頑張れるのは心の支えがあるから、一つは欲しい心の拠り所を探す方法


心の拠り所が一つあると、何があっても頑張れると思うもの。自身を取り巻く環境や状況が日々変化していきますが、積極果敢にこれで生きていける、心中にそうした心の拠り所を抱いている人は、まぶしく見えるものです。

そもそも心の拠り所とは、ある事柄を魂の拠り所にすることですが、それは精神的支柱だったり、心の支えだったり、生き甲斐とするものなどさまざまです。それは恋愛などにも顕著に表れ、男性が心の拠り所とする女性像なども広く知られているもの。

また、どんなに付け入る隙がない目標を持っていても、往々にして心が折れたり揺らいだりすることもがあります。その際は、自らを支えるため心の拠り所は、是非とも欲しいところ。

ここでは、頑張れるのは心の支えがあるから、一つは欲しい心の拠り所を探す方法を紹介しています。

 

 

 


心の支えが欲しい人は覚えておきたい、心の拠り所がメリットになる事


 

| 1.支えが欲しい、頼れる味方になってくれるのが心の拠り所

心が折れるのを押しとどめてくれるということ。悩み込んだり疲れ果て、日常生活のなかでは休憩したくなることもあって至極当然。

ただ、誰かに心の内のすべてをさらけ出して、相談するというのも年齢ととともに難しくなるもの。精神的に疲れた心の支えが欲しい、そんな時に頼れる味方になってくれるのが心の拠り所です。

 

| 2.毎日の充実度、生き甲斐と思えるようなことに時間を割く

心の拠り所の意味からすると、何かことが発生した際、心を支えてくれるもの。これは同時に慰めや癒しの効果を備え、気力を生みだし励みとなるもの、いわば生きがいとなるものです。

日々を淡々と暮らすのではなく少しの間でも、これが自分の生き甲斐と思えるようなことに時間を割ければ、毎日の充実度が上がります。

 

| 3.心の拠り所の事柄を思い浮かべるだけで、何となく安心感

安心感を与えてくれるものであるということ。何か意外なことがあっても、帰る所があるという揺るぎ無い思いがあると、人間は強くなるもの。

心の拠り所とは、そんな心の支えが欲しい人にとって、手掛かりにすべき目標でもあります。なので、心の拠り所にしている事柄が脳裏に浮かぶだけで、何故か安心感を得ることができます。この安心感は次に引き継ぐもの。

 

 

 


こちらもチェックしておきたい、男性が心の拠り所にする女性の特徴


 

| 1.穏やかな態度で笑顔でいる女性には、男性も近寄りやすく

心の支えが欲しい男性からすると、いつも穏やかでいる女性は心の拠り所となるもの。すぐ怒ったり泣いたりする情緒不安定な女性には、気軽に男性は近づくこともできません。特に、常に何かに怒っていたり、すぐに感情が爆発するようなタイプの女性は、最も苦手なものに感じます。

反対に、いつも穏やかな態度で笑顔でいることが多い女性には、自然と男性も近寄りやすくなるもの。それは心の拠り所へと繋がっていく可能性も大。

|  2.包み隠さず何でも言い合える仲になる、心の拠り所へと

心の支えになる彼女といえば、なんでも喋りやすく色々なことを話せる女性。こんな人には、男性も自分の素顔を見せられるもの。どうでもいい下らない話や、愚痴や仕事の悩み、そしてほんの少しの悪口なども言えたりする女性は、他の人とは違った立ち位置の存在。

自身を信用してくれる女性のことは、男性も徐々に信用していくもの。包み隠さず何でも言い合える仲になると、心の拠り所へと繋がります。

 

| 3.男性の言動を受け入れる姿勢を見せる女性、心の拠り所に

心の支えになる人が居ない男性から見ると、疑ってかかることをしない女性は重宝なものです。有無を言わさないで疑われることが多いと、この人は自分を信用していないと男性は感じるもの。

これでは二人の仲は深まりませんし、最悪のケースでは敵がい心を持たれる危険性もあるかも知れません。なので疑って掛かるようなことはしないで、一旦男性の言動や考え方を受け入れる姿勢を見せる女性は、心の拠り所になる可能性が大。

 

| 4.心の拠り所になる、流されない確固とした意見を持つ女性

心の支えとなる女性は、周囲に流されない見解を持っている人ということ。自身の意見や考え方を明確に持っている女性は、男性から見ても非常に魅力的に見えます。そういう女性に対しては、意見を聞いてみたり、話をしたいと思うので、何かあった際は声を掛けてみたくもなるもの。

気遣いや空気を読むのも大事ですが、周囲に流されない確固とした意見を持っている女性は、心の拠り所になる可能性が大。

 

 

 


心の拠り所がないと感じる人は知っておきたい、そう思う心理的な要因


 

| 1.安心する場所がない、子どもは親を心の拠り所にできない

心の支えがない人の最初に考えられる要因は、幼少時代の家庭に若干の問題があり、親や家庭が心の拠り所に至らなかった事例。例を挙げると、両親の仲が悪く、いつも反目し合って喧嘩しているなど、安らげる場所がないと、子どもとしては親を心の拠り所にはできません。

その状況では、家庭にいても安心することはできず、ゆっくりと心を休ませることができないもの。なので、自らの居場所確保のため、部屋の中に閉じ籠ったり、ネットやゲーム世界を心の拠り所にすることもあります。

 

| 2.母親に甘えることができず、心の拠り所にはならないもの

母親が不安定で甘えられなかったという要因。母親が非常に病弱なタイプで、入退院を繰り返していたり、精神的に情緒不安定な事例もあります。子どもとしては、安心して母親に甘えることができず、心の拠り所にはならないもの。

逆に母親に気を使うことで、母親が安心できるように、必死になって気を配る性格になることも。中には丸で親子が置き換わったかのように、子供自身が母親の心の拠り所になることもあります。

 

| 3.家庭の安心感や充足感がなく、空虚で孤独な感覚を持つ

問題となるのは前述した子供時代を過ごすと、自分自身が安らげる所がないまま、大人へと成長してしまうところ。そうすると自立する前の、家庭においての安心感や充足感がなく、常時どこか空虚で孤独な感覚を持ち続けることになります。

努力して結果を出したものの、それさえどこか虚しい気がして、何のために自分は努力するのか分らなくなるもの。心の拠り所を感じない人は、何をしても心が満たされない空虚感に囚われています。

 

 

 


心の拠り所とは何かを知ること、明日に向かって生きる活力を得る方法


 

| 1.ふとした瞬間に自分の居場所が欲しくなる、心の拠り所

精神をほぐす生きる支えということ。人間とというのは日々の生活の中で、実際にさまざまな決断や選択を迫られているもの。自分では何気なく決めているような些細な選択の一つ一つでさえ、実は非常なパワーとヴァイタリティを消耗しながら決断を下しています。

決断に掛かる時間が多いほど、それに従って自らの心への負担も段々と大きくなっていくもの。こうした日々を送っていると、ふとした瞬間に自分の居場所が欲しくなってきます。

それが心の拠り所というもの。自分が心底安心できる場所を持っていると、悩みや迷いといった感情から心を解放することができます。心の拠り所は、精神をほぐしてくれるもの。

 

| 2.快楽ではなく、自らのサンクチュアリに逃げ込むという道

ほんの少し強くなれる場所ということ。スポーツや趣味の世界では、諦めが肝心という言葉の通り、いくつかの段階で見切りをつけ諦めることも大事。

ただ、人生では諦めることは、どんな環境や状況になってもしてはならないもの。自分の人生には、諦めるという選択肢はありません。なので疲弊したときに逃げ込むのは快楽ではなく、自らのサンクチュアリに逃げ込むという道が一つ。

心が疲弊し切っている現代人に本質的に必要なものは、自分自身を守りそこにいることで、ほんの少し強くなれる心の拠り所ということ。自身が裏切らないで信じ続けることができれば、ここぞという時に心の拠り所に駆け込むことができます。

 

| 3.二次元世界であるゲームの中や漫画の世界、自身の居場所

本来の自分に戻って生きられる場所ということ。多くの人にとり安心できる心の拠り所は、自らのことを理解してくれる人たちがいる場所。それは家庭だったり、友人たちとの集まりの場だったり、あるいは勤務先だったりするかも知れない。

さらに、二次元世界であるゲームの中や漫画の世界に、自身の居場所を見つける人もいるもの。虚構の世界というと現実世界の逃避場所であり、その人気はまさしく心の拠り所とも呼べるもの。そうした場所を何か一つでも持つことで、少しだけ人は強くなれ、本来の自分に戻って生きられます。

 

| 4.疲れたときに安心できる場所に駆け込むこと、適切な判断

自分を信じる大切さを再認識させてくれる場所ということ。自分らしく生きる前提として、自らを信じていることが重要。そうでなければ、他の人の言動により自身の素行が振り回されてしまったり、何が正しのか分からなくなることも。

矛盾していますが、心を乱したり惑わせたりして疲れさせるのは、いつも他人ということ。一切関わりを持たないで生きていくことはできませんが、疲れたときに安心できる場所に駆け込むことで、振り回されず適切な判断ができます。

自分を見失ってしまうことから身を守るためにも、心の拠り所を有することが求められます。

 

| 5.トラウマが癒される、心の拠り所がないという意識は消え

人の心は十人十色という言葉もあり、心の拠り所についてもそれぞれ。寄り添える存在や安心できる所がない、そんな人は幼少期の心の傷(トラウマ)が要因かも知れません。それは孤独感や虚無感という感情であり、子どもの頃に無意識に感じていた不安感だとも言えます。

このトラウマが癒されれば、自然な流れで心の拠り所がないという意識は消え、自らを心の拠り所にできるようになるもの。心理的手法で幼い頃のトラウマを癒し、自らを心の拠り所にするためには、毎日の具体的な取り組みと継続する時間がポイント。

こうしたスピリチュアルな視点から見た、解決法を探るのも大切なこと。

 

心の拠り所を引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

自身を取り巻く環境や状況が日々変化。ここでは、頑張れるのは心の支えがあるから、一つは欲しい心の拠り所を探す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。