嘘つきな人の末路はスピリチュアルに関係?不安にならずに向き合う術



身近なところにも、嘘つきな人がいるもの。そんな嘘つきな人は職場などにもいて、どう接すれば良いのか困惑することにもなりかねません。

こんな嘘つきな人は病気の場合もありますが、虚言癖が癖になっていれば、嘘を吐くのに明確な理由などはありません。

反対に背景がある時もあり、自分の能力だったり知識が足りていない、そんな風に人に思われるのが嫌なタイプは嘘を吐きがちです。

そんな嘘つきな人は、その場しのぎで誤魔化すことも多く、後になって更に困ったことにもなりかねません。

なので、そういった嘘つきな人との付き合い方には警戒も必要になってきます。

ここでは、嘘つきな人の末路はスピリチュアルに関係?不安にならずに向き合う術を紹介しています。

 

 

 


嘘つきな人の末路はスピリチュアルに関係?不安にならずに向き合う術


 

| 1.そのことを考えることが減って、平穏な気分になるという

言葉の意味を考え過ぎないということ。嘘つきな人の言葉が頭に残っていない場合、そのことを考えることが減って、平穏な気分になるというもの。

相手の言葉の意味を真剣に受け止め過ぎて、嘘かどうかなどと思い始めれば、そのことについて考える時間も増え、結果としてストレスが溜まってしまうことになりかねません。

己自身にストレスが溜まるというのは、人生で言えば損するだけということなので、嘘つきな人の言葉は余り真剣に受け止めないようにするのが、不安にならずに向き合う術の一つ。

 

| 2.大袈裟に言ったり、聞いている側に期待を持たせることを

話を鵜呑みにしないということ。嘘つきな人人は、周りの人たちの気を惹きたいという思いから、物事を大袈裟に言ったり、聞いている側に期待を持たせることを言うもの。

結果として、期待をして待っていれば、後に嘘だと分かって失望することになりかねず、話を鵜呑みにしないのが、不安にならずに向き合う術の一つ。

特に仕事の話や他の誰かの噂話の際は、信じ込んでしまったため己自身に被害が及ぶ可能性もあって、嘘かも知れないと感じれば聞き流すようにします。

 

| 3.会話の最中でもリアクションに戸惑うことがあるという

冗談っぽく疑惑を伝えるということ。仲の良い同僚などの中にいる嘘つきな人のケースでは、会話の最中でもリアクションに戸惑うことがあるというもの。

言っていることが明らかに嘘だと思ったケースでは、本当なのかどうかと、冗談っぽく疑っていることを伝えるのも、不安にならずに向き合う術の一つ。

余りに虚言を重ねるのが過剰なケースでは、パーソナリティ障害等の病気が考えられ、様子を伺いながら判断していくようにします。

 

| 4.嘘つきな人がいるケースでは、長期的な付き合いになって

嘘を言わないメリット面を伝えるということ。家族をはじめに職場などに嘘つきな人がいるケースでは、長期的な付き合いになっているもの。

相手とある程度でも信頼関係がある場合、虚言や嘘を吐かないことのメリット面を示すのが、不安にならずに向き合う術の一つ。

嘘を言わないメリット面の伝え方としては、相手からネガティブとなる情報が出てきた時に、動揺することなく敢えて感謝の言葉を用います。

嘘を言うのは裏側に伝え難いことがある、そんな場合がほとんどで、ネガティブなことを言われた時に、怒らないで感謝すれば嘘を吐かないメリットも増します。

 

| 5.混乱させている、まったくそんな自覚はないというもの

適度な距離を置くということ。嘘つきな人は、己自身の言動が周りの人たちを混乱させている、まったくそんな自覚はないというもの。

共感したりして話を長く聞き過ぎてしまえば、調子に乗ることになって、一層嘘を誇張し喋ることになりかねません。

嘘つきな人には、最小限の挨拶や業務上のやり取りはしてもプライベートでは深く関わらないなど、己自身のルールを決めるのも、不安にならずに向き合う術の一つ。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、覚えておきたい嘘つきな人の特徴


 

| 1.言われたいなど承認欲求が強く、大仰に話を脚色したり

目立ちたがりということ。嘘つきな人は目立ちたがりなところがあり、注目されたいとか凄いと言われたいなど承認欲求が強く、大仰に話を脚色したりするもの。

職場などでは組織のリーダーに立候補したり、チームワークを重要視するような局面で、一人だけで成果を残そうとしかねません。

積極性があるのは長所でもありますが、余りに身勝手では周りの人たちから煙たがれる可能性もあり、人より上の立場に立ちたい思いから嘘つきな人になることがあります。

 

| 2.物事がある場合、一番嘘を吐いたり虚言を弄しやすいと

隠している物事があるということ。人間は隠したい事柄や秘密にしたい物事がある場合、一番嘘を吐いたり虚言を弄しやすいというもの。

その嘘が明るみにならないよう更に重ねてしまうなど、嘘つきな人になる可能性もあるので、これ以上迷惑が掛からないよう、早い段階で率直に謝ることが重要です。

人間は嘘を吐いている場合、動作が挙動不審になるほか無意識で視点が揺れ動くなど、上手く隠していると思っていても、既に相手には分かっているかも知れません。

 

| 3.仲間外れにされたと感じ被害妄想に陥いるというものです

思い込みが非常に激しいということ。嘘つきな人は偏った見方が激しく勘違いする傾向もあり、偶然話し掛けられないだけで、仲間外れにされたと感じ被害妄想に陥いるというもの。

反対に、少し親切にされたということだけで、己自身に興味がある、そんな具合に思い込んで好意を抱いてしまうことになりかねません。

周りの人たちに誤解と説明されようと聞く耳は持たず、一旦己自身が思い込んだら簡単に変更などしませんが、頻繁な勘違いは呆れられることに繋がりかねません。

 

 

 


数多くの点が見られるもの、注意しておきたい嘘つきな人の心理状態


 

| 1.どうでも良く、利用すべき存在として虚言を弄すという

己以外の人間はどうでも良い心理状態。嘘つきな人に見られるのが、己以外の人間はどうでも良く、利用すべき存在として虚言を弄すというもの。

嘘が明るみになれば信頼関係は崩れてしまうので、一般的に嘘を吐いたりすることは普通の人間であれば躊躇します。

己以外の人間はどうでも良いと思っているケースでは、信頼関係が崩れても新しい人物をターゲットにすれば良いと考えるので、息をするように嘘を吐きます。

 

| 2.失敗やミスがあった時に、己自身の身を守るため嘘を吐く

責められたくない心理状態。嘘つきな人に見受けられるのが、失敗やミスがあった時に、己自身の身を守るため嘘を吐くというもの。

上手くいかないような問題が起こったケースでは、己自身が責められないよう、嘘を重ねることにもなりかねません。

もちろん明るみになれば後々面倒なことにもなりかねませんが、その場しのぎが普段の姿の人ほど、取り繕うため嘘を吐きます。

 

| 3.なり過ぎて、既に罪悪感だったり自覚を失っているという

自覚だったり罪悪感がないという心理状態。嘘つきな人に見られるところが、それが習慣になり過ぎて、既に罪悪感だったり自覚を失っているというもの。

こうした嘘をつく癖のある人は、嘘を指摘されたところで中々認めることができず、そもそも己自身が言ったことなどは覚えていないということになりかねません。

 

 

 

まとめ

嘘を吐くのに明確な理由はありません。ここでは、嘘つきな人の末路はスピリチュアルに関係?不安にならずに向き合う術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。