負の感情をなくすのは逆転に結び付く、浄化することで上手く消す方法



日々の暮らしの中で、負の感情をなくすことを考えることがあるもの、不平や不満が募ったり不安が湧き起こるなど、ひとまとめにして負の感情と表現します。

こうした負の感情に心が支配されてしまえば、日常生活にも差し障りが出ることになるのはもちろんのこと、仕事のパフォーマンスが落ちてしまうことにもなりかねません。

負の感情しか湧かないというような時もありますが、人間は喜怒哀楽のある生物なので、ネガティブな感情が生じるのはむしろ当たり前となります。

こうした負の感情を気持ちに蓋をして無理になくすとか消すとかした場合、マイナス感情だけでなく楽しいとか嬉しいなどの感情まで感じ難くなるデメリットも出てきかねません。

なので、負の感情のエネルギーがコントロールができなくなる時には注意が必要です。

ここでは、負の感情をなくすのは逆転に結び付く、浄化することで上手く消す方法を紹介しています。

 

 

 


負の感情をなくすのは逆転に結び付く、浄化することで上手く消す方法


 

| 1.そういったことを理解することもなくすことに繋がると

負の感情自体を理解するということ。己自身がどんな場面で負の感情を抱いてしまうのか、そういったことを理解することもなくすことに繋がるというもの。

己自身の感情を正確に理解できれば、負の感情に対して気持ちの準備もできる上、対策を練ることも可能になる、浄化することで上手く消す方法の一つ。

負の感情を回避することは逃げることではなく、己自身の感情のコントロールするためには、非常に重要なポイントと言えます。

 

| 2.手軽に取り入れられて、実践できるものが軽い運動という

運動をするということ。負の感情をなくしていきたいケースでは、手軽に取り入れられて、実践できるものが軽い運動というもの。

心を穏やかにしていくのが目的であれば、10分程度の有酸素運動が向いていて、軽く歩いたりストレッチをするだけでも構いません。

負の感情が押し寄せてきそうな際は、運動してなくしていくことに繋がる、浄化することで上手く消す方法の一つ。

 

|   3.無理矢理に抑えている人も少なくはないというものです

正面から受け止めるということ。嫉妬心や怒りだったり妬みの感情を、大人げないからと無理矢理に抑えている人も少なくはないというもの。

我慢することなくそういった感情を正面から受け止めるのも、負の感情をなくすことに繋がる、浄化することで上手く消す方法の一つ。

感情を受け止めることによって気持ちが整理できると言われていて、それだけで負の感情が消えていくことにもなりかねません。

 

| 4.ポジティブな感情に切り替えるのは非常に困難になると

行動をするということ。一度負の感情に支配されてしまったケースでは、ポジティブな感情に切り替えるのは非常に困難になるというもの。

負の感情が露わになってしまう要因が分かっている時は、その状況を回避することが重要で、取り返しがつかなくなる以前の段階で行動するようにします。

感情が爆発する前段階の穏やかな心境で、相手に気持ちを伝えるのもなくすことに繋がる、浄化することで上手く消す方法の一つ。

 

| 5.伝染するように、ポジティブな思考もまた伝わって来る

ポジティブな人たちと交流するということ。負の感情が周りの人たちに伝染するように、ポジティブな思考もまた伝わって来るというもの。

結果として、人間関係を見直すことによって、負の感情に支配される時間を少なくする、浄化することで上手く消す方法の一つ。

己自身の感情に素直に向き合うことも大切ですが、ネガティブに考える癖がある時は、人付き合いを再検討してみれば新たな価値観にも出会えます。

 

 

 


負の感情をなくすには相手を知るところから、注意しておきたい種類


 

| 1.出来事や物事があり、それに向かって発せられる感情と

怒りの感情ということ。何かに対して怒っている状況で、別にターゲットになる出来事や物事があり、それに向かって発せられる感情というもの。

期待していた通りにことが進まない時や大切なものを傷付けられた時など、怒りの感情が湧き起こることになりかねません。

日常生活では最も身近にある負の感情とも言え、己自身の怒りだけではなく、周りの人たちの怒りの感情にも触れやすいものです。

 

| 2.行った時など、不安を感じてしまうのは珍しくはないもの

不安を覚えるということ。将来が見えないとか知らない場所に行った時など、不安を感じてしまうのは珍しくはないもの。

先行きも見えていないような状況で心がかき乱されている場合、不安を感じている証拠と言えます。

不安に感じるような瞬間が多いほど、負の感情に支配され心身共に疲れ果ててしまっていることにもなります。

 

| 3.身体が重くなるなど、身体的感覚を伴うような感情という

悲しみの感情ということ。悲しみは挫折感だったり失望感とともに、脱力感があったり身体が重くなるなど、身体的感覚を伴うような感情というもの。

それと同時に起こるのが、涙が出てきて泣いたりするほか、モチベーションだったり行動力の低下なども見られます。

 

| 4.孤独という感情を味わう人たちも増加しているというもの

孤独を覚えるということ。近年はテレワークをする人なども多くなり、孤独という感情を味わう人たちも増加しているというもの。

孤独は過去の体験や幼少期の愛情不足などが原因とも考えられますが、いずれも思い込みが中心にあると言われています。

 

| 5.性別や国籍を問わずに、誰もが持っている感情というもの

恥を覚えるということ。恥ずかしいと思う感情のことで、人間なら年齢をはじめ性別や国籍を問わずに、誰もが持っている感情というもの。

恥ずかしさを感じたケースでは、顔面が赤くなるなどの生体反応も見られ、その行動を即座にやめてしまうなどの傾向もあります。

 

 

 


負の感情をなくすには様ざまな面から、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.思われているのか、そうしたことを非常に気に掛けると

人に嫌われたくないという心理状態。負の感情を抱きやすい人は、他の人にどう己自身が思われているのか、そうしたことを非常に気に掛けるというもの。

人目を意識する余り他人が中心となっていて、己自身の自信も失い、嫌われたらどうしようと考えることになりかねません。

己自身の心の内に目を向けて、何故という部分を見るようにしなくてはならず、人目や評価を気にしていれば、負の感情が湧き上がることになりかねません。

 

| 2.ケースでは、己自身に対しても批判的になってしまうもの

人の意見を否定してしまう心理状態。負の感情に支配されたケースでは、己自身に対しても批判的になってしまうもの。

但し、こうした己自身に対して批判的、そんな感情が湧き起こっていますが、時折他者に向かってしまうことになりかねません。

なぜかと言うと、他者を批判している間は、己自身のことを批判しなくても済むからです。

 

| 3.心を開くことは難しく、気を遣い過ぎている箇所がある

他者に気を遣い過ぎるという心理状態。負の感情を抱きやすい人は、相手に向かって心を開くことは難しく、気を遣い過ぎている箇所があるというもの。

本当は気に掛ける必要などなくても、己自身の発言により嫌な思いをしている、そんな具合に捉えてしまうことにもなりかねません。

結果的に、他人を頼ることなどできないで、相手のことを信用することなど滅多にありません。

 

 

 

まとめ

ひとまとめにし負の感情と表現します。ここでは、負の感情をなくすのは逆転に結び付く、浄化することで上手く消す方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。