというもの。

疑り深いのは自分が他の人を利用しようとしているからで、自分自身がずる賢いからこそ、他者の善意や優しさにも何か裏があるのではと疑うことにもなりかねません。

自分がずる賢いので他の人も同じではないかと考えて、疑り深くなってしまうことが通常とも言える生き方です。

 

| 2.自らを守るために他の人に責任を押し付けてしまいがち

責任転嫁が多いという心理状況。ずる賢い人に良く見られるのが、自らを守るために他の人に責任を押し付けてしまいがちというもの。

自分が失敗や間違いを犯した場合、周囲から責められる可能性があれば、どうやって他の人に責任を押し付けるのかを考えます。

ずる賢い人にとり自分のイメージだったり評価などは、非常に大事にしているところがあり、責任転嫁をするということにもなりかねません。

 

| 3.一つが、雰囲気を漂わせて気を惹き同情を誘うというもの

同情を誘うのが上手いという心理状況。ずる賢い人に見られる典型的なパターンの一つが、雰囲気を漂わせて気を惹き同情を誘うというもの。

悲しんでみたり泣いたりと、周囲の人たちの同情を誘って自分自身に有利な状況に持っていこうとします。

人はそんな姿を見ると共感して助けたくなるもので、そんな他人の善意や優しさを上手く利用しようとします。

 

 

 

まとめ

有利になるように立ち回る狡猾な人物。ここでは、ずる賢い人の末路も厳しいもの、利用されないよう注意していく対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。