やりたくないことをやる方法で逆転したいもの、乗り切り前進する方策



日々の暮らしの中で、やりたくないことをやる方法を探すことがあるもの。やりたくない物事をやらなければならない状況は、誰しもやってきます。

やりたくないことをやるのが社会の一員という言い方もありますが、やりたくないという気持ちが湧き上がればストレスを感じることになります。

こんなモチベーションの低下は、やらなくてはという心の葛藤により加速するということに他なりかねません。

なので、やりたくないことをやるには、そんな心の葛藤を解消することが重要で、上手く整えることができれば前向きな気持も湧き起こります。

後は、自分自身を奮い立たせることが解決への一つの近道。

ここでは、やりたくないことをやる方法で逆転したいもの、乗り切り前進する方策を紹介しています。

 

 

 


やりたくないことをやる方法で逆転したいもの、乗り切り前進する方策


 

| 1.段々と気分も乗ってきて意欲が湧き起こるというものです

準備運動がてら少し手を付けてみるということ。やりたくないような作業でも、先ず取掛かってみることで、段々と気分も乗ってきて意欲が湧き起こるというもの。

5分で終わるようなことをしてみるなど、少し手を付けてみると段々と流れに乗ってきて、いつの間にかすべきことが完了していたということもあり得ます。

なので、本格的な作業に入る前に準備運動がてら、少し手を付けてみるのが、乗り切り前進する方策の一つ。

 

| 2.部位は、その働き具合からやる気スイッチとされている

やる気スイッチである淡蒼球を活性化するということ。大脳にある淡蒼球(たんそうきゅう)と呼ばれる部位は、その働き具合からやる気スイッチとされているもの。

この淡蒼球から信号送信されることで、やる気やモチベーションが湧き上がるという仕組みなので、やりたくないのは淡蒼球が動いていない状況です。

淡蒼球は己自身の意志では動かせないものの、普段と異なったことをしたり報酬を与える等の行動をすることで、活性化していく乗り切り前進する方策の一つ。

 

| 3.バランスが良い食事をきちんと摂るよう心掛けるという

バランスの良い食事を摂るということ。やりたくないことをやる時に重要なのが、手始めにバランスが良い食事をきちんと摂るよう心掛けるというもの。

ドーパミンの生成に必要なアミノ酸であるフェニルアラニンは、豆類やナッツ類などに多く含有され、チロシンは乳製品や納豆にバナナなど効果的です。

更に脳の疲労回復に役立つビタミンB12は、レバーや魚介類等に含まれるので、積極的に摂取するのが乗り切り前進する方策の一つ。

 

| 4.はじめとして、集中力や意欲を高める働きがあるという

良質な睡眠を取るということ。睡眠中に分泌されている成長ホルモンは、身体の疲労回復をはじめとして、集中力や意欲を高める働きがあるというもの。

睡眠の質が悪けいと成長ホルモンの分泌が減少するので、日中に身体を良く動かして、寝る前には静かに過ごすよう心掛けます。

ほかにも己自身の体格に合った寝具を選ぶとか、寝る前にはスマホなどは見ないなど、注意していくのが乗り切り前進する方策の一つ。

 

| 5.有酸素運動や日光浴でセロトニン分泌を促すというもの

運動を習慣化するということ。心身の健康を維持するのが、やりたくないことをやるための最初の一歩で、有酸素運動や日光浴でセロトニン分泌を促すというもの。

神経伝達物質の一種のセロトニンは、脳を活発に働かせるほか精神安定のために不可欠な物質で、分泌を促すために日光浴や有酸素運動が効果的とされています。

やりたくない時が訪れないよう、ウォーキングやジョギングに、サイクリング等を習慣化するのが乗り切り前進する方策の一つ。

 

 

 


やりたくないことをやるのが仕事ということも、注意しておきたい原因


 

| 1,大きくやりたくないことをやる時に関係してくるという

生活習慣が不規則ということ。睡眠をはじめ食事や運動などの生活習慣は、大きくやりたくないことをやる時に関係してくるというもの。

脳の働きに必要不可欠なエネルギーとして消費されるのはビタミンB群などで、不足するとモチベーションがまったく湧かないということにもなりかねません。

更に睡眠の質が悪いケースでは、己自身が気づかない間に睡眠不足が借金のように蓄積して睡眠負債になり、やりたくないことをやるのが嫌な状態が続くことになりかねません。

 

| 2.疲労感が抜けない、そんな感じを受けていればは要警戒

心身に疲労やストレスが蓄積しているということ。残業が続いていたりすると、充分睡眠をとっても身体の疲労感が抜けない、そんな感じを受けていればは要警戒というもの。

心身にストレスや疲労が蓄積され続けたケースでは、エネルギーが枯渇して、やりたくないことをやるのが嫌な状態ともなりかねません。

特に家庭があるような女性は、家事をはじめ育児や仕事の両立などで、疲労回復やストレス解消のための時間が割けない人も多々います。

 

| 3.意欲が全く湧かない状況になっている可能性もあるもの

うつ病などの疾患ということ。やりたくないことをやるのが嫌なのは、心の病気が切っ掛けとなって、意欲が全く湧かない状況になっている可能性もあるもの。

心の病気として代表的なものにうつ病がありますが、症状の中に見られるのが、意欲の低下だったり興味だったり喜びの感情の喪失があります。

一時的なメンタル不調に夏バテなどもありますが、長い期間に渡って意欲が湧かない状況が続くようであれば専門家に相談します。

 

| 4.湧かないという人は、ADHD等の発達障害の可能性が

ADHD等の発達障害ということ。特別に憂鬱ではないのに、何故か普段から意欲が湧かないという人は、ADHD等の発達障害の可能性があるもの。

新しいことには関心を持つが、同じことの繰り返しはやりたくなかったリ、すぐに結果が出ないことは嫌になるなど、大人になってから気付くこともあります。

ADHDの人は脳内情報を伝達する神経伝達物質が上手く働かず、当人の気持ちとは関係なく、やりたくないことをやるのが嫌な状況を迎えかねません。

 

 

 


やりたくないことをやる夢を見ることもある、覚えておきたい心理状態


 

| 1.状況になり、何からすれば良いか分からなくなるという

何からすれば良いか判断できない心理状態。やるべきことが多過ぎる場合、頭の中が散らかっている状況になり、何からすれば良いか分からなくなるというもの。

焦ってあれもこれもと手当たり次第に手を付けて、気が付くと全てが中途半端な状態になってしまうということになりかねません。

 

| 2.メリットが見い出せず、全くやる気が起きないというもの

メリットを見い出せないという心理状態。具体的にやるべきことは分かっていても、メリットが見い出せず、全くやる気が起きないというもの。

こういったすべき事柄に対して、メリットや魅力が見い出せないのは、ポジティブな意欲が減退しているという要警戒サインです。

 

| 3.悪化しているケースでは、意欲が湧かないことは多々ある

避けたい原因があるという心理状態。成すべきことが苦手な物事だったり、周囲の人間関係が悪化しているケースでは、意欲が湧かないことは多々あるもの。

過去の経験で苦手意識を持ったクレームの対応が億劫になったり、嫌いな相手とチームを組んで仕事をしなければならないなどです。

人間はやりたくないことをやらなければならない状態に置かれた場合、強いストレスが掛かって憂鬱になることになりかねません。

 

 

 

まとめ

やらなければならない状況は誰にでも。ここでは、やりたくないことをやる方法で逆転したいもの、乗り切り前進する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。