恋愛の仕方を忘れたのは因果応報かも知れない、円滑に交際に繋ぐ方策



人生を過ごしていると、恋愛の仕方を忘れたと思う時があるもの。世の中にはロマンチックとも言える恋愛ストーリーが溢れていますが、現実はそうはいきません。

恋愛に興味がないわけでもないのに、なかなか好きな相手ができなかったり、積極的になれなかったりと悩む人も少なくありません。

そうした恋愛を全然していないような期間が長ければ、久しぶりに好意を持った相手に対し、次はどのようなプロセスを辿り恋愛に発展するのかを忘れていることがあります。

こんな恋の仕方がわからないという男性や女性は意外に思うほど多くいて、恋愛関係になれば相手に縛られるという考えにもなりかねません。

ここでは、恋愛の仕方を忘れたのは因果応報かも知れない、円滑に交際に繋ぐ方策を紹介しています。

 

 

 


恋愛の仕方を忘れたのは因果応報かも知れない、円滑に交際に繋ぐ方策


 

| 1.最初に行うのが相手との連絡手段を確保するというもの

最初に連絡先を手にするということ。好きな人だったり気になる相手ができたケースでは、最初に行うのが相手との連絡手段を確保するというもの。

LINEを聞く際はストレートに尋ねてしまう方が良く、年代を問わないで連絡手段として普及しているので、相手も警戒せずに交換してくれることは多いです。

逆に己自身が意識し過ぎてしまえば、LINEを交換するのもハードルが高く感じてしまい、切っ掛けを作るためにも率直に尋ねるのが、円滑に交際に繋ぐ方策の一つ。

詳しく相手のことを知りたいと、つい長めの文を送りがちですが、テンポよく短文で会話を進める方がLINEが長続きするものです。

 

| 2.あることにより、話題に困ることも少なくなるというもの

共通項をさがすということ。恋愛のプロセスに必要不可欠なのが共通項で、それがあることにより、話題に困ることも少なくなるというもの。

恋愛の仕方を忘れたというケースでは、相手との共通項を見つけることからスタートするのが大切で、LINEのやり取りでも関心があることを聞くのもポイント。

好きな食べ物の話題をテーマにしていけば、食事に誘うのもハードルが低くなり、これは好きな相手でなくても良くあることで、気軽に誘える円滑に交際に繋ぐ方策の一つ。

今後好きな相手と恋愛関係に発展したいと考える場合、食事する場所選びが大事で、落ち着いた場所なら普段のLINEでは聞けないような将来のことも話せます。

 

| 3.脈ありサインはどんなものだったかと、考え込んでしまう

互いにある脈ありサインを確認をするということ。恋愛の仕方を忘れた人に見られるのが、脈ありサインはどんなものだったかと、考え込んでしまうというもの。

何となく何日間もLINEが続いている相手がいる際は、その人は脈があるかも知れず、気になる異性でなくては何日間もLINEはしません。

ほかにも誉め言葉が多い相手は脈ありの可能性も高く、会えば毎回のように褒めてくれたり、ポジティブな言葉が続く人は気がある可能性が非常に高くなります。

また何気ない会話が続くようであれば、相手も気にしている可能性は高く、そうしたことを確認するのも円滑に交際に繋ぐ方策の一つ。

 

| 4.相手が好意を抱いているのは何となく分かってくるもの

互いの好意を確認できれば、3度目のデートで告白するということ。デートを2度ほど重ねることで、相手が好意を抱いているのは何となく分かってくるもの。

3度目のデートができること自体が脈ありということで、当然のように約束してデートができることも、相手が嫌な感じを抱いている可能性は低くなります。

告白するシチュエーションというのは非常に重要で、告白された場所などを相手が覚えていて、付き合って何年か経った後で振り返ることも多くなります。

結果として、告白するのは静かな場所が良く、回りくどい言い方をすると曖昧になるので、「好きです、付き合って下さい」とシンプルに伝えるのが円滑に交際に繋ぐ方策の一つ。

 

 

 


恋の仕方を忘れたということも稀にある、注意したい恋愛できない理由


 

| 1.ケースでは、恋愛に対してネガティブイメージが強くなる

恋愛に対するイメージが良くないということ。親の不仲を目にしていたり友達から恋人の愚痴を聞くなどのケースでは、恋愛に対してネガティブイメージが強くなるもの。

身近な人から悪い話を聞くと影響されて、恋愛で苦しみたくないという不安が湧き起こることにもなりかねません。

但し、恋愛の形は個々で違っていて、現実なんてこんなものと身勝手に決め付けず、理想を思い描いて行動することが大切なことです。

 

| 2.活動の範囲が限られていれば恋愛のチャンスがないもの

行動の範囲が狭いということ。日常が職場と自宅との往復で、決まった人たちとしか連絡も取り合わないなど、活動の範囲が限られていれば恋愛のチャンスがないもの。

休日も自宅にいて外出の機会も限られていれば、更に出会いがないという思いに捉われることにもなりかねません。

最近はマッチングアプリ等もあり、新しい出会いを見つけ出していくツールとして利用するのも大事なポイント。

 

| 3.知れないなど、希望や期待を持てることが必要というもの

己に自信がないということ。恋愛を発展させていくには、相手が己自身を好きかも知れないなど、希望や期待を持てることが必要というもの。

己に自信がない人物は良い出会いに恵まれても、どうせ好きになって貰えない、そんな消極的な思いに捉われることにもなりかねません。

こうした態度は、せっかくのチャンスに巡り会えても、逃してしまうことになりかねません。

 

| 4.裏切るなど、酷い目に遭いトラウマになったというもの

過去のトラウマから抜け出せないということ。過去の恋愛関係においてパートナーが浮気したり裏切るなど、酷い目に遭いトラウマになったというもの。

こういった人物は新たな恋をしようと思っても、不安な気持ちが湧き上がり、積極的な行動ができなくなりかねません。

恋愛へのトラウマがあるような人は、無理矢理に切り替えようと焦らず、先ずは心の傷と向き合って癒やすことが重要ポイントです。

 

 

 


恋愛の仕方を忘れた男女は辛いもの、覚えておきたい円満にいく秘訣


 

| 1.言葉だけではなく行動でも表すことができるというもの

相手を互いに思い遣る気持ちを持っていること。相手を思い遣る気持ちは、言葉だけではなく行動でも表すことができるというもの。

相手の仕事が忙しくゆとりがない場合、連絡を控えるようにするなど、いつ会えるなど執拗に聞くようなことはしません。

こんなことを付き合いの長いカップルは良く理解していて、己のことだけではなく、相手のことにも充分配慮します。

 

| 2.彼氏だったり彼女が不満を抱えていることもあるものです

相手に不満を伝えることができること。己自身が意識していなくても、彼氏だったり彼女が不満を抱えていることもあるもの。

そんな不満を抱えたままでいるケースでは、小さなことが切っ掛けで、取り返しがつかないことにもなりかねません。

良好な関係を続けていくためには、付き合い方を頭に置いて、己自身の不満を伝えていくことが大切なことの一つ。

 

| 3.会話を楽しんでいても、段々と数が減っていくというもの

愛情表現をマメにすること。付き合い初めての頃は、互いに甘い会話を楽しんでいても、段々と数が減っていくというもの。

時間が経つと言葉にすることが、恥ずかしい気持ちにもなってきますが、積極的に口にしていくことも重要なポイント。

言葉にしなくても相手が理解していると思うのは大間違いで、黙っていて以心伝心ということはあり得ません。

 

 

 

まとめ

縛られるという考えになりかねません。ここでは、恋愛の仕方を忘れたのは因果応報かも知れない、円滑に交際に繋ぐ方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。