ギャップがある人に萌えることもあるもの、上手に演出していく具体策



人生を過ごしていると、ギャップがある人に萌えることもあるもの。ギャップ萌えなどという言葉があるように、人はギャップに魅力を感じることが少なくありません。

特にネガティブな印象からポジティブな印象へと変化するギャップは、より良いイメージを抱きやすくなると言われています。

もちろんギャップがある人は女性にも男性にもありますが、一見すると冷たそうに見えて、現実は優しいといったこともあります。

また、ギャップがある人に萌えて惹かれるのは、普段は誰にも見せていないような顔を、自分だけに見せてくれたという特別感があるものが一般的。

最終的に良いイメージへと変わるようなパターンが、ギャップ萌えがするシチュエーションになります。

ここでは、ギャップがある人に萌えることもあるもの、上手に演出していく具体策を紹介しています。

 

 

 


ギャップがある人に萌えることもあるもの、上手に演出していく具体策


 

| 1.周りから見た己自身の印象を理解する必要があるという

先ずは周りから見た己自身の印象を知るということ。ギャップがある人を演出していくためには、先ずは周りから見た己自身の印象を理解する必要があるというもの。

周りに対してどんな印象を与えているのかは己自身では気づき難く、ギャップ萌えというのは良い意味で持たれているイメージを裏切ることで成り立ちます。

家族だったり仲の良い友人など、己自身のことを良く知っている人に詳しく聞いてみるのも、上手に演出していく具体策の一つ。

 

| 2.与えているイメージとは、別の隔たりが前提ともなるもの

ミステリアスな雰囲気を基本にしておくということ。ギャップがある人を作っていくには、普段の状態で己が周りに与えているイメージとは、別の隔たりが前提ともなるもの。

結果として、ギャップのある瞬間を多くするため、できる限り己自身の情報を小出しにしておくのも効果的な、上手に演出していく具体策の一つ。

ミステリアスな雰囲気がある人は理解できないことも多く、知られていないような一面を表に出す機会も増えるため、ギャップ萌えも生まれやすくなります。

 

| 3.逆のギャップ萎えを防ぐのも、同様に重要ポイントという

マイナス点を予め伝えておくということ。ギャップがある人になることは非常に大事なことですが、逆のギャップ萎えを防ぐのも、同様に重要ポイントというもの。

知られていなかったようなマイナスな箇所が明るみに出てしまったケースでは、ギャップ萎えに結び付いてしまう可能性もあることになりかねません。

これを防止していくためには、気になる人に対しては己自身のマイナス点を予め伝えておくのも、上手に演出していく具体策の一つ。

 

| 4.服装や髪型などを、大きく変化させるのも効果的という

服装だったり髪型を大きく変化させるということ。ギャップ萌えというのは内面だけでなく外見でも表せ、TPOに合わせて服装や髪型などを、大きく変化させるのも効果的というもの。

職場内では動きやすいパンツ姿が多くても、二人で会う時は女性らしいスカートにするほか、髪型も職場では機能性を重視してプライベート面では変えるなどです。

ギャップがある人を狙っていくために、今まで開拓していなかったファッションジャンルにチャレンジするのも、上手に演出していく具体策の一つ。

 

| 5.瞬間を覚えるのは、2人切りになった際の女らしさという

2人切りになった時に女らしさを出すということ。男性が女性に対し大きくギャップのある瞬間を覚えるのは、2人切りになった際の女らしさというもの。

2人切りに時にだけ女らしさを見せるようにすれば、男性側は誰も知らない一面を知ることになり、優越感に浸れることにもなりかねません。

要点は職場などで大勢の人と一緒にいる時は普段通り接することで、二人で会う時にだけ態度を女らしく変えればギャップ萌えにもなる、上手に演出していく具体策の一つ。

 

 

 


ギャップがある人とはの理解が大事、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.印象と、実際の姿との間に大きな差が出ている状態という

良い意味で期待を裏切っているという心理状態。ギャップは己自身がその人に対して抱いていた印象と、実際の姿との間に大きな差が出ている状態というもの。

ギャップは悪い意味というばかりではなく、良い意味で裏切られてしまうこともあり、冷たい感じを覚えていた女性が他者に親切にしている場面に出会った時などです。

今まで持っていた冷たい印象は、良い意味合いで裏切られることになり、その女性に意外性を感じた際は、それこそギャップ萌えに陥ったということになりかねません。

 

| 2.相手の意外な一面を発見することから始まるのがほとんど

意外な一面を発見して相手は興味が沸くという心理状態。ギャップ萌えが芽生えるのは、相手の意外な一面を発見することから始まるのがほとんどというもの。

これまで関心がなかったような女性に対し、ギャップ萌えが切っ掛けにもなって興味が湧き上がるようなことがあります。

大人しい感じがしていた女性が、実際には休日にスポーツを楽しむアスリートだったりすると、男性はどんなスポーツかなど彼女の姿に興味が湧き起こります。

 

| 3.見せてくれたなど、優越感が得られるというポイントも

優越感が得られるという心理状態。男性が女性にギャップがある人を覚える心理に、己だけに見せてくれたなど、優越感が得られるというポイントもあるもの。

こうした女性のギャップを覚える瞬間というのは、基本的に普段の生活では見られずに、その瞬間を己だけに見せたと感じると、男性的には優越感を覚えることになりかねません。

誰も知らないような女性の意外性や一面を、己自身だけが知っている、それが優越感の切っ掛けになるのも、男性が女性にギャップ萌えを覚える心理の一つです。

 

 

 


ギャップがある人の意味が重要になる、覚えておきたいそんな特徴面


 

| 1.見た目のイメージに捉われず、好きなことや趣味を楽しむ

見た目と想像もつかない趣味があるということ。ギャップがある人というのは、己自身の見た目のイメージに捉われず、好きなことや趣味を楽しむというもの。

穏やかそうな人が格闘技をやっていたり、逆に強面に見えるような男性がアイドルの追っかけをするなどしているとギャップを感じかねません。

この人が想像もつかない趣味を持っていたなど驚く意外性が、ギャップがある萌えを感じさせることになりかねません。

 

| 2.態度を使い分けて変えるのもギャップがある人というもの

人前と2人切りではキャラが違うということ。時と場合だったり対する相手などによって、態度を使い分けて変えるのもギャップがある人というもの。

大勢の同僚の前では仕事を正確にする生真面目な人という印象でも、2人切りになると面白い人ということも多くあります。

人前では生真面目な姿勢を見せていても、心を許せる人と一緒のケースでは、無理はしないで本来の自分を見せるところがあります。

 

| 3.発揮できるのが、ギャップがある人に見受けられる傾向

いざという時に頼りになるということ。普段は控えめな様子でも、必要な際に力を発揮できるのが、ギャップがある人に見受けられる傾向というもの。

大人しくて頼りなさそうに感じていた人が、いざという際は普段の姿とは違って凄く頼りになり、見直してしまうということも珍しくありません。

期待もしていなかったような人物が、いざという場面で頼りになる姿を見せれば、素敵な人と感じてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

それを感じることが少なくありません。ここでは、ギャップがある人に萌えることもあるもの、上手に演出していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。