上司が怖いのは因果応報かも知れない、乗り越え打ち勝っていく対処法



日々の暮らしの中で、上司が怖い時があるもの。職場の人間関係は避けられない問題ですが、特に悩んでいる人が多々いるのが上司との間柄です。

上司が怖すぎると職場にいるだけで緊張するのはもちろん、叱られることが頭に浮かべば萎縮することにもなりかねません。

恐怖心が強過ぎ仕事が手に付かなくなるようなこともあり、挙句の果てにはストレスから不安障害や適応障害を引き起こすこともあり得ます。

昨今ではパワハラなどとも叫ばれますが、上司の中には個人的な感情で厳しくしている人も存在します。

プライベートだったり仕事上の不満をぶつけるため、優秀な部下への劣等感や嫉妬心から怒鳴りつけているということにもなりかねません。

ここでは、上司が怖いのは因果応報かも知れない、乗り越え打ち勝っていく対処法を紹介しています。

 

 

 


上司が怖いのは因果応報かも知れない、乗り越え打ち勝っていく対処法


 

| 1.しまった場合、それを払拭していくのはなかなか難しい

上司を良く観察するということ。一旦上司が怖いという印象が根付いてしまった場合、それを払拭していくのはなかなか難しいもの。

改善に向かうためには、上司から距離を置くことで客観的な視点で観察するのが、乗り越え打ち勝っていく対処法の一つ。

上司がどういった点を良く指摘する傾向にあるのか、そんなことについて深く観察することで、今後の対策にも繋がります。

 

| 2.怖い上司に向かって、思い切って話し掛けてみるという

コミュニケーションの頻度を上げるということ。かなり勇気がいりますが、休憩時間などに怖い上司に向かって、思い切って話し掛けてみるというもの。

部下の側から上司に関心を持っているのをアピールすることで、上司の方もこちらに対して優しくなってくれる可能性もあります。

こちらが上司を怖いと思っていると同時に、上司もネガティブなイメージを抱いていることがあり、そうした状況を変えていくにも効果的です。

自ら話し掛けることで上司と会話をすることにも慣れ、苦手意識を和らげる効果を期待できる、乗り越え打ち勝っていく対処法の一つ。

 

| 3.一旦度立ち止まり、本当に全部が自分の責任かを考える

指摘を受け止め過ぎないということ。上司に叱られるのは良くあることですが、一旦度立ち止まり、本当に全部が自分の責任かを考えるというもの。

特に不慣れなうちは仕事の流れも分からず、ベテランからすれば信じられないような失敗をする、そんなことも珍しくありません。

但し、叱責されたのが自分でも、実際は他のメンバーにも責任があるのは良くあることで、一人に全責任があるという局面は非常に稀です。

こうして冷静になる癖を付ければ、上司に叱られた際も怖いという感覚が薄れる、乗り越え打ち勝っていく対処法の一つ。

 

| 4.帰宅すれば疲れて寝るだけの生活では疲労困憊というもの

細目に息抜きの時間を設けるということ。職場で怖い上司と顔を合わせ、叱られたくないと必死に努力し、帰宅すれば疲れて寝るだけの生活では疲労困憊というもの。

意識的に気分転換する時間を設けて、ストレス解消に努めるのが良く、リフレッシュは心に余裕を生み出して、仕事の失敗を減らすことにも繋がります。

できれば一日に一回の自分のためだけの時間を設けるのが良く、細目な息抜きのリフレッシュタイムが有効な、乗り越え打ち勝っていく対処法の一つ。

 

| 5.熱心に取り組む、そんな姿勢を見せることも重要という

スキルアップを怠らないということ。上司に不信感を持たれないよう、仕事に対して熱心に取り組む、そんな姿勢を見せることも重要というもの。

分からないことがあれば積極的に質問したり、メモを取ったりすることで、意欲をアピールし印象付けるのも、乗り越え打ち勝っていく対処法の一つ。

資格取得などのスキルアップに取り組むことも効果的で、身に付けて仕事ができるようになれば、ミスも減りって上司に厳しく当たられることも減ります。

 

 

 


上司が怖いと動悸がすることもあるもの、知っておきたいその原因面


 

| 1.あるなど、上司の外見が恐怖の一因になっているという

上司の表情が怖いということ。上司が怖いと感じるのは、いつも怒った顔をしていたり威圧感があるなど、上司の外見が恐怖の一因になっているというもの。

人を外見で判断するのは良くないと分かっていても、感情として怖い印象を受けてしまい悩んでしまうことにもなりかねません。

もちろん、仕事に熱心に取り組むあまり、顔つきが普段よりも鋭くなっていることなども考えられます。

 

| 2.指摘のやり方が厳しければ、どうしても萎縮してしまう

上司が厳しいということ。厳しい上司というのは部下にとっては怖い存在で、指導法や指摘のやり方が厳しければ、どうしても萎縮してしまうもの。

そうした姿勢は何か大きなミスを犯したのではと不安になり、間違えることに対して恐怖心を感じるようにもなりかねません。

但し、一概に厳しい上司と言っても様ざまなタイプがいるので、先ずはどんなタイプに当て嵌まるのかを考えてみます。

 

| 3.威嚇したりして、恐怖心を与える行動を取るというもの

話し方が高圧的ということ。意図的に相手を圧迫したり威嚇したりして、恐怖心を与える行動を取るというもの。

自己顕示欲が強いタイプの上司に見られ、自らの意見が正しいと思い込んでいて、それを押し通そうとします。

こういった威嚇するタイプは、自分自身が相手より強い立場にいることを明確に分からせたい人です。

 

| 4.ことがあって、その体験を引き摺ってしまっているという

過去に厳しく叱責されたということ。過去に上司に酷く叱責されたことがあって、その体験を引き摺ってしまっているというもの。

自らに非があって上司の叱責は当然と分かっていても、厳しく叱られれば、それがトラウマとなり恐怖心を感じてしまいかねません。

特に後でフォローをすることもなく、叱られっ放しの状況では、再び叱られるのではという不安も生まれかねません。

 

 

 


上司が怖いと報告できないこともある、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.もっと成長できると考えて、厳しい指導をしているという

部下の成長を期待しているという心理状況。部下がもっと成長できると考えて、厳しい指導をしているというもの。

達成できそうにない目標設定や細かい点への注意などは、部下への期待の裏返しということができます。

部下を根気強く指導して、具体的に改善点を示したりする厳しい上司の心の中には、もっと成長できるはずという期待があります。

 

| 2.部下の実力などは横に置き高い目標を与えるというもの

自分自身の業績を気にしているという心理状況。部署内の売上目標を達成させたいがため、部下の実力などは横に置き高い目標を与えるというもの。

こういうタイプの上司は周囲の評価によって、態度が豹変するような人物が当てはまります。更に部下のミスをフォローするようなことはしないで、逆に上司の分をに押し付けてくることもあります。

 

| 3.稀にいるのが、部下の育成経験が浅く自信がないという

育成した経験が浅く自信がないという心理状況。厳しい態度をとる上司の中に稀にいるのが、部下の育成経験が浅く自信がないというもの。

正しいマネジメントの仕方が分からず、自分自身の立場を誇示するために、厳しく接してくることにもなりかねません。

以前に自らが上司にされたことを真似することで、厳しい態度を露わにしている可能性も考えられます。

 

 

 

まとめ

また萎縮することにもなりかねません。ここでは、上司が怖いのは因果応報かも知れない、乗り越え打ち勝っていく対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。