仕事の逃げ癖を治して大逆転したいもの、上手く立て直していく具体策



人生を過ごしていると、仕事の逃げ癖を治したいと思う時があるもの。逃げ癖があると聞いてネガティブなイメージを持つ人は、世の中に多々います。

特に仕事で逃げ癖ある人は、周囲の人たちに迷惑をかけたり、職場内の信用や信頼を失ってしまったりと、負のスパイラルに陥ることにもなりかねません。

こうしたタイプの人は仕事で問題が生じた時に、すぐに辞めたいと逃げ癖が表に露わになることがあります。

これは必要な判断力だったり行動力が身に付いていないためで、トラブルを自力で解決することが難しいので、仕事から逃げ出すことになります。

なので、今までの人生で地道な努力や困難を乗り越えた体験がない場合、早めに対処する必要もあります。

ここでは、仕事の逃げ癖を治して大逆転したいもの、上手く立て直していく具体策を紹介しています。

 

 

 

 


仕事の逃げ癖を治して大逆転したいもの、上手く立て直していく具体策


 

| 1.ストレスを溜めないようにするのが重要なポイントという

ストレスを溜めないということ。仕事の逃げ癖を治していくためには、ストレスを溜めないようにするのが重要なポイントというもの。

仕事上の課題だったりトラブルに対して真正面から向き合おうとする場合、過剰にプレッシャーを感じてしまうことにもなりかねません。

追い込まれて逃げ出したくなる前に、ストレッチや深呼吸をしてリフレッシュするのが、上手く立て直していく具体策の一つ。

ストレスが減ってくると、前向きな思考パターンにもなりやすくなり、余分な肩の力が抜けて上手くいきそうとポジティブに物事に取り組めます。

 

| 2.嫌な用事を後回しにせず、先に始めるようにするという

仕事を後回しにしないということ。仕事の逃げ癖を治していくためには、面倒な仕事や嫌な用事を後回しにせず、先に始めるようにするというもの。

後回しにすると、嫌な用事や仕事が山積みになってしまうことになり、それが逃げ癖に繋がりかねず、未然に防ぐのも上手く立て直していく具体策の一つ。

先ずは、10分程度の短い時間でも良いので、気分が乗ればこのまま最後まで終わらせよう、そんな風に思えることもあり取り組む習慣を付けます。

 

| 3.小さなことで良いので成功体験を積み上げていくという

目標の設定値を下げるということ。仕事での目標の設定値を低くし、小さなことで良いので成功体験を積み上げていくというもの。

細かく目標を掲げてクリアすれば、達成感が数多く得られ失敗を恐れなくなるので、逃げ癖も克服できる上手く立て直していく具体策の一つ。

目指す目標が高過ぎれば、クリアできなかった際に落ち込みやすくなるので、達成可能なものにしておくことがポイント。

 

| 4.到達地点を意識できるので、達成率が高まるというもの

目標を宣言するということ。定めた目標を周囲の人たちに向かって宣言すれば、自分でも到達地点を意識できるので、達成率が高まるというもの。

周りの人たちに宣言することで、頑張れとか応援しているなど、ポジティブな声掛けも期待できる上手く立て直していく具体策の一つ。

周りからの応援と、宣言した手前やり遂げなければという気持ちで、仕事に対しての逃げ癖と距離を置くこともできるようになります。

 

| 5.先ずは頑張ってみる期間を予め設定しておくというもの

期間を定めるということ。逃げ癖が切っ掛けすぐに仕事を辞めたくなる場合、先ずは頑張ってみる期間を予め設定しておくというもの。

半年間とか1年だけという風に期間を限定しておくと、到達地点が見えているのでモチベーションも上がる、上手く立て直していく具体策の一つ。

定めた期間中は、逃げることなく全力で仕事に取り組むよう心掛ければ、仕事での逃げ癖も克服できるようになります。

 

 

 


仕事での逃げ癖は様ざまな面があるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.プライドが高く自分自身の間違いを認められないという

失敗を認められないということ。仕事での逃げ癖がある人に見受けられるのが、プライドが高く自分自身の間違いを認められないというもの。

更に、自分には非や誤りなどなく、周囲の人たちや環境のせいであるという思考パターンともなりかねません。

結果として、仕事でミスを犯しても責任を負わず、自らが傷つかないための弁解や言い訳を探しがちです。

 

| 2.前の段階で、自分にはできないと思ってしまうというもの

自らに自信がないということ。仕事で逃げ癖がある人に見られるのが、物事を始める前の段階で、自分にはできないと思ってしまうというもの。

自分がやっても上手くいくはずがない、そんな風に消極的な方に思い込んでしまう傾向があります。

こうした自信が持てない姿勢は、過去に他者から良い評価をされた体験が少ない、そんなことも影響しているようです。

 

| 3.見受けられるのが、物事や作業に対しての継続力がない

飽きっぽくやり遂げるのが苦手ということ。仕事での逃げ癖がある人に見受けられるのが、物事や作業に対しての継続力がないというもの。

最初は楽しく感じても、同じ作業を続けることに飽きてしまい、中途半端な状態で放り出してしまうことがあります。

こうした仕事を最後まで完遂するのが苦手なタイプは、仕事自体を辞めてしまうことにもなりかねません。

 

| 4.前向きな姿勢にはなり難く、何事にも妥協しがちという

自分に甘いということ。自分に甘い人というのは、仕事に前向きな姿勢にはなり難く、何事にも妥協しがちというもの。

問題が発生しても解決しようという意識が低い傾向にあり、小さな切っ掛けにより仕事から逃げてしまうことにもなりかねません。

業務へのモチベーションも維持し難く、途中で放り出してしまうことも多々あります。

 

 

 


逃げ癖がある女性も仕事で稀にいるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.失敗することで、批判や指摘をされたくないというもの

失敗が怖いという心理状況。仕事での逃げ癖が姿勢になっている人に見られるのが、失敗することで、批判や指摘をされたくないというもの。

完璧主義的な考え方の人が多く、ミスを犯すことに羞恥心を覚えるので、過剰に落ち込みやすいところがあります。

また、普段から予防線を常に張っているので、仕事に向かい楽しんで取り組めないということにもなりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、面倒事に関わりたくないというもの

壁に当たるのを面倒に感じるという心理状況。仕事で逃げ癖が出てしまう人に見受けられるのが、面倒事に関わりたくないというもの。

目的の前に壁があるケースでは、普通の人間であれば考えたり他の人に頼ったりすることになります。

逃げ癖のスタイルともなっている人は、そのような状態を億劫に感じやすく、投げ出してしまうことにもなりかねません。

 

| 3.正しいものにするため、逃げることも時には有りという

逃げることも有りという心理状況。仕事で逃げ癖が出る人は、自分自身の考え方を正しいものにするため、逃げることも時には有りという姿勢にあるもの。

もちろん心身に大きな不調をきたしている場合、仕事から逃げた方が良いこともあるかも知れません。

逃げ癖がある人からすれば、目の前の問題から後先考えず逃れたい、それだけで仕事を放り出すことにもなりかねません。

但し、労働環境や人間関係など、自分自身の努力ではどうにもならないことが原因の時は、逃げたいと思うのは甘えではありません。

 

 

 

まとめ

負のスパイラルに陥ることになり得る。ここでは、仕事の逃げ癖を治して大逆転したいもの、上手く立て直していく具体策を紹介しました。

その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。