臆病者の末路も厳しいところがあるもの、上手く付き合っていく具体策



身近なところにも、臆病者と呼ばれる人がいるもの。気が小さいところがあり、些細なことを怖がったり尻込みしてしまうような人。

臆病者と呼ばれる人は、周囲の目が気になって自分の本音が言えなかったり、やりたいこともできないで日常生活に不便を覚えることも特別ではありません。

臆病者はついてこなくてもよいなどという言葉もありますが、物事を悪い方向へと考えてしまう傾向もあります。

恋愛においても同様で、気になる人に対してもても告白できないとか、シャイな態度をとってしまうことにもなりかねません。

他の人とコミュニケーションをするのが苦手で、少し目が合っただけなのに、不自然に反らしてしまうことにもなりかねません。

ここでは、臆病者の末路も厳しいところがあるもの、上手く付き合っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


臆病者の末路も厳しいところがあるもの、上手く付き合っていく具体策


 

| 1.ところがあり、無愛想な人に相対しては余計に注意深く

基本的に笑顔で接するということ。臆病者は他の人に対して非常に警戒心が強いところがあり、無愛想な人に相対しては余計に注意深くなるもの。

その警戒心を薄れさせていくためにも、日頃から笑顔で接するようにすれば、取っ付きやすい印象を抱く上手く付き合っていく具体策の一つ。

話しかけるときは、自然な笑顔をいつも心掛け、柔らかい話し方をして言葉に棘がないようにすれば、恋愛対象としても認識して貰えます。

 

| 2.くるような行為は、全くと言っていいほど期待できない

しつこくならないように話し掛けるということ。臆病者の方から積極的に話し掛けてくるような行為は、全くと言っていいほど期待できないもの。

結果として、こちらから話し掛ける必要性があり、朝の挨拶の後に一言付け加える、そんな会話から出発するのも上手く付き合っていく具体策の一つ。

基本的に控えめな臆病者は、いきなりプライベートな話しをしても警戒されるだけなので、当面は仕事のことや当たり障りのない雑談を心掛けます。

 

| 3.することで、段々と自己肯定感を高めていくというもの

数多く褒めるということ。臆病者に対しては、些細なことを継続して褒め続けるようにすることで、段々と自己肯定感を高めていくというもの。

仕事が早いので助かるとか遅刻しないなど小さなことで良く、気付いたときに褒めるようにするのが、上手く付き合っていく具体策の一つ。

但し、あまりにも大袈裟に褒めてしまうと、目立ちたくない臆病者に嫌がられるので、褒める時は自然に言うようにします。

 

| 4.緊張しやすく、コミュニケーションを図るのが難しいもの

好意を適度に見せるということ。臆病者は恋愛にも不慣れで緊張しやすく、円滑なコミュニケーションを図るのが難しいもの。

結果的に、緊張させないように段々と好意を示していくことで、2人の距離も縮められる上手く付き合っていく具体策の一つ。

理想のタイプとか一緒にいると落ち着くなど、恋愛に奥手な臆病者でも、安心して心が開けるアプローチ法を心掛けます。

但し、あまり大袈裟な質問や行動は、臆病者を緊張させて警戒心で心が満杯になるので注意します。

 

| 5.相手を気にしてLINEの返信などにも戸惑ってしまう

相手のリズムに合わせるということ。自己表現が苦手な臆病者は、相手を気にしてLINEの返信などにも戸惑ってしまうもの。

結果として、LINEを立て続けに送ると焦ってしまうので、相手のリズムに合わせるようにすると、安心したやり取りができます。

LINEの場合、相手と同程度の長さのテキストにし、送る間隔も合わせるのがリラックスできる、上手く付き合っていく具体策の一つ。

 

 

 


臆病者はチキンと呼ばれることもある、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.図々しいとは思われたくない、そんな気持ちがあるという

大人しく控えめということ。臆病者に見られるのが、他者に対して図々しいとは思われたくない、そんな気持ちがあるというもの。

己自身の意見が明確にあっても、それを口に出してしまえば、自己主張をし過ぎかも知れないなどと考えています。

積極的に発言していくよりは、大人しく周りの人たちの意見を聞いている、そうした方が落ち着けるということにもなりかねません。

 

| 2.人たちから注目された場合、緊張して恥ずかしくなると

人前に立つのが苦手ということ。臆病者に見受けられるのが、周りの人たちから注目された場合、緊張して恥ずかしくなるというもの。

人前に立つと羞恥心が湧き上がり、すぐに他の場所に逃げ出したくなり、その状況が早く終わることばかりを考えます。

結果として、表舞台に立たされることは苦手なので、できる限り避けたいと普段から常に思っています。

 

| 3.不得手なので、緊張して笑う際も笑顔が下手になるという

笑顔が下手ということ。臆病者は他の人と接することが不得手なので、緊張して笑う際も笑顔が下手になるというもの。

愛想笑いというものができないので、偶然に出会った人に話し掛けられた際は、緊張して笑顔も引きつることにもなりかねません。

本人は普通の人のように上手く笑おうとしますが、緊張し過ぎて満足に笑顔を表現することができません。

 

| 4.問題を起こしたり誰かと揉めるなどを非常に怖れている

安全策を取るということ。臆病者は平和主義的なところがあり、問題を起こしたり誰かと揉めるなどを非常に怖れているもの。

結果的に、プライベートでも仕事面でも、波風が立たないように慎重に行動するよう心掛けています。

リスクが大きなプロジェクトより、地味でも危険が少ないような仕事が安心でき、安全策を好むという姿勢になりかねません。

 

 

 


臆病者は言い換えで鳥に例えられることも、覚えておきたい心理状態


 

| 1.プライドが高くて見栄っ張りなところがあるというもの

繊細で傷付きやすい心理状態。臆病者の中に見られるのが、プライドが高くて見栄っ張りなところがあるというもの。

もし己から主張をしたケースでは、それが上手く運ばなければ傷付いてしまうので、できるだけダメージを受けないように大人しくしがちです。

相手の発言に対しては納得できないけど、周りの人たちが賛同しているときは黙るなど、引っ込み思案の代表的なパターンということになりかねません。

 

| 2.視線を合わせないよう俯きがちの姿勢になるというもの

話す際に下を向きがちという心理状態。臆病者は他の人と目を合わせると、恥ずかしくなる時があり、視線を合わせないよう俯きがちの姿勢になるというもの。

職場で同僚から話しかけられた時も、普段から少し俯いて会話してしまうので、滅多に目が合うようなことはありません。

誰かに向かって話し掛けなくてはならないケースでは、視線が合えば緊張してしまうので、節目がちで声をかけるのも臆病者に見られるところです。

 

| 3.不得手で、困ったことが生じても人に相談しないという

人に相談しないという心理状態。臆病者に見られるのが、他者とのコミュニケーションが非常に不得手で、困ったことが生じても人に相談しないというもの。

同僚に聞いて教えて貰うのが恥ずかしいので、何とか己自身で解決しようと、一人で頑張ってしまうことになりかねません。

誰かに頼ることが異常に苦手なので、本人的には困ったことが起きて、右往左往してしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

不便を覚えるのも特別ではありません。ここでは、臆病者の末路も厳しいところがあるもの、上手く付き合っていく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。