知っておくことは人生のメリット、親しみやすい人柄に変えていく方法


男性にしても女性にしても、気軽に相手してくれる親しみやすい人がいるもの。とても魅力的に見え、人見知りで口下手で悩む人にとっては、そんな人に憧れることも多くあります。

一般的には普段の振る舞いが穏やかで、人柄も友好的な話しやすい人のこと。また相手を選んで自身の態度を変えず、区切りをつけたり差別をすることがない、人当たりの良さを現すこともあります。

親しみやすい女性と呼ばれることは、ポジティブなイマジネーションを働かせるので、女性を褒めるケースで使用されます。同じ雰囲気を持つ言葉に馴れ馴れしいがありますが、こちらは親しくもない相手に、気兼ねしない失礼な態度で接するネガティブなもの。

ここでは、知っておくことは人生のメリット、親しみやすい人柄に変えていく方法を紹介しています。

 

 

 


性質的な面から分析の参考にしたいもの、親しみやすい人に関する特徴


 

| 1.社交性に富んでいる、優しい雰囲気が顔つきや表情から

社交的で他の人と会話するのが好きな人ということ。初対面の人からも何故か、声を掛けようかなと思われることが多いのが、親しみやすい人のユニークな特徴。

何故かと言えば、いつも笑顔で社交性に富んでいるので、その優しい雰囲気が顔つきや表情から滲み出ているから。親しみやすい人はお喋り自体も好きなことが多く、例え見知らぬ人であっても場を上手に繋ぎ、気まずい雰囲気にはなりません。

 

| 2.相手の立場や考え方を観察、適当な距離感で人と接する

謙虚で誰に対しても親切だということ。親しみやすい人は、相手が男性であれ女性であれ、どのような役職や肩書きの相手でも、互いに信頼し合える人間関係を作れます。

それは、親しみやすい人は慎み深さを忘れず、誰に対しても親切心を持っている人が多いという特徴があるから。自分の都合や願望だけを押しつけるのではなく、相手の立場や考え方を常に観察し、適当な距離感で人と接します。

 

| 3.格好をつけることがなく、相手に対して本来の姿で接する

見栄を張らないで、本来の自分をさらけ出せるということ。控えめな性格は自らの地位や実力を見せびらかしたり、それを使って周りを威圧することはありません。

親しみやすい人はどのような立場にあっても格好をつけることがなく、相手に対して本来の姿で接しようとする特徴があります。先に自己紹介をすることが多いので、相手に心を開いてもらいやすいという傾向があり、仲良くなるのも早いもの。

 

| 4.相手も配慮することなく、親近感を持って話しかけてくる

いつも明るく話し掛けやすいということ。親しみやすい人は、イライラ感があったり不満を抱えていても、滅多に周囲の人に当たることはありません。

沈んだ表情をしていたり、怒ったようなことがなく、どんな時も柔らかな明るさを持っている特徴があります。機嫌やテンションの釣り合いがとれているため、相手も配慮することなく、親近感を持って話しかけてくる場合が多くなります。

 

| 5.常時プラス思考で上を目指す姿勢を持つ、楽観的な考え方

楽観的で物事を積極的に捉えるということ。いつも活力に溢れていて、何となく楽しそうな表情をしてるのも、個性的な親しみやすい人に見られる特徴。

何故かと言えば、常時プラス思考で上を目指す姿勢を持っていて、のんきな考え方をしているから。ミスや失敗をしてしまっても思い悩むことがなく、どんなシーンも楽しもうとするのを忘れません。

 

 

 


次に分析の参考にしたいもの、親しみやすい人の行動面や行いの特徴


 

| 1.空気が悪くなる会話には参加しない、ポジティブな言葉

親しみやすい女性というのは、陰口などネガティブな言葉を口にしません。いつも抑え気味で、前向きな人が多いもの。

なので、人の陰口など周りの空気が悪くなるような会話には参加しません。元気が出るようなポジティブな言葉が会話の中心です。もちろん周囲の人たちを不愉快な気分にさせたり、敵をつくることが少ないという傾向。

 

| 2.先ずは行動することから出発、敏捷性があり主体性を持つ

小回りの利き行動力があるということ。親しみやすい人は、いつもそれなりに忙しくしていて、期待感を持った表情でいる傾向にあるもの。

それは、敏捷性があり主体性を持って動けるため、仕事でも恋愛でも自分がしたいように取り組んでいるという特徴があるため。見知らぬ人がいるシーンでも物怖じせず、先ずは行動することから出発してみようと考えています。

 

| 3.コミュニケーション力、友好的な人が多いという特徴が

友好的で乗りが良いということ。親しみやすい人というのは、相手がどんな人であれ、分け隔てなく接し区別したりしません。

どんな乗りであっても対応できる社交性や、コミュニケーション力を持っているので、友好的な人が多いという特徴。友達も数多くいて、単に会話するだけではなく、積極的に笑いを誘うことも多くあります。

 

| 4.初めて会う人たちを相手にしている時でも、楽しく会話

人の話を聞くのが巧みで、話し上手だということ。会話のスキルが高く、コミュニケーション能力にも優れているのが、親しみやすい人の特徴。自分が話すのも得意ですが、口下手な人でも上手く話せるよう、話題を引き出すのが巧みです。

相手が男性であれ女性であれ、初めて会う人たちを相手にしている時でも、楽しく会話をすることができる長所があります。

 

| 5.一人入って来るだけで、大きく雰囲気が変わることもある

いる場の雰囲気を明るくする、リーダー的存在ということ。重苦しい話が続くシーンでも、明るく楽しい空気感を持つ人が一人入って来るだけで、大きく雰囲気が変わることもあるもの。

親しみやすい人は、そうしたことができるリーダー的な一面があり、好影響を周囲に及ぼすのも特徴の一つ。側にいるだけで、その場が優しい明るさに包まれるため、友人関係でも会社でも重宝されます。

 

 

 


身の回りの雰囲気も大切なこと、親しみやすい人柄に変えていく方法


 

| 1.相手から認められるためにも、挨拶を交わすことが重要

最初にすべきことは、自分から挨拶をするということ。自分から挨拶をするということは、相手の存在をしっかり認めたことになります。手から認められるためにも、挨拶を交わすことが重要。もちろんこれが切っ掛けで、話をするにも繋がります。

なので挨拶は積極的に自分からしていくことが、親しみやすい人柄になるコツ。この時、相手の名前が分かっていれば、名前を呼ぶことで好印象を持ってもらうことができます。

 

| 2.笑顔で過ごす、とっつきやすく親しみのある雰囲気がでる

普段から笑顔で過ごすことを心掛けるということ。挨拶も笑顔でする人の方が、好印象を持ってもらえるもの。会話の内容なども大事なことですが、先ずは相手に安心感を与えることも効果的な方法。

日々できる限り笑顔で過ごし、とっつきやすく親しみのある雰囲気がでるようにします。そうすると、相手から話し掛けてくる機会も増え、自然に会話が増えます。

 

| 3.相手との信頼関係を築いていくためにも、注意を払いたい

話しをする時は相手の目を見てするということ。自ら積極的に話し掛けることを意識するのも重要ですが、
話しをする時はしっかり相手の目を見てするのがポイント。

これは相手との信頼関係を築いていくためにも、注意を払いたいところ。もちろん長い間じっと見つめて会話するというのではなく、適切に相手の目を見て会話をするということ。

 

| 4.話しを続ける、相槌を打つのは親しみやすい雰囲気を作る

会話の中途に相槌を打つということ。相手の話しの内容に沿って頷いたり、その際に言葉を発したりすること。人間は会話をする時、相手の反応を見ているもの。相槌など相手からの反応が薄ければ、自分の話を聞かれていないと思うかも知れません。

話しを続けさせる意味でも、相槌を打つのは親しみやすい雰囲気を作る一環です。もちろん相手の話にきちんと反応し、ほどよい相槌を打つことがポイント。

 

| 5.再び相手に振ることで、きちんと話を聞いている裏付けに

疑問に思ったことがあれば、拾いあげて話を振るということ。相手と会話している最中に、疑問に思っうことがあれば、その話題を相手に聞いてみます。相手から聞いた話を、再び相手に振ることで、こちらがきちんと話を聞いている裏付けにもなります。

さらに相手のことを詳しく知る事に繋がるので、疑問に思えば積極的に質問すること。こうすることでさらに会話が広がり、親しみやすい関係を築いていくことができます。

 

さらに引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

魅力的で憧れることも多くある人たちもいるもの。ここでは、知っておくことは人生のメリット、親しみやすい人柄に変えていく方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。