口がうまい人に丸め込まれないようにしたいもの、注意深く対処する術



身の回りを見渡すと、口がうまい人がいるもの。話し方が非常に上手で説得力があって、相手を言葉だけで説き伏せてしまうような人。

そんな口が上手い人は、女性にしても男性にしても信用できないので嫌い、世間にはそうした声も多々あります。

そういった意味では口がうまい人というのは、どちらかと言えばネガティブな意味合いで受け取られていることに疑いはありません。

一方で、それほど話が上手くない人だったり、いわゆる話下手という人から見れば憧れるところもあります。

なので、そういった人が身近にいる時は、参考にしたりするのは無論のこと、一歩引いて向き合うことがポイントともなりかねません。

ここでは、口がうまい人に丸め込まれないようにしたいもの、注意深く対処する術を紹介しています。

 

 

 


口がうまい人に丸め込まれないようにしたいもの、注意深く対処する術


 

| 1.確信犯的に言いくるめてくるようなことも案外あるもの

褒め立てて怯ませるということ。口がうまい人は嫌な仕事を押し付けてくるなど、確信犯的に言いくるめてくるようなことも案外あるもの。

もし口がうまい人が必要以上に褒めてきたケースでは、負けずに己自身も褒め立てて怯ませるのが、注意深く対処する術の一つ。

そうすることにより、口がうまい人の勢いを一旦削ぐことができ、怯ませていくにはいきなり褒めることが有効で、冷静に考える時間が持てます。

 

| 2.気付いた瞬間から話半分受け流すのも良いやり方という

話半分で受け流すということ。口がうまい人がやたらと褒めてくる時は、気付いた瞬間から話半分受け流すのも良いやり方というもの。

全てを鵜呑みにしていては、己自身のペースを奪われることになり、こうした手口で営業成績をUPさせとぃる人も中にはいます。

話半分と言っても、どうやったら良いか分からない人は、会話術を盗んでしまうのも良く、相手の話を分析し己自身のものにするようにします。

こうすることにより、口車に乗せられることも少なくなり、己自身の会話術のレベルも向上する、注意深く対処する術の一つ。

 

| 3.社会勉強という具合に踏ん切りを付け次に備えるという

踏ん切りを付け次に備えるということ。もし丸め込まれ嫌な仕事を任されたケースでは、社会勉強という具合に踏ん切りを付け次に備えるというもの。

気付けば己のところだけ資料が山積みで、褒め称えていた口がうまい人、定時で仕事を終えて飲み会に行った、そんなことがあるかも知れません。

そうした時は本当に悔しいものですが、これも社会勉強と踏ん切りを付け、次に騙されない己自身を作ることが、注意深く対処する術の一つ。

様ざまな人が社会にはいるので、どうやってそんな問題を己自身の将来に役立てるか、そうしたことを考えることが重要ポイントになります。

 

| 4.態度に露わにするのはやめて話を早く切り上げるという

態度に露わにしないで早く話を切り上げるということ。口がうまい上司だったり先輩など目上の人を相手にするケースでは、態度に露わにするのはやめて話を早く切り上げるというもの。

相対する時間をできる限り短くするために、角が立たないよう早く話を切り上げるよう心掛けるのが、注意深く対処する術の一つ。

話を切り上げる秘訣としては、なるほどととかそうですねなど、相手の話を更に引き出していくような反応を極力しないようにします。

良いの言葉は分かりましたとか注意しますなど、話を完了させるような言い方を心掛けて多くします。

 

 

 


口が上手い人は仕事で大いに役立つもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.喋って貰える、そういったことを心掛けているというもの

表情的にも穏やかということ。口がうまい人に見られるのが、相手に対して気持ちよく喋って貰える、そういったことを心掛けているというもの。

穏やかな表情をして対応することにより、相手を落ち着いた気持ちにさせるのが非常に上手いという面があります。

そういった穏やかな表情をして話を聞いてくれれば、自己の承認欲求も満たされるので、更に話したいと思う人も多くいます。

 

| 2.いい加減なこと言っていると受け取られているというもの

観察力を持っているということ。口がうまい人は口先だけという風に見られることも多く、いい加減なこと言っていると受け取られているというもの。

但し、いい加減なことばかりを口にしている訳ではなく、実際には非常に良く他の人たちを詳しく観察しています。

多くの人が見逃しそうな小さなところにも気が付けるので、他者の長所を発見しやすいという能力があります。

 

| 3.受け止められ、見る目が厳しい人からは敬遠されることも

口だけと思われるということ。口がうまい人は、いわゆるお調子者と受け止められ、見る目が厳しい人からは敬遠されることもあるもの。

人の長所を発見できるような素晴らしい能力を持っているのに、信頼されないなそ少し可哀そうかも知れません。

但し、口がうまい人の中には、心の奥底でずる賢いようなことを企んでいる、そんな人がいることもまた一つの事実になります。

 

| 4.理解力などを考えて、思い遣りを持ちながら話せるという

分かりやすい言葉を使用するということ。口がうまい人に見られるのが、相手の理解力などを考えて、思い遣りを持ちながら話せるというもの。

難しい単語などは使わずに言い回しを変更してみたり、相手が共感しやすい言葉を選んだりと、日頃から相手に配慮することが普通になっています。

分かりやすい言葉を使っているので、複数の人が集まるような場でも、ついていけない人を出さず会話を続けられます。

 

 

 


口が達者な人は様ざまな面が見られるもの、覚えておきたいの心理状態


 

| 1.相手の関心を惹き付けられるような能力を持っているもの

ポジティブな思考パターンという心理状態。口がうまい人はどんなことを話すときでも、相手の関心を惹き付けられるような能力を持っているもの。

職場で上司に叱責されてやけ食いした話題など、己自身の身に起きたネガティブなことも、脳内でポジティブに転換して話せるので、相手の気持ちを明るくすることができます。

常にポジティブ思考をしていて、どんな時でも心が晴れ晴れする、そういった会話ができるのが、口がうまい人の面目躍如といったところです。

 

| 2.遮ってばかりだったり、極端に早口の人では話づらくなる

相手のリズムに合わせられる心理状態。話している相手が己自身比べて、話を途中で遮ってばかりだったり、極端に早口の人では話づらくなるもの。

口が上手い人は、目の前の相手のリズムに調子を合わせられるので、好かれるのはもちろん、無意識に話したい気分にさせていることにも多々あります。

デート中などにも相手に合わせた速さやテンポで話ができれば、己自身がしたい話を聞いてくれると好意を抱くのはある意味当然です。

 

| 3.喋りますが、論理的な思考パターンにも長けているという

話の順序が明確な心理状態。口が上手い人は口から先に生まれたと勘違いするほど良く喋りますが、論理的な思考パターンにも長けているというもの。

仕事などでも交渉の場で理由や具体例に結果など、相手の心に響く意思疎通が図れるので、相手の理解度もとても高まります。

話の順序が明確なで伝わりやすい結果、交渉が成立することも非常に多く仕事も上手くいきます。

 

 

 

まとめ

言葉だけで説き伏せてしまうような人。ここでは、口がうまい人に丸め込まれないようにしたいもの、注意深く対処する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。