恋愛は告白する時期を掴んで逆転したいもの、役立つタイミングと方策



日々の暮らしの中で、告白の時期を考えることもあるもの。早過ぎると相手のことも良く分からず、遅過ぎると友達になってしまいかねません。

そんな告白の時期やタイミングは、社会人の男性であっても思い悩むことにもなりかねません。

告白が早過ぎると、互いのことをまだ良く知らないので相手を信用できず、本当に好きなのかどうかを疑ってしまうことになります。

告白が遅すぎると、自分を好きではないのかと冷めてしまうことになり、友達になってしまうことにもなりかねません。

なので、告白する時期やタイミングは非常に重要なポイントということになります。

ここでは、恋愛は告白する時期を掴んで逆転したいもの、役立つタイミングと方策を紹介しています。

 

 

 


恋愛は告白する時期を掴んで逆転したいもの、役立つタイミングと方策


 

| 1.時期は何時か、非常にそんなことが気に掛かるというもの

出会いから告白までの最適な期間ということ。好意を持った女性に告白を心に決めたケースでは、最善ともいえる告白の時期は何時か、非常にそんなことが気に掛かるというもの。

一般的に言われているのは3ヶ月以内が、告白には相応しい時期ともされていて、これは女性側が男性を恋愛対象として見るかどうかを早めに判断したいから。

出会って3ヶ月しても男性が行動を起こさない場合、己には関心がないとして恋愛対象から外すこととなり、告白も成功しないことに繋がる役立つタイミングと方策の一つ。

 

| 2.大切なところですが、3度目のデートは意外に知られて

何度目のデートで告白するかということ。最良の告白の時期が問題になるのは何度目かというのは大切なところですが、3度目のデートは意外に知られているもの。

最初のデートでは互いの雰囲気を観察し、2度目のデートでは更に互いの気持ちを探ったり、行動パターンを掴んでいくようにするのが普通です。

3度目のデートとなると過去2度の情報を下敷きにして、最終的な思惑の確認をしたくなる、役立つタイミングと方策の一つ。

今までのデートでしっかり信頼関係を築いた後で、己自身をアピールすれば、告白自体も成功しやすくなります。

 

| 3.普通は余計な力を抜いて打ち解けるようにするものです

4度目以降のデートでは友達止まりとなるということ。初デートの際の告白はよほど慣れている者でないと厳しく、普通は余計な力を抜いて打ち解けるようにするもの。

そして2度目は、心の距離をより一層縮めるデートとなるので、ここで男性としての魅力をきちんとアピールしておきたいところです。

そして迎える3度目のデートになりますが、この地点が最も時期が良く、まさに告白を成功へと繋いでいくためのデートになります。

この3度目を逃したケースでは、4度目のデート以降となり、女性側が異性として見做さなくなることも多く、いわゆる友達止まりになる役立つタイミングと方策の一つ。

 

| 4.結び付きやすい時間帯を見極めていくのも重要なポイント

告白に相応しい時間帯ということ。告白する時期を慎重に図っていくには、成就に結び付きやすい時間帯を見極めていくのも重要なポイントというもの。

一般的には告白するのに似合った時間帯は夜とされ、くつろぎながら食事をし緊張をほぐせる上、告白しやすくなる良い雰囲気やムードにもなりやすいからです。

夜景の見える場所を選び告白するなど、夜ならではの状況を利用するのも成功に繋がる、役立つタイミングと方策の一つ。

 

 

 


告白の時期を占いに頼ることもある、注意しておきたい確認ポイント


 

| 1.告白する時は、相手と恋愛関係になりたいからというもの

現時点で恋人がいないのを確認をしておくということ。片思いの女性に対して告白する時は、相手と恋愛関係になりたいからというもの。

となると、相手の女性に現在の時点で恋人がいるのかどうか、そうしたことを確認しておくことが非常に重要になります。

もし恋人がいる時は、告白したとしても先ず成功することはなく、驚いて慌てさせることにもなりかねません。

 

| 2.迎えているケースでは、早く告白したいと焦ってしまう

焦って告白しても成功はおぼつかないということ。同じ女性を好きなライバルがいたり、我慢の限界を迎えているケースでは、早く告白したいと焦ってしまうもの。

相手の女性を好きな感情を抑えられず、何度目のデートかなどは脇に置き、一刻も早く告白して恋人同士になりたいと考えます。

但し、告白される女性からみると、友人として見ている相手の男性から、いきなり告白されても驚くばかりで断られる可能性が高くなります。

 

| 3.だけではなく、相手側も恋愛する心境でなくてはならない

充分に仕事やプライベート状況の確認をしておくということ。付き合うには己の気持ちだけではなく、相手側も恋愛する心境でなくてはならないもの。

非常に仕事が多忙で恋愛をする暇がなかったり、恋人と別れたばかりで次の恋愛をする気になれいこともあり得ます。

そうした時に告白しても成功率は低く、女性が恋愛モードの状態にいる、そんな確認をした後で告白するのが鉄則というものです。

 

| 4.何気ない日頃の会話などから察知する脈ありサインという

互いにある脈ありサインの確認ということ。告白をする前の段階で確認すべきものの一つが、何気ない日頃の会話などから察知する脈ありサインというもの。

好意を抱いている女性はどういう言葉や行動を、脈ありサインと見做しているのかを知れば、告白する時の参考ともなります。

己に気がある行動などを雑談中に話題に出せば、自然な雰囲気のなか女性の本音も聞け切り出し方を決めやすくなります。

 

 

 


忙しい時期の告白はタイミングも難しい、覚えておきたい脈ありサイン


 

| 1.示したかで、告白の時期をを見極めることができるという

好意的な言い方があるということ。一緒に過ごした後で女性がどういった反応を示したかで、告白の時期をを見極めることができるというもの。

一緒に食事などに行った場合、会話が弾んだだけではなく、また楽しかったとか食べに行こうなど、好意的な言葉が多ければ脈ありサインです。

もっと関係を深めたい、そういった気持ちが女性にあると考えて、告白に踏み切ったとしても良いことになります。

 

| 2.その後の展開によって告白の時期を判断できるというもの

次のデートを女性から提案してくれるということ。一度でもデートをしたことのある関係のケースでは、その後の展開によって告白の時期を判断できるというもの。

デートが終わった後で何らかの動きがなければ、高い確率で恋人同士になりたいというような気持ちはありません。

逆に、今度はあそこに行きたいなどと、女性が次のデートプランを提案してくるのは脈ありサインで、告白の時期を図ることになります。

 

| 3.応じてくれるかで、告白の成功率も変わってくるものです

3度目のデートの誘いを了承してくれるということ。告白の時期として広く知られている、3回目のデートに応じてくれるかで、告白の成功率も変わってくるもの。

1回目や2回目のデートは、相性を確認する意味で気持ちとは関係なく応じてくれても、3度目となると興味がない相手とはデートしません。

3回目のデートに誘ってスムーズに約束ができると、告白の成功率は上がります。

 

 

 

まとめ

重要なポイントということになります。ここでは、恋愛は告白する時期を掴んで逆転したいもの、役立つタイミングと方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。