気になる人ができた際の考え方、ラインと夢占い、職場でのサインなど


男性でも女性でも誰かしら、気になる人がいるもの。そして気になる相手のことを、好きだと思う瞬間へと変わっていきます。ここではそんな男性や女性に対して、気になる人ができた際に先ず考えることや、気になる人とのライン職場でのサインについて見ていきます。

気になる人がいる方は、それぞれの取り扱うシーンを参考にしてください。

 

 


気になる人ができた際に、最初に考えること4つのスタイル


| 1.先ず考えることは、目論みを立てること

気になる人ができた際に先ず考えることは、目論みを立てること。女性であれ男性であれ、自分で恋愛を上手く進めるために、これから何をすべきかを考えます。

ただじっとしているだけでは、恋愛は首尾よく運びません。最近は男性の草食化が進み、女性が自ら動かないと恋愛が発展しないことも多くなっています。

例えば、彼や彼女と会う時間を多くするにはどうするのかや、共通の話題づくりをするにはどうするのかなど、やるべきことは盛りだくさん。こうした時間的接点が増え、共通の話題で盛り上がれるようになると、ようやく恋愛のテーブルにつくことができます。

 

| 2.趣味や仕事の内容から、共通の話題づくりがポイント

次に先ほど述べた共通の話題づくりがポイント。彼や彼女の趣味や仕事の内容をチェックします。そのなかで自分が興味を持てそうなことや、すでに知っていることで共通のテーマになりそうなことをセレクト。そして、どのような会話をすれば相手が反応してくれるかを考えます。

共通点があまりに少ないときは、相手の趣味を自ら体験してみるのがおすすめ。男性は、何かを始めたばかりの初心者女性に対し、やさしい傾向。女性の場合は教わるのも一つの方法。

 

| 3.行きたそうな場所を調べるのも有効な方法

相手が興味があり、行きたそうな場所を調べるのも有効な方法。本当であればデートの誘いをしたいところ。特によく知らない頃は、いきなり誘ってみるのはなかなか難しいものです。

なので、先ずは相手の行きたそうな場所を調べる手があります。観たい映画やスポーツなどが分かれば、さりげなく話題にもでき、一緒にということにもなります。

 

| 4.挨拶をしたり、自分から積極的に話しかける

気になる人に挨拶をするのは、とても大事なこと。なんといっても挨拶は、会話の引き金にもなるものです。挨拶をするときに、下の名前で呼ぶと注意を惹きます。もちろん自分から話しかけないと、二人の関係は発展しません。好きになったのなら、相手に積極的に話しかけます。

わからないことがあれば、聞いてみるのも方法の一つ。こうして相手との共通の話題が分ったら、LINEなどで連絡を取り合います。メッセージのやり取りを一度でもすれば、後になって気軽に色々なことが聞けます。

 


気になる人とのラインのきっかけや、脈ありなしの判断は


| 1.気になる人が好印象に感じるLINEのきっかけ

LINEの連絡先を聞く際ですが、好印象に感じる聞き方は男女とも、直接LINE教えてと言われること。2/3以上が直接LINE教えてと言われることが良いようです。

ほかには、よかったら連絡してと、連絡先を渡される場合。女性ではグループLINEから、友だち追加というのもいい数字です。やはり思い切りは無駄ではありません。

 

| 2.約7割の男女が好きな人へは、自分からLINEを送る

LINEの連絡先が分かったところで、気になるのはがあるのか、あるいは脈なしなのかということ。最初のメッセージは軽いもので大丈夫ですが、徐々と連絡が増えてくると気になるもの。

あるアンケート結果では、約70%ほどの男女が好きな人へは、自分からLINEを送るということが分かっています。逆にいうと気になる人からLINEの連絡がこない場合、それは脈なしの兆候かも知れません。

 

| 3.男女の大半が好きな人からのLINEは、そのままにしない

好きな相手は自分のことを、どう思っているのか心騒ぎもあるもの。そのことでLINEの送信を逡巡することもあります。アンケートでは返信をする場合、男女の大半が好きな人からのLINEは、そのままにしないと答えています。

そんな訳で、脈ありの場合はただちにLINEの返信がくると考えていいでしょう。ただ女性の5人に2人は放置と答えています。これは女性特有の駆け引きで、間隔をあけて返信するということ。好きな女性からのLINEの返信が遅い、と悩んでいる男性はあまり心配しなくても大丈夫

 

 

 


気になる人が夢に出ることの意味について考える


気になる人の夢をみたり、好きな人が夢に出て楽しい思いをすることもよくあります。スピリチュアルな夢占いなども多くあり、出てくる場面に分けて夢からくる暗示を解きあかしています。この章では気になる人が夢に出ることの意味について、その夢ごとに見ていきましょう。

| 1.好きな人が向こうから近づいてくる夢は、吉夢

好きな人が向こうから近づいてくる夢は、吉夢とされています。関係が良い方向に向かうことを指していて、積極的な行動がほしいところ。

夢占いでは、この夢を見た後は、気になる人からデートに突然誘われるなど、ハプニングの訪れを期待できるとなっています。自分からデートに誘ってみるなど、自己アピールをするとより恋愛の進み具合が早くなります。活発なアプローチが吉。

 

| 2.好きな人の背中を見守る夢は、気持ちが一方通行

好きな人の背中を見守る夢は、気持ちが一方通行であることを意味しています。この夢を見るということは、相手に嫌われないよう、自分自身を上手く表せていない可能性があります。

この片思いを成就させたいのなら、ちょっとずつでもいいので、自身のことを相手に伝えるよう努力すること。心を開けば、関係は発展するはずです。

 

| 3.意中の人と道ばたですれ違う夢は、2人の関係が一歩前進

意中の人と道ばたですれ違う夢は、2人の関係が一歩前へ進すむことを意味しています。恋愛発展のチャンスを逃さないためにも、相手の言動にいつも以上に注意することが大事。

ここだというタイミングを見つけたら、思いきってチャレンジしてみましょう。2人の関係が前向きになり、相思相愛になれるはずです。

 

| 4.好きな人が照れている仕草の夢は相手の好意

好きな人が照れている仕草をしている夢は、好意を相手が持ってくれていることを示唆する吉夢。この夢を見た時は、好きな人に話しかけてみるのが好ましいこと。

夢と同じように照れた仕草で接してくれるはずです。どんどんと話しかけたり、メールなどを送り接近することで、関係が発展します。活発なアプローチが吉。

 


気になる人との職場恋愛にみる男性側の態度


| 1.分かりやすいサインの一つが、特別扱いをすること。

上司なら仕事の量を減らしてくれたり、残業を仲間が手伝ってくれたり、自分だけに陣中見舞いを後輩がしてくれたりが特別扱い。周りと比べ歴然たる特別対応を感じさせる行動は、男性側の好意のサインの現れです。

もっとも分かりやすいサインの一つですが、男性は単純にできており、好意を持った相手には、意識しないで特別待遇してしまう傾向があります。

 

| 2.体調を心配してくれるのは、見逃せないサイン

体調を心配してくれるのは、見逃せないサインの一つです。好意を寄せていれば、少しでも好きな人が元気がない状態になれば心配するもの。

好きな人がやつれていれば、何とか力になりたいのが自然な態度。少しでも具合が悪ければ、その変化を見逃さず心配してくれるのも、日ごろから意識的に見ている証拠です。

 

| 3.触れ合いたい心理が現われるのが話しかけること

好きな人と少しでも触れ合いたい、そんな心理が典型的に現われるのが話しかけること。男性にとって惹かれることがなければ、自ら話題を振り無用な時間を使うことはありません。

職場は仕事をする場所であり、やらなくてはならないことが多くある環境。そんな中で他愛もない話をしたいと、思う人はそうはいません。勤務中でもよく話しかけてくる男性は、好感をそれだけ持っていて、会話の時間を愉しみたいと思っているからです。

 

まとめ

男性でも女性でも誰かしら、気になる人がいるもの。ここでは好きだと思う瞬間がやってきた、そんな男性や女性に対して、気になる人ができた際に先ず考えることや、気になる人とのラインや夢、職場でのサインについて見てきました。それぞれの取り扱うシーンを役ててください。