なぜ生きるのかには答えもあるもの、思い悩んだときに必要な具体策



日々の暮らしの中で、なぜ生きるのかを考えることもあるもの。昔から問われてきた哲学的な問題の一つですが、現代では安住の地を得るためかも知れません。

但し、心配なのはなぜ生きるのかという問に対し答えが出ない場合、それが生きる意味の否定に繋がってしまうことです。

世襲の時代であれば、生まれついて決められた職業があり、それが自分自身のアイデンティティとなり、存在価値となっていました。

そのような縛りのない現代社会では、なぜ生きるのかの答えを、本や過去にあった哲学者の名言などに頼ることへと繋がりねません。

なので、答えを見つけるやり方を頭の隅に入れておけば役立ちます。

ここでは、なぜ生きるのかには答えもあるもの、思い悩んだときに必要な具体策を紹介しています。

 

 

 

 


なぜ生きるのかには答えもあるもの、思い悩んだときに必要な具体策


 

| 1.新しい何かをスタートさせることも1つの手段というもの

新しいことにチャレンジするということ。変わり映えしない毎日に変化をもたらすには、新しい何かをスタートさせることも1つの手段というもの。

無論のこと新しい趣味を見つけても良く、部屋の片付けだったり模様替えなど、普段の過ごし方が少しでも変化すれば、なぜ生きるのかに思い悩むことも減ってきます。

またフリーランスなどで働けば、日々新しい仕事や出会いもあり、飽きのこない毎日になる、思い悩んだときに必要な具体策の一つ。

 

| 2.趣味や年収にスタイルまで、この法則に該当するという

楽観的な人たちと一緒に過ごすということ。周囲の5人の平均が己自身、性格や考え方はもちろんのこと、趣味や年収にスタイルまで、この法則に該当するというもの。

この法則は己自身を変えるために活用でき、普段から付き合っている人を、楽観的な人たちしてみるのが、思い悩んだときに必要な具体策の一つ。

一緒に過ごしている時間が長くなるほど、楽観的な思考パターンに影響されて、なぜ生きるのかと人生を悲観する時も減っていきます。

 

| 3.ちょっとした嬉しい物事などを書き留めていくというもの

感謝日記を書いてみるということ。感謝日記はその日の一日の中で、ちょっとした嬉しい物事などを書き留めていくというもの。

その日のランチが美味しかったなど、ほんの些細な事柄で良く、スマホや手帳に書き込んでいくのが、思い悩んだときに必要な具体策の一つ。

感謝日記は週に1度程度書くだけでも、十分効果があり幸福感が高まるので、隙間時間を活用すれば気持ちも軽くなっていきます。

 

| 4.テレビ番組など、ポジティブに気持ちを上げていくという

ポジティブな気持ちになる作品に触れるということ。心が温かくなる映画だったり楽しいテレビ番組など、ポジティブに気持ちを上げていくというもの。

現実の嫌なことや不安なことは一旦脇に置き、心の底から笑ったり感動したりすることでストレスも軽減されます。

ほかにも、読むと元気が湧く本や漫画に気分が盛り上がる音楽など、なぜ生きるのかの疑問も忘れる、思い悩んだときに必要な具体策の一つ。

 

| 5.仕事にやり甲斐を感じている、そういった研究報告もある

趣味に熱中するということ。趣味が充実している人物は幸福感が高く、仕事にやり甲斐を感じている、そういった研究報告もあるもの。

時間が経つのも忘れて熱中できる趣味が1つでもあれば、やはり幸福度も大きく違ってくる、思い悩んだときに必要な具体策の一つ。

趣味と人に言えるほどのものでなくても、好きなことを好きなだけやる、そうした時間の意識があれば、毎日の生活にも張り合いが生まれます。

 

 

 


なぜ生きるのかは哲学者も悩ませたもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.気にしない人は、人生の目標や目的が明確になっている

人生の目標が曖昧ということ。問題やミスがあっても気にしない人は、人生の目標や目的が明確になっているというもの。

濃い霧の中を歩いていては、目的地に到着できるかどうか不安になって、どうすれば良いかということになりかねません。

人生の目標が曖昧になっているケースでは、霧の中を歩いている状況になり、不安だったり焦りも大きくなってしまいかねません。

反対に人生の目標が明確な場合、なぜ生きるのかと納得もでき、転んだり躓いても立ち上がって前へと進んでいけます。

 

| 2.他者との比較で生きる意味を考えてしまうことがあるもの

他者と比べる癖があるということ。己に自信を失っていたり、人と比べるのが習慣化していれば、他者との比較で生きる意味を考えてしまうことがあるもの。

同年代で成功している人間を見て、己自身は駄目だと、まるで価値がないように感じることになりかねません。

但し、どんな人間でも上を見ればキリがなく、また下を見てもキリがないというところがあります。

重要なのは他者と比較をしてしまう癖を手放すことで、なぜ生きるのかの疑問も少なくなります。

 

| 3.トラブルを、必要以上に重く受け止める傾向があるもの

真面目すぎる完璧主義者ということ。真面目すぎる完璧主義者は、小さな失敗だったりトラブルを、必要以上に重く受け止める傾向があるもの。

周りの人たちは全く気にしていない小さな失敗を、何日も続けて心配し思い悩むことにもなりかねません。

もちろん真面目な人は良い面もあり、完璧主義者が役立つ場面もありますが、心も身体も疲労困憊することにもなりかねません。

ある程度なら満足、そんな思考パターンに変えていくことで、なぜ生きるのかと思い詰めることも減ります。

 

 

 


なぜ生きるのかには名言も多いもの、注意しておきたいそう感じる瞬間


 

| 1.イベント等もない、そんな締りがない日常を過ごしている

変わり映えしない日々に気付いた時。職場と自宅との往復の毎日で、週末に大きなイベント等もない、そんな締りがない日常を過ごしているというもの。

人生は有限なのに、こんな具合に同じ日々の繰り返しをしてて良いのか、そんなことを覚えやすい環境で、なぜ生きるのかと感じる瞬間があります。

だからと言ってやりたい事などがあるわけでもなく、普段通りにスマホを眺めながら、一日が終わってしまうことになりかねません。

そうした変り映えしない日々を送る中で、生きる意味なども見失っているように思うことがあります。

 

| 2.発生した時は、気持ちも一気に塞ぎ込んでしまうという

人間関係でトラブルが発生した時。職場の人間関係だったり友人との関係で、何らかのトラブルが発生した時は、気持ちも一気に塞ぎ込んでしまうというもの。

相手に嫌な思いをさせたとか、嫌われたんじゃと心配している場合、メンタル面もどん底になってしまいがちです。

特に今まで仲の良かった同僚だったり親友との間に溝ができれば、立ち直れなくなることにも繋がりかねません。

恋愛関係で上手くいかない時だったり、失恋してしまった場合は、なぜ生きるのかと考えることになりかねません。

 

| 3.ミスやトラブル等は、避けて通ることができないという

仕事で大失敗を犯した時。社会の中で働いているケースでは、多少のミスやトラブル等は、避けて通ることができないというもの。

但し、問題が連続して起こったり、職場に大きな迷惑を及ぼすようなミスを犯してしまえば、心も落ち込んで立ち直れなくなることにもなりかねません。

心も身体も元気自体を失ってしまい、自分はなぜ生きるのかと、思い悩むことになりかねません。

 

 

 

まとめ

名言などに頼ることへと繋がりねません。ここでは、なぜ生きるのかには答えもあるもの、思い悩んだときに必要な具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。