惨めな人生を主客転倒したいもの、逆転に結び付けていく具体的な術



日々を過ごしていると、惨めな人生を感じることがあるもの。大きな失恋をした時や欲しいものが変えない時など、人生が惨めなものに思えることがあります。

こうした惨めな人生がずっと続くななどは誰しも嫌なもので、終わりの時を迎えても納得できることなどあり得ません。

そんな惨めな人生をを変えるというのは40代になっても思うことですが、それほど難しいことではないという声も多々あります。

人生を変えるのは非常に大変で根気も必要に思えますが、連続した毎日の中で現在のこの瞬間だけ変えてみれば良いということにもなりかねません。

なので、人生が惨めと感じた際は、早速行動を起こすことが必要です。

ここでは、惨めな人生を主客転倒したいもの、逆転に結び付けていく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


惨めな人生を主客転倒したいもの、逆転に結び付けていく具体的な術


 

| 1.目標を設定し、達成を心掛けながら日常生活をするという

日々目標を設けて過ごすということ。無意味な時間が無駄で惨めな人生に繋がっているケースでは、簡単なもので良いので目標を設定し、達成を心掛けながら日常生活をするというもの。

部屋に籠りがちなようなら、1日1回は外に出て1万歩を目指して歩くようにしてみたり、できることからスタートするのも、逆転に結び付けていく具体的な術の一つ。

充実した毎日を過ごせるようになれば、己自身の日常に気後れすることがなくなり、惨めさや悲しみなども薄れていきます。

 

| 2.己自身を責め立てて惨めになってしまいかねないという

休息をしてストレス解消をするということ。思うように仕事の成果も上がらず、何とかしないとと焦っているケースでは、己自身を責め立てて惨めになってしまいかねないというもの。

そうした状況ではストレスを感じ更に落ち込むことにもなりかねず、長めの有給休暇を思い切って取得するなどして、旅に出かけるなどすれば惨めに感じていたことも忘れます。

ストレスを感じてきた時には、早めの気分転換を心掛けることが重要になる、逆転に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 3.環境にいるケースでは、そこから逃れていくのもやり方

惨めな気持ちになる環境へは近付かないということ。嫌味などのネガティブなことばかりを口にする人たちが多い環境にいるケースでは、そこから逃れていくのもやり方というもの。

ブラックな働き方を強要されているときは、早めに退職して転職先を探すとか、性格の悪い友人とは縁を切って残った人とだけ付き合うなどです。

己自身にプラスになる環境へ向かうことが重要で、ストレスになるような要因は躊躇なく断つのも、逆転に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 4.現在の心境を話すことにより、惨めさが払拭できることも

信用できる人物に相談するということ。親身になって話に耳を傾けてくれる信用できる人物に、現在の心境を話すことにより、惨めさが払拭できることもあるもの。

職場での嫌な出来事や恋愛関係で困っていることなど、信用できる人を誘い出して、悩みを打ち明けて気持ちを楽にするようにします。

但し、いつの間にか周りに話が広まってしまって、更に惨めな思いをすることもあるので、誰に打ち明けるは本気で考える必要もある、逆転に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 5.仕事を頑張って見返していくしか方法はないというもの

見返すための努力を積み重ねるということ。職場で後輩に追い抜かれて惨めな思いをしているケースでは、仕事を頑張って見返していくしか方法はないというもの。

同僚たちが嫌がるようことを進んで引き受けたり、誰も持っていないような資格取得をするなど、積極的なアピールをしていくのが、逆転に結び付けていく具体的な術の一つ。

惨めで悔しいからといって、努力もしないで文句や愚痴ばかりになるのは、己自身のレベルを落とすだけとなるので注意をします。

 

 

 

 


惨めな人生だったということも、注意しておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.ケースでは、不必要なプレッシャーが掛かりかねないと

周りの人たちと比べる癖があるということ。常に周りにいる誰かと己自身を比較しているケースでは、不必要なプレッシャーが掛かりかねないというもの。

誰かが成功したなどを目の当たりにしてしまえば、嫉妬心も湧き起こってしまうということになりかねません。

成功への道は己自身が見つけることが重要で、ライバルがいてもその人物が犯した過ちから学び、より高い価値感を持つよう心掛けます。

 

| 2.仕事を休んだり辞めてしまうような可能性が高くなると

己自身の許容範囲を超えて働くということ。週に50時間以上も働いているケースでは、まったく効率的ではなく、仕事を休んだり辞めてしまうような可能性が高くなるというもの。

上司が次から次へと仕事を依頼してきても、プライベート面で多くの予定があっても、己自身ができることには限界があるのを知るべきです。

同僚や友人に向かって断ることを学んだり、他の人に仕事を振ったりする技を覚えるよう心掛けます。

 

| 3.ケースでは、成功することから逆に遠ざかってしまうと

リスク回避するということ。失敗を恐れてリスクから逃れようとしたケースでは、成功することから逆に遠ざかってしまうというもの。

何でもやってみなければ、アイデアが浮かんだところで、成功に結び付くかも分からないということになりかねません。

失敗すればそれを経験則として今後に活かせば良く、反対に成功すればリスクを冒すことで良かったと言う風に思えます。

 

| 4.ところがあり、特に理由などもなく言葉を発することも

すぐ傷付いてしまうということ。人間は言いたい物事を自由に口にするところがあり、特に理由などもなく言葉を発することもあるもの。

何かの意見を言う度に、その言葉を聞いた人が傷付くなどは、頭の片隅にもないことが一般的です。

結果として、他の人の言葉を逐一捉えて傷付く必要などはなく、あまり真剣には受け止めないよう心掛けます。

 

 

 


自分の人生が惨めなのは様々なことから、覚えておきたいその原因面


 

| 1.己自身に対して、不甲斐なさを感じ惨めになるというもの

仕事で大きな失敗をしたということ。仕事で大きな失敗をしたケースでは、上手くできなかった己自身に対して、不甲斐なさを感じ惨めになるというもの。

それも自信満々で引き受けた業務で大きなミスを犯して、関係各所に向かって迷惑をかけてしまった時などです。

こうしたことは頭の片隅にもなかったと、悲しい気持ちになって惨めな人生を感じることにもなりかねません。

 

| 2.時間を無駄にしている気がして、惨めな気持ちになること

時間の無駄を痛切に感じたということ。休日に部屋で一人切りで過ごしているケースでは、時間を無駄にしている気がして、惨めな気持ちになることがあるもの。

職場の同僚たちは旅行へ出掛けていても、己自身は部屋から一歩も出ることもなく、漫然と過ごしているような時です。

楽しくやっている人たちを思い浮かべ、比べて無駄な時間を過ごしている己自身の境遇に、惨めな人生を感じることになりかねません。

 

| 3.ケースでは、己自身が劣っている感覚を持ってしまうと

大きな差を同期に感じたということ。肩を並べているような人たちが、差をつてけ先に進んでしまったケースでは、己自身が劣っている感覚を持ってしまうというもの。

先に職場の同期が出世するなど、周りの人たちが変化していく中で、己自身が何も変わっていなければ、焦りも湧き起こり惨めな気持ちになりかねません。

 

 

 

まとめ

自分の人生が惨めと思うことがあります。ここでは、惨めな人生を主客転倒したいもの、逆転に結び付けていく具体的な術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。