醜い人と向き合うのは取柄もあるもの、先々に向けて掴んでおきたい術



身近なところにも、醜い人がいるもの。顔が醜い人などは本人も気にしていることが多くあり、外見を指摘するのは良いことではありません。

人は醜い生き物という言葉もありますが、これは外見のみならず、心や精神的なことを述べているにすぎません。

人間は見た目で判断することが多いものですが、容姿などと言うものは年齢を重ねると、誰もが変わってきて当然というものです。

醜い日本人などと、場を盛り上げようとして、冗談にして揶揄うような人がいますが、周囲にいる人たちを不快にさせてはなりません。

但し、醜い人と付き合うのには長所も多く、予め知っておけば魅力的な人に近付きます。

ここでは、醜い人と向き合うのは取柄もあるもの、先々に向けて掴んでおきたい術を紹介しています。

 

 

 


醜い人と向き合うのは取柄もあるもの、先々に向けて掴んでおきたい術


 

| 1.会話をするケースでは、変に緊張してしまうというもの

緊張しないで自然体で向き合えるということ。男女に関わらずイケメンや美人など、見た目に非の打ち所がない人と会話をするケースでは、変に緊張してしまうというもの。

逆に、ルックスが並みだったり醜い人との対話は、さほど緊張しないで普段通りの変わらない態度で向き合える、先々に向けて掴んでおきたい術の一つ。

仮に美人女性と付き合えた時でも、デートの度に緊張しっ放しで、他の男性に盗られるのではとの不安や心配が頭を一杯にし、精神的に不安定な毎日を過ごすことになりかねません。

そもそも己自身の理想だったり見た目重視で女性を選ぶ、そういったことで疲弊するので、脇に置いて性格を最優先に女性と付き合えば緊張もしないで済みます。

 

| 2.ケースでは、浮気をされるリスクは格段に低くなるという

浮気をされるリスクが低いということ。美人な女性の周りに群がる男性の多さに比べ、見た目に劣る醜い人と付き合ったケースでは、浮気をされるリスクは格段に低くなるというもの。

男性が主導して誘惑しなくても、不倫や浮気が明るみになった場合、多少なりとも我が身に危険が及ぶので、リスクを冒すのであればせめて相手が美人でないと割に合いません。

結果的に、醜い人と付き合えば浮気されないよう過剰に監視するなど、そういった疲れる恋愛をしなくて済む、先々に向けて掴んでおきたい術の一つ。

 

| 3.そんな風に普段から思っている人が珍しくはないという

献身的な態度で尽くしてくれるということ。少し穿った見方ですが、美人な女性はして貰うのが当然、そんな風に普段から思っている人が珍しくはないというもの。

世間的に美人だったり可愛いと評される女性は、本人が特に何かをする訳でもなく、周りの人たちが勝手に甘やかすような機会が、醜い人に比べて圧倒的に多くあります。

醜い人は誰よりも見た目のコンプレックスで悩み苦しんできた過去があり、人の痛みに敏感という内面的なところがあります。

特に己自身を愛してくれる男性に関しては、献身的な態度で尽くしてくれる点も挙げられる、先々に向けて掴んでおきたい術の一つ。

 

| 4.メリットは、そのコストパフォーマンスの良さがあると

金銭面がかからないということ。敢えてストレートに言えば、醜い人と付き合うメリットは、そのコストパフォーマンスの良さがあるというもの。

下手に美人と交際してしまえば、プレゼント代や相手を喜ばせるようなサプライズ演出など、時間も金銭面も相当なものが必要になってしまいかねません。

毎回のデートに気を揉む必要もなく、何かと金銭的な負担を控え目にできるのも、先々に向けて掴んでおきたい術の一つ。

 

| 5.破局しても、それほどのショックは受けないというもの

失恋した後のショックが少ないということ。ストレートな言い方ともなりますが、素直に言えば醜い人と破局しても、それほどのショックは受けないというもの。

何よりも見た目を重視し付き合った女性と破局したケースでは、ましてや相手側から振られたときは、まるでこの世の終わりかのような様子にもなりかねません。

精神的にも病んでしまい落ち込むものですが、見た目重視という訳ではなく趣味や価値観等で交際相手を選んでいれば、別れても引き摺ることはない、先々に向けて掴んでおきたい術の一つ。

 

 

 


人の醜さには色々な箇所が見られるもの、覚えておきたいそうした特徴


 

| 1.汚いと判断すると、近寄りたくない感情も湧き起こると

肌が非常に荒れているということ。人間は綺麗なものに対して心が惹かれるところがあり、逆に汚いと判断すると、近寄りたくない感情も湧き起こるというもの。

これは肌についても一緒に言えることで、肌が汚くてもモテるタイプというのはいますが、男性からすると女性の肌の綺麗さを重要視する傾向があります。

ニキビなどの肌荒れは正しくスキンケアをして、睡眠を十分に取るほか食事に気をつけるなど、基本的なことを見直せば改善する可能性もあります。

 

| 2.それほどしていない、そういった人も意外に多いという

髪毛の手入れをしないということ。肌の手入れをしていても、髪の毛についてはそれほどしていない、そういった人も意外に多いというもの。

但し、髪の毛と言っても肌と同様で汚なければ、美意識が低いことも伝わることになり、醜い人と言われる切っ掛けにもなりかねません。

寝癖が付いていたとしても、ボサボサの髪のままで出掛けるような人は、無頓着なイメージを与えてしまうので注意も必要です。

 

| 3.唇が当たるようであれば、Eラインのない顔とされると

唇が前に出てしまっているということ。鼻から顎に向かって人差し指を当てた時、唇が当たるようであれば、Eラインのない顔とされるというもの。

Eラインがないのは醜い人とされる傾向の一つで、顔立ちが良いと呼ばれる人は、皆Eラインがあると言われています。

Eラインがない原因になるのは口呼吸からかも知れず、細菌などを吸い込むことがあり、衛生的に良くなく改善するよう鼻呼吸を意識します。

 

 

 


アジア人は醜いなどと言われるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.訳ではなく、生活の仕方についても関係があるというもの

清潔感が感じられない心理状態。清潔感があるなしは見た目だけという訳ではなく、生活の仕方についても関係があるというもの。

部屋が汚いことも多々あり、ゴミが放置されていたり物が散らかっているなど、面倒臭がりな人間は周囲の人たちに不潔なイメージを与えかねません。

このように周りの人たちに向かって不潔な印象を与えると、醜い人と思われてしまうことになりかねません。

 

| 2.二重顎になったりと、顔の輪郭もすっきりしないという

顔がすっきりしていない心理状態。醜い人に見られるのが、むくみが原因で二重顎になったりと、顔の輪郭もすっきりしないというもの。

水分や塩分の摂り過ぎやアルコールの過剰摂取等のほか、睡眠不足は顔の腫みに結び付くので、摂取量や生活習慣を見直す必要があります。

顔全体だったり頬のたるみは、加齢によるもの以外に姿勢の悪さや紫外線など、外的ダメージが関係していることも多々あります。

 

| 3.ファッションセンスに対して全く自信が持てないという

ファッションセンスが悪い心理状態。醜い人に見受けられるのが、ファッションセンスに対して全く自信が持てないというもの。

人は個々に好みがあるので、お洒落と言われるコーディネートを見ても、さほど魅力を感じないことになりかねません。

周囲の人にファッションセンスが悪い、そんな風に言われるケースでは、己自身に似合うスタイルが分かっていない可能性があります。

 

 

 

まとめ

外見を指摘するのは良いことではない。ここでは、醜い人と向き合うのは取柄もあるもの、先々に向けて掴んでおきたい術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。