小賢しい人の末路も心配になるもの、注意深く向き合っていく対処策



身の回りを見渡すと、小賢しい人がいるもの。生意気なところがあり、利口ぶっていて抜け目がなく差し出がましい、あまり好ましい印象を持たれない人。

小賢しい人の意味を見ると、小賢しいという言葉は、賢いに小という文字が加わってできているものです。

このことからみれば、賢さの範囲そのものが限定されている、いわゆる悪いことにだけ賢さが発揮されるといった傾向を表していると言えます。

仕事などでも小賢しい人はいて、知ったかぶりをすることも多く、周囲の人たちに顰蹙を買うことにもなりかねません。

本当に物を良く知っている賢い人ほど多くを語りませんが、小賢しい人は沢山喋るので、側にいる時は注意も必要になります。

ここでは、小賢しい人の末路も心配になるもの、注意深く向き合っていく対処策を紹介しています。

 

 

 


小賢しい人の末路も心配になるもの、注意深く向き合っていく対処策


 

| 1.虚栄心があり、嘘を吐いたり物事を誇張して言うことが

振り回されないということ。小賢しい人は自分自身に強い虚栄心があり、嘘を吐いたり物事を誇張して言うことがあるもの。

以前話していたこととは違うことを、平気な顔をして言うこともあるので、その自己中心な言動に振り回されることにもなりかねません。

小賢しい人の、その場限りの言い分などは鵜呑みにはせず、適切な距離感で接するのも、注意深く向き合っていく対処策の一つ。

 

| 2.他の人から認められたい気持ちが強いところがあるという

意見は否定しないようにするということ。小賢しい人というのは、自分自身が優位に立って、他の人から認められたい気持ちが強いところがあるというもの。

なので、正面から自らの意見を否定された場合、逆上して言い争いになる可能性もあるということにもなりかねません。

小賢しい人と相対する際は、できる限り感情的にならず意見を否定しない、そんな態度の方が良いかも知れない、注意深く向き合っていく対処策の一つ。

 

| 3.複数人で話しをすることを意識してみるというものです

複数人で会話をするということ。小賢しい人と付き合うことが不得手な場合、複数人で話しをすることを意識してみるというもの。

二人で相対していれば、どうしても会話している状況から抜け出すことができなかったり、関係も深くなってしまうことにもなりかねません。

小賢しい人も、大勢の人たちの注目を長時間渡って集めるのは難しい、そう感じるはずで牽制になる、注意深く向き合っていく対処策の一つ。

 

| 4.避けてばかりという訳にはいかない時もあるというもの

敢えて頼ってみるということ。同じ職場内に小賢しい人がいる場合、避けてばかりという訳にはいかない時もあるというもの。

小賢しい人は頭の回転が早く、他の人間より上の立場になりたいという気持ちを心の中に持っています。

なので、相手の良い箇所を褒めてみたりと敢えて頼ってみることで、敵対視の対象からも外れる、注意深く向き合っていく対処策の一つ。

 

| 5.聞いてくれる人や、共感してくれる人が大好きというもの

重要な話でなければ聞き流すということ。小賢しい人は、自分自身の話を詳しく聞いてくれる人や、共感してくれる人が大好きというもの。

小賢しい人は気に入った相手に対しては際限なく喋ることにもなりかねず、聞いている側は疲れ果ててしまうということにもなりかねません。

仕事上の重要な話でない限りは、適度に聞き流すことも必要で、その態度を見て話すのをやめるかも知れない、注意深く向き合っていく対処策の一つ。

 

 

 


そこには様ざまな点が見られるもの、知っておきたい小賢しい人の特徴


 

| 1.ほんの些細なことも見栄を張ってしまうというものです

上から目線の態度をとるということ。小賢しい人は自分を良く見せたいという虚栄心が強く、ほんの些細なことも見栄を張ってしまうというもの。

また、他の人より優位な立場に立とうとして、口調が厳しくなったり、態度が大きくなるということにもなりかねません。

馬鹿にされたくないといった思いから、相手が初対面の人であっても上から目線の話しをすることにもなりかねません。

 

| 2.一般的に頭が良い人でもあり、それは長所でもあるという

頭の回転が早いということ。小賢しい人は頭の回転が早く、一般的に頭が良い人でもあり、それは長所でもあるというもの。

但し、小賢しい人は、その賢さを周囲の人たちのためではなく、自分自身だけが得をすることに使っているということにもなりかねません。

自らが損をしないよう常時計算しているので、余り自らの本心を明かさないということにもなりかねません。

 

| 3.媚を売るのも、小賢しい人が良く見せる行動の一つという

立場の上の人間に媚を売るということ。職場の上司だったり立場の上の人間に媚を売るのも、小賢しい人が良く見せる行動の一つというもの。

気に入られた時は自分にとって非常にプラスになる、そう判断した相手に対しては愛想よく振る舞います。

肩書きで人を判断するところがあるので、自分が気に入らない人に向かっては冷たい態度をとるということにもなりかねません。

 

| 4.思われたいので、専門用語だったり難しい言葉を多く使う

わざと難しい言葉を使うということ。小賢しい人は周囲の人たちに物知りと思われたいので、専門用語だったり難しい言葉を多く使うというもの。

但し、自らの知識を披露したいだけということもあり、相手が会話について来れなくてもまったく気にしません。

知識も浅いため、相手から質問をされた場合、説明することができないで右往左往するということにもなりかねません。

 

 

 


普段から様々な面が見られる、注意しておきたい小賢しい人の心理状況


 

| 1.知らないことは恥ずかしいこと、そんな風に思っている

無知な人間と思われたくないという心理状況。小賢しい人に見られるのが、知らないことは恥ずかしいこと、そんな風に思っているというもの。

知識がないことを相手に悟られたくない、そういった心理状況から、ついつい知ったかぶりをすることにもなりかねません。

恥ずかしいので、素直に相手に向かって聞くことができず、それだけプライドも高い人間と言うこともできます。

 

| 2.知識がない方が負けと思っているところがあるというもの

相手より上の立場にいたいという心理状況。小賢しい人に見受けられるのが、知識がない方が負けと思っているところがあるというもの。

なので、知ったかぶりををすることも多く、相手と話していれば、自然に知識比べのような形なるということにもなりかねません。

会話をして自分よりも知識量が豊富と感じる相手には、そのことを知っている振りをして相槌を打ちますが、逆に知識がないと感じる相手には、得意げに中途半端な知識を喋ります。

 

| 3.上から目線で指摘することで、悪印象を持たれるという

自信過剰という心理状況。小賢しい人に見られるのが、根拠のない過剰な自信があり、上から目線で指摘することで、悪印象を持たれるというもの。

自らに自信を持つことは大事ですが、実力が伴っていないにもか関わらず、自信過剰が故に的外れなアドバイスをすることにもなりかねません。

自己顕示欲が強い傾向にあるので、自らの良い箇所を知って欲しいと自慢話も多くなります。

そのため、話を大袈裟に盛っってみたり、他の人を下げるような真似をしたりして、自分を高める努力にを怠りません。

 

 

 

まとめ

またあまり好ましい印象を持たれない人。ここでは、小賢しい人の末路も心配になるもの、注意深く向き合っていく対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。