人を好きになれない男は因果応報かも知れない、立ち直り作っていく術



身近なところにも、人を好きになれないという男がいるもの。性欲がなかったり彼女がなくても満足している、友人と遊ぶ方が楽しいというタイプ。

もちろん人を好きになれない男性というのは病気の場合もありますが、恋愛がしたくてもできないとか、好きな女性が見つからないと悩む人も意外に多くいます。

焦って作る必要はないとも言えますが、周囲の友人に恋人ができれば、自分も何とかしなければなど焦りが芽生えることにもなりかねません。

更に友人に恋人ができ疎外感を覚えたり、一人の時間が増えて寂しいということになれば、好きな人というのは紛らわせるための存在にも。

なので、心から人を好きになるようにすれば、格段と恋愛のチャンスも増えます。

ここでは、人を好きになれない男は因果応報かも知れない、立ち直り作っていく術を紹介しています。

 

 

 


人を好きになれない男は因果応報かも知れない、立ち直り作っていく術


 

| 1.普段会っている人達やいつもの場所が心地良く感じられる

生活リズムを変えてみるということ。社会人になると日常生活がパターン化して、普段会っている人達やいつもの場所が心地良く感じられるもの。

それはそれで悪くはありませんが、生活リズムを変えてみることで、己自身の世界を広げていくのも立ち直り作っていく術の一つ。

行動や環境が変われば出会う人も違ってくるので、ひょっとするとこれから会う人の中に、将来のパートナーとなる女性が紛れ込んでいることも考えられます。

 

| 2.女性が目の前に現れても、恋愛をしたい気分にはならない

恋愛に対するスイッチを入れるということ。心が恋愛モードとなっていないケースでは、どのような女性が目の前に現れても、恋愛をしたい気分にはならないもの。

好きな相手が欲しいと漠然と考えるばかりでなく、恋愛に対する意欲が上がるような習慣や行動を身に付けるのが、立ち直り作っていく術の一つ。

普段はあまり見ることがない恋愛映画を観たり、カップルが多いデートスポット等に足を運ぶなど、恋人ができた際ののイメージするのも良いやり方です。

 

| 3.見る目が厳しく、駄目な箇所を減点方式で採点してしまう

相手を見る時は加点方式にするということ。人を好きになれない男性は理想も高く女性を見る目が厳しく、駄目な箇所を減点方式で採点してしまうもの。

一つ欠点が見つければ、次から次へと悪い部分が目に入り、相手に対する関心も失せてしまいかねません。

異性に会う際は加点方式を意識するのが重要な点で、見方を変えるだけで短所もプラスポイントへになる、立ち直り作っていく術の一つ。

 

| 4.顔が出せないケースでは、マッチングアプリを利用する

出会いを求める時はマッチングアプリということ。仕事が多忙で出会いの場に顔が出せないケースでは、マッチングアプリを利用するというもの。

合コンだったり街コンなどは、出会った後から相手の価値観を知ることになりますが、アプリであれば予め理想的な相手を絞り込めます。

メリットは隙間時間を活用して己のペースで恋人探しを行えるところで、普段の日常生活では出会えない人など、選択肢の幅も広がる立ち直り作っていく術の一つ。

 

| 5.自分磨きでワンランク上の己自身を目指していくという

外見上の自分磨きをするということ。全然自信を抱けないという男性は、自分磨きでワンランク上の己自身を目指していくというもの。

外見が磨かれると自信が持てるというだけでなく、本来備わっている魅力が周りの人たちにも伝わるようになり、焦って恋人を探すよりも出会いのチャンスが多くなります。

生活習慣を振り返っていくとともに、身体を鍛え健康的なボディラインにする、そんなことを配慮するのも立ち直り作っていく術の一つ。

 

 

 


人を好きになれない男には様ざまなところが、注意したい特徴や理由


 

| 1.細すぎず太すぎず、性格が良いなど理想像というものが

理想像にこだわり過ぎということ。顔が非常に可愛いかったり、スタイルは細すぎず太すぎず、性格が良いなど理想像というものがあるもの。

人を好きになれない男性に見られるのが、異常に高い理想像を持っていて、こだわり過ぎるようなところがあります。

妥協しない姿勢というのは素晴らしいものですが、選択肢が極端に狭くなるほど、恋愛の機会を逃すことになり注意します。

 

| 2.人を好きになれない男性は極端に機会が少ないというもの

異性に出会うチャンスが少ないということ。出会いの機会が多ければ恋人ができるチャンスは増えますが、人を好きになれない男性は極端に機会が少ないというもの。

一日の大半を過ごしている職場も、ある意味で出会いの場と言えますが、既婚者ばかりとか男ばかりといった時は、恋愛のチャンスには恵まれません。

合コンだったり街コンに参加する手もありますが、仕事が忙しかったりスケジュールが合わない人は、そうした機会さえもしてしまいます。

 

| 3.考えても、フラれるのを恐れて行動できないというもの

フラれるのを怖がって行動できないということ。人を好きになれない男性に見られるのが、可愛いとか一緒にいたいと考えても、フラれるのを恐れて行動できないというもの。

少しでもLINEの返信が来なくなったり、既読スルーになったと言うだけのことで、相手の女性を諦めてしまいかねません。

勇気を持って女好きのレッテルを貼られるように、欲求に忠実になって女性にアプローチすることも重要。

 

| 4.今でも忘れられなくて、恋愛にトラウマがあるというもの

過去の恋愛を未だに引き摺っているということ。過去に好きな女性に振られたことがあり、今でも忘れられなくて、恋愛にトラウマがあるというもの。

過去に生じた出来事は、いくら考えても何ら変わりませんが、未来であればいくらでも己次第で変えられます。

魅力の一つともいうべき一途な姿勢は、これから先々で出会う素敵な女性と仲良くするために活かします。

 

 

 


人を好きになれない診断が男性にあるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.ケースでは、恋人がいる必要を感じなくなるというもの

恋愛以外に没頭することがあるという心理状態。恋愛以外に没頭している物事があるケースでは、恋人がいる必要を感じなくなるというもの。

平日は仕事に打ち込み休日は趣味を満喫するなど、そうした生活が長く続くと、恋人を持つこと自体が面倒臭く感じることにもなりかねません。

少し前までは若者の最優先の関心事は恋愛中心、そう見なされることもありましたが、現在は趣味も多彩で交際相手がなくても満足感を覚える男性は増えています。

 

| 2.理想像を思い描くのは非常に重要なポイントというもの

女性に対する理想が高いという心理状態。こういった女性と付き合いたいとか、そうした理想像を思い描くのは非常に重要なポイントというもの。

但し、余りに理想が高すぎるケースでは、現実とのギャップが大き過ぎて、なかなか好きな女性が見つからないという状況に陥りかねません。

最初から好みの女性以外は恋愛対象から外すような傾向があり、2人切りで会う機会があっても、相手の良いところを見つけようとしません。

 

| 3.恋愛の優先度が低く、己自身から女性を求めないという

恋愛に消極的な心理状態。人を好きになれない男性に見られるのが、草食系男子で恋愛の優先度が低く、己自身から女性を求めないというもの。

好きな女性と恋人になるまでには、連絡先の交換だったり告白などの段階も必要不可欠ですが、恋愛に消極的な男性はハードルが高くなります。

連絡先交換ができたとしても、嫌われるのが怖いという気持が湧き上がり、なかなか己自身の胸の内を伝えられません。

 

 

 

まとめ

友人と遊ぶ方が楽しいというような人。ここでは、人を好きになれない男は因果応報かも知れない、立ち直り作っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。