話しかけるのが苦手な人は覚えておきたい、上手に注意を促す具体策


新しい年度を迎えると、それぞれに新しい仲間を迎え、社会人生活や学生生活を過ごすことになります。そんなとき、あの人と話してみたいという出会いもあるもの。ただ、内気な性格や人に馴染まないタイプの人は、話しかけるのが苦手ということにもなります。

また、話しかけるなオーラを纏ったような人もいて、さらに話しかける勇気が萎むことにもなりかねません。しかし、この状況を変えて行かないと、どこまで行っても仲間と呼べる人間や新しい友人を増やすことは出来ません。

まったく見知らぬ人に話しかけるのは、自分自身が思っている以上に勇ましさが必要になります。ここでは、話しかけるのが苦手な人は覚えておきたい、上手に注意を促す具体策を紹介しています。

 

 

 


呼びかけることが難しい人は知っておきたい、自分の内面的な特徴など


 

| 1.周りの人が不首尾に終わったと思わなくても、自ら失敗と

相手の反応を気にし過ぎるということ。自身から呼びかけられない人は、話しかけて失敗したらや、素っ気ない態度をとられたらなど、ネガティブな思いを強く抱きがち。相手の反応を気にし過ぎるあまり、自ら呼びかけるのを躊躇してしまうということ。

こんなタイプは、周りの人が不首尾に終わったと思わなくても、自ら失敗と引きずることがあります。そのことをいつまでも覚えているため、段々と自分から呼びかけるのがになってしまう傾向。

 

| 2.呼びかけようとして、何を話すか考え込む人は珍しくない

何を話したら良いか分からないということ。これはシンプルに話しかける為の話題が見つからないという事例です。社会人生活や学生生活を過ごしていると、周りに話しかけてみたいという人物が一人や二人はいるもの。

そんな時、さあ呼びかけようとしても、何を話すか考え込む人は珍しくありません。さらに初対面の相手で、性格も把握できていない場合はなおさらです。

 

| 3.考え込む性格が災い、結局は最後まで話しかけられない

人見知りが激しいや内気な人ということ。一般的にコミュニケーションが不得手な人は、呼びかけても最初の1歩目で躓くことが多いもの。こういった人は、一人一人の人間しての関係を深めていくのにも苦労します。

さらに考え込む性格が災いして無駄に時間が過ぎ、結局その場では最後まで話しかけられないことが多くなります。一朝一夕に性格が治ることはないですが、知っておくことが大切なこと。

 

 

 


さらに話しかけるのが困難、話しかけるなオーラを被っている人の特徴


 

| 1.忙しそうにしている人たち、話しかけにくい雰囲気を放つ

話しかけるなオーラを出している人の特徴の1番手が、忙しそうにしているということ。これは、話している暇などない、そんな無言のアピール。忙しそうにしている人たちは、周囲に今話しかけると迷惑になるという気持ちを生じさせ、話しかけにくい雰囲気を放っています。

周りからみても、忙しそうにしていたり、何かに没頭していたりする人には、邪魔したくない気持ちが大きくなるので呼びかけることができません。

 

| 2.無関心であることを強調、相手と目を合わすことを避ける

目を合わせないということ。この話しかけるなオーラは、会話に関心を持ってないことをアピールしています。会話を続けたくなかったり、話しかけて欲しくない場合、無関心であることを強調するため、とにかく相手と目を合わすことを避けます。

会話のアイコンタクトは、相手に気持ちを伝える大事な行為の一つ。一切目が合わないと、話しかけている側は拒絶されている感覚に陥ります。

 

| 3.周囲の人に話しかける気力を失わせ、呼びかけるのを躊躇

携帯電話やスマホばかりを見ているということ。携帯電話やスマートフォンばかりを見て、自身の世界に没入し、今これに集中していると話しかけるなオーラ被っています。これは周囲の人に話しかける気力を失わせ、呼びかけるのを躊躇させてしまうことに。

話しかけるなオーラを本気で出している人は、用事がないのにスマホを手に取り、自らの世界に没頭することで呼びかける隙を与えません。

 

| 4.会話も弾まない、話しかける方は次からためらうことに

人の話に生返事をしたり相槌を打たないということ。これは話しかけてみてから分かる、話しかけるなオーラの一つです。

会話をしている中で、生返事しかしなかったり、相槌を打たなかったりすると、きちんと話を聞いているのか判らない上に、会話も弾まないので、話しかける方からすると次から話しかけるのをためらいます

 

| 5.負の感情を周囲に見せるのは、可能な限り避けたいもの

不機嫌そうだったり、イライラしているということ。あからさまに不機嫌そうだったりイライラしていると、呼びかけても良い会話ができないのは目に見えるので、周りも話しかけることはしません。

人間はできるだけ外面を良くしたい願望があるので、イライラしたりする負の感情を周囲に見せるのは、可能な限り避けたいもの。なので、明らかに不機嫌そうだったり、イライラしているとアピールするのは、話しかけるなオーラを全開にしている証拠の一つ。

 

 

 


内気な性格であってもすぐに始められる、上手に人の注意を引くコツ


 

| 1.話しかける目標達成、天気ネタは仲良くなる切っ掛けに

天気のことを話題に持ってくるということ。天気ネタは定番フレーズともされることで、人間関係を築き上げるには不可欠なもの。天気や気候の話の良いところは、話す相手も同じ環境で暮らしているため、共感をもたれやすいところです。

例を挙げると、今日の天気だけでなく、週末も雨みたいですねなど、話しかけるという目標達成は割と楽なもの。天気ネタは、仲良くなるための切っ掛けにもなります。

 

| 2.挨拶なら相手も不愉快に感じない、気持ちよく返事を返す

最初の切っ掛けは挨拶でをつかむということ。知らない人に話しかけるとき、何か一言口に出したいけど、勇気を出せないことも多いもの。いきなり盛り上がるような会話はできないので、先ずは挨拶をすることにより、自ら相手に呼びかけてみます。

挨拶なら相手も不愉快に感じないで、気持ちよく返事を返してくれるもの。そのように最初のやり取りができると、次の話題も提供しやすくなります。

 

| 3.良いところを褒めてあげる、警戒心がなくなり心を開く

呼びかけるのが苦手な人は、話題を探すのにとても苦労しているはず。コミュニケーションをとる為には、最初の切っ掛けがとても大切なもの。相手にこちらの存在を意識してもらう為には、褒め言葉で近づくのが一つのコツになります。

ファッションをはじめ、髪型や仕草、持ち物など良いところを褒めてあげると、警戒心がなくなり心を開きやすくなります。褒めてくれる人には、次の会話にも移行しやすくなるもの。

 

| 4.同じ職場業務や学校の人であれば、話の内容も理解する

共通の話題を見つけていくということ。天気ネタなどもそうですが、人間は共通した話題を持ち出されると、会話が弾みやすいもの。内容を知らない人には分らないことばかりですが、同じ職場業務や学校の人であれば、話の内容なども理解することができます。

共通した話題を持ち出すのは、積極的に試してみるのがコツ。ただ同じ内容だけだと詰まらないとなるので、時折ほかの話題も織り交ぜることを意識します。

 

| 5.急接近できる機会、聞き上手を目標に質問上手になること

質問をして話題を広げていくということ。コミュニケーション能力が高いとされる人は、相手側の話を聞くのが非常に上手です。聞くのが上手な能力は、相手に話をさせるスキルがあるから。それは相手に質問するということ。

人間は自身の話を聞いてくれる人に対し、親近感が湧きやすくできています。急接近できる機会があれば、聞き上手を目標に質問上手になること。

 

オーラを変える。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

話してみたいという出会いもあるもの。話しかけるのが苦手な人は覚えておきたい、上手に注意を促す具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください.