めんどくさいという口癖は直すことも必要?先々に繋げ逆転していく術



日々を過ごしていると、めんどくさいという口癖が気になることがあるもの。それほど響きが良いものではなく、何をするにも腰が重くネガティブなイメージを与える言葉です。

仕事にしても恋愛にしても、誰しもめんどくさい状況に遭遇することが稀にありますが、めんどくさいが口癖になっている人は頻度が半端なものではありません。

そんなめんどくさいが口癖の人は病気の場合もありますが、時には何がそれほど面倒と突っ込まれることにもなりかねません。

もちろんそうした人は女性にも男性にもいて、中にはキャラとして確立している事例もあります。

但し、このめんどくさいという口癖が常態ともなれば、様ざまな場所でトラブルが生じることもあり注意が必要になりかねません。

ここでは、めんどくさいという口癖は直すことも必要?先々に繋げ逆転していく術を紹介しています。

 

 

 


めんどくさいという口癖は直すことも必要?先々に繋げ逆転していく術


 

| 1.仕事が徐々に積み上がり、ついには許容量を超えてしまう

できることは今すぐやるということ。めんどくさいからとすべき仕事を後回しにしている場合、こなすべき仕事が徐々に積み上がり、ついには許容量を超えてしまうもの。

そんな溜まっていく仕事を目の前にすれば、どうなるのかと先の見えない不安も湧き上がるので、不安を解消するためにはできることはすぐにやるしかありません。

あまりに仕事量が多いときは、作業をもう一つこなして終わりにするなど、小さな努力を積み重ねるのが、先々に繋げ逆転していく術の一つ。

こうすることで仕事をこなすスピードや効率が向上して、気持ちが晴れる達成感と小さな自信をつけることができます。

 

| 2.後々自分の首を絞めてしまうような内容のものがあるもの

危機感を持つということ。明日でいいと後回しにし続けている物事の中には、後々自分の首を絞めてしまうような内容のものがあるもの。

めんどくさいが口癖の人は、後回しにすることで将来的に起こり得る危機的状況を、イメージすることが得意ではありません。

恋愛でも言わなくていいと放置することで、思わぬ誤解を生むこともあり、事態が大きくならないうちに手を打つのが、先々に繋げ逆転していく術の一つ。

 

| 3.キャパシティを把握していない、そんな可能性が高いと

自らのキャパシティを知るということ。めんどくさいが口癖になっているような人ほど、自分自身のキャパシティを把握していない、そんな可能性が高いというもの。

キャパシティとは物事を行う際に負担に感じない範囲のことですが、オーバーすれば一杯になり、本来できるはずのことも全て捨て去りたくもなりかねません。

最初から自分自身にできる許容範囲を知ることで、突然のキャパオーバーを防ぐことができる、先々に繋げ逆転していく術の一つ。

 

| 4.口癖の人が苦手なものに、物事には優先順位があるという

成すべきことをリスト化するということ。仕事にしても恋愛についても言えることですが、めんどくさいが口癖の人が苦手なものに、物事には優先順位があるというもの。

何かを成し遂げるためには頭の中が整理されていることが必要で、成すべきことをリストアップしていくことが、先々に繋げ逆転していく術の一つ。

大きなタスクを細かく分け徐々にこなしていく方が良く、日々終了のタスク数が増えると、モチベーションアップにも繋がっていきます。

 

| 5.心地よく、そのままが楽と行動を起こさないというもの

自分の殻を破るということ。めんどくさいが口癖になっている人は、現在いる場所が心地よく、そのままが楽と行動を起こさないというもの。

但し、自分はこの状態いいと言う割には、それほど幸せそうに見えず、胸に燻ぶったものがあるということにもなりかねません。

結果的に、自分を甘やかしている事実を隠したいので、最初から自分にはできないといった予防線を張っています。

相反する感情を納得させるには、何らかの行動を起こすしかなく、覚悟を決め自分の殻を破るのが、先々に繋げ逆転していく術の一つ。

 

 

 


めんどくさいが口癖の彼女もいるもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.口癖にしている人は、とりわけその気持が強いというもの

努力したくないということ。面倒臭いことは誰しもできる限り避けたいものですが、めんどくさいを堂々と口癖にしている人は、とりわけその気持が強いというもの。

とにかく楽がしたいところがあり、努力するのを敬遠していて、これまで何もしてこなかった自分自身を非常に甘やかしています。

自分に厳しくなれなければ、めんどくさいと感じる物事は全てを避けて通ることになり、誰かがやってくれるのを待つことにもなりかねません。

 

| 2.恋愛でも、自ら率先して行動するようなところはないもの

行動力がないということ。めんどくさいが口癖になっている人は、基本的に仕事にしても恋愛でも、自ら率先して行動するようなところはないもの。

仕事ですべきことが溜まっていて、モチベーションを上げていかなければ、そんな風に思っていても、やる気がないのでつい後回しにすることにもなりかねません。

裏を返せば楽観的ということで、何か問題が生じたとしても、何とかなるさとくよくよと悩むようなところはありません。

 

| 3.ような人は、当たり前のようにその行動範囲は広くはない

行動範囲が狭いということ。めんどくさいが口癖となっているような人は、当たり前のようにその行動範囲は広くはないもの。

会話をするのは家族だったり身内だけということも多く、仕事では自分自身のデスクからほぼ動かないで、恋愛ではデートを渋って相手に怒られかねません。

基本的には親密な人間関係を構築していくのが億劫だと思っていて、仕事にしても恋愛でも、相手の性格などに合わせて行動することが面倒です。

 

 

 


めんどくさいが口癖の人はうざいもの、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.言葉には、様ざまな意味や気持が込められているという

素直じゃないという心理状況。実際にはめんどくさいという言葉には、様ざまな意味や気持が込められているというもの。

特に言葉で気持ちを表すことが苦手な男性に多い見られ、恋愛ってめんどくさいという言い方は、相手の女性に甘えたいという心理の一つです。

但し、めんどくさいと一言だけ聞かされても、言われた側はその真意をすぐに読み取ることなどできず、本音は以心伝心するわけではありません。

 

| 2.一言で、会話を終わらせようとすることもあるものです

子供っぽいという心理状況。思春期ともなれば、親だったりや口うるさい教師と話すのが嫌で、めんどくさいと一言で、会話を終わらせようとすることもあるもの。

俗に言う反抗期の最中の子供であれば、周りの人たちもそんな年頃と理解しやすいのですが、大人になれば自然と会話を通じて互いを知ろうとするものです。

但し、中には思春期から成長し切れていない人もいて、どれほど年齢を重ねても、めんどくさいの一言で済ませようとする傾向があります。

 

| 3.テンションも高くなく、どこか冷めた雰囲気があるもの

冷めているという心理状況。めんどくさいが口癖ともなっている人は、基本的にテンションも高くなく、どこか冷めた雰囲気があるもの。

そもそもテンションが上がり気分が乗っている時に、めんどくさいと言う人などはほとんどいません。

面白くもない仕事や勉強に対して使っているのなら良いですが、恋愛関係で言われてしまうと、相手のテンションも下がることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

その頻度が半端なものではありません。ここでは、めんどくさいという口癖は直すことも必要?先々に繋げ逆転していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。