負のスパイラルに陥るのは因果応報かも知れない、具体的に抜け出す術



日々の暮らしの中で、負のスパイラルに陥ることもあるもの。世の中には不幸がずっと続いていて、人知れず悩んでいる人もいるかも知れません。

人生は山あり谷ありとも言われますが、なぜ自分ばかり一難去ってまた一難と、不幸が訪れることになるのか不思議に思うことにもなりかねません。

負のスパイラルに陥ると、あまりにも心にダメージを受けることになり、谷側に常にいるような感じになります。

仕事でもミスが続くことになり、我が身の不運は断ち切ることができないと、更に負を呼び寄せることにもなりかねません。

なので、予め負の連鎖が続くような時の対応を把握しておけば役に立ちます。

ここでは、負のスパイラルに陥るのは因果応報かも知れない、具体的に抜け出す術を紹介しています。

 

 

 


負のスパイラルに陥るのは因果応報かも知れない、具体的に抜け出す術


 

| 1.熱中して、ネガティブな気分を吹き飛ばしていくという

身体を動かすということ。嫌なことだったり不幸が続いていると感じる時は、好きなスポーツに熱中して、ネガティブな気分を吹き飛ばしていくというもの。

ジョギングやランニングなども良く、気持ちが後退している時ほど仕事を早めに切り上げることが大切で、その日にあったことを忘れるよう運動に励みます。

気分転換して上手く気持ちの切り替えができれば、負のスパイラルに陥って沈んだ心も上向きになる、具体的に抜け出す術の一つ。

 

| 2.内側にあるか、それとも環境や他人などの外側にあるか

不幸の原因を見極め修正するということ。幸福も不幸も何かが起こった時の原因は、己自身の内側にあるか、それとも環境や他人などの外側にあるかというもの。

この両方で外側にある原因を取り除くのは困難で、例を上げれば道を歩いていて肩がぶつかり、それが切っ掛けとなり叩かれてしまったというケース。

この時に外側の原因である相手の粗暴さを直すのは非常に困難ですが、他者とぶつからないように注意するのは対応できます。

こういう風に負のスパイラルが続いているときは、己自身の内側にある原因を見極め修正するのが、具体的に抜け出す術の一つ。

 

| 3.言葉があり、それらは互いに表裏一体となって現れるもの

幸せになるための試練と捉えるということ。不幸という言葉の反対側には、幸福という言葉があり、それらは互いに表裏一体となって現れるもの。

不幸をどう捉えるかは個人個人で違いますが、負のスパイラルのを感じている際は、幸福になるための試練と捉えるのも、具体的に抜け出す術の一つ。

人生を生きていく上で、辛いことだったり楽しいことなど沢山の出来事がありますが、不幸があるからこそより一層幸福が素晴らしく感じられます。

 

| 4.基本的に物事が続け様に上手くいっていない状況という

積極的にポジティブな思考パターンを取り入れるということ。負のスパイラルに陥るときは、基本的に物事が続け様に上手くいっていない状況というもの。

このように何もかもが上手くいかない場合、ただ落ち込んでいるばかりではなく、できる限り物事をポジティブな思考パターンで捉えられるよう心掛けます。

前向きな考え方など己には無理と端から諦めず、段々にで良いので似合うやり方で、ポジティブな思考パターンを取り入れるのも具体的に抜け出す術の一つ。

 

| 5.いつものことという具合にある程度は諦めるというもの

いつかは終わると己自身に言い聞かせるということ。負のスパイラルに陥っている時は、いつものことという具合にある程度は諦めるというもの。

それでは何一つ解決にならない、そう感じるかも知れませんが、諦めること自体というのはそれほど悪いことではありません。

同じ状態が永久に続くことなど絶対になく、歴史を振り返ってみても分かるように、同じ時代が永遠に続くことはありません。

これが己自身の人生にも当て嵌まることが理解できれば、風向きが変わるまでじっと待てる、具体的に抜け出す術の一つ。

 

 

 


負のスパイラルを反対に向けたいもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.考えられるようであれば、霊媒師などに相談をしていくと

身内の不幸などが続くということ。身内の不幸などが続くケースでは、もし霊の影響が考えられるようであれば、霊媒師などに相談をしていくというもの。

身内だったり大事な人などが、次々に亡くなるような事例がいつまでも続くような時は警戒が必要になります。

これは放置しておいて良いような問題とは言えず、一度お寺の住職だったり霊媒師などに相談する必要もあります。

 

| 2.連続してトラブルだったり不幸が生じてしまうというもの

健康運の低下が続くということ。己自身のエネルギーが萎んでしまい落ちているケースでは、連続してトラブルだったり不幸が生じてしまうというもの。

スピリチュアルの世界では引き寄せの法則と呼ばれるものがあり、己自身の思考パターンがネガティブとなっている場合、負の波動を引き寄せるとされています。

原因が良く分からないような体調不良の時は、己自身の波動を上げるのが重要で、ポジティブな思考で物事を捉えるだけで徐々に波動は上がります。

 

| 3.環境が悪化していると、お金は逃げていくとされている

金運の低下が続くということ。水回りの汚れは金運を大きく左右することがあり、風水からすれば水場の環境が悪化していると、お金は逃げていくとされているもの。

水回りで最も厄が滞るのはトイレとされていて、お風呂なども注意して排水口の掃除をして換気するよう心掛けます。

枯れた観葉植物などが部屋ににあるケースでは、すぐに処理するよう普段の生活から注意するようにします。

 

| 4.変化するので、それによりストレスが急激に増えるという

引っ越してから不幸が続いているということ。引っ越すことは生活環境が大きく変化するので、それによりストレスが急激に増えるというもの。

そうなるとネガティブな考え方に陥ることになり、己自身のエネルギーの蓄積も下がってしまうことになりかねません。

 

 

 


負のスパイラルに陥る意味を知ることも大事、覚えておきたい原因面


 

| 1.きたように、人間は誰しも大きな波が存在するというもの

人生の谷間にいるということ。人生は山あり谷ありと昔から言われてきたように、人間は誰しも大きな波が存在するというもの。

物事が上手くいっている時は良い方向へと転がりますが、悪いことが悪いことを呼ぶようになれば、転がる様に不幸が訪れることも少なくはありません。

こういった負のスパイラルに陥るのが止まらないことも、長い人生には起こっても何ら不思議ではない偶然です。

 

| 2.なり過ぎ、自己のアンテナの感度は上がり放しというもの

不幸を意識し過ぎということ。最近は不幸が続くと己自身で感じているケースでは、それに敏感になり過ぎ、自己のアンテナの感度は上がり放しというもの。

悪いことばかりが生じると不安になっている場合、人は非常にナーバスな状況になっているということになりかねません。

結果的に、ほんの小さな良くない物事も負のスパイラルと感じてしまい、続いているように思うことになりかねません。

 

| 3.考えられるのが、家屋がある土地に何らかの原因があると

土地や家屋ということ。負のスパイラルの要因として考えられるのが、家屋がある土地に何らかの原因があるというもの。

日本では古くから様々な場所に神が宿っているとされ、庭などにあった井戸を祀ることもなく埋めたことが過去にあれば危険です。

井戸は水の神様に関連する神聖な場所と考えられていて、もし埋めるようなことがあれば神社やお寺などに相談をするようにします。

 

 

 

まとめ

悩んでいる人物もいるかも知れません。ここでは、負のスパイラルに陥るのは因果応報かも知れない、具体的に抜け出す術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。