集中力を高める方法やトレーニングのほか、食べ物や飲み物などを紹介


集中力が続かないなどは誰にでもあること。だだこの場合の続かない集中力は、自分が楽しくないことしていたり、興味を持てないことをしている場合に起こります。ほかにも失敗したときの不安や気がかりを抱えている場合、そのことばかり考えているのは逆に不安なことに集中していることになります。

集中力がないと思ったり、集中力が続かないということは、集中力を振いたい物事に対して集中できないということ。逆に好きな趣味や興味がもてることであれば、数分考えてといわれ、できないという人はいないもの。要するに集中力のない人はいないということ。

ここでは集中力を高める方法をはじめ、そのトレーニング方法。そのほかに集中力を高める食べ物や飲み物など、それぞれに分けて紹介します。

 

 


集中力を高める音楽を聴くことなど、集中力を高める4つの方法


|1.関係が深いα波を出すには、集中力を高める音楽を聴くこと

肩の力が抜けた状態や、集中している際に出ている脳波がα波(アルファ波)。集中力とは特に関係が深い脳波なので、これを意識的に生み出すことができれば、集中する方法として大きな効果があります。その手段として推奨されるのは、音楽を聴くこと。

一定のパターンが継続する音の方が、α波は出やすいとされています。ヒーリング系の音楽も良いですが、うってつけなのは自然界にあるさまざまな音。なかでも一定のパターンが継続して繰り返される、川のせせらぎは最適。いつまでも聴いていられる、まさに心休まる自然の音楽です。

 

|2.ヘッドホンや耳栓などで外部音を遮断するのも効果的

集中力を高める音楽とも関連しますが、ヘッドホンや耳栓などで外部音を遮断するのも効果的なもの。一定のパターンが継続する音が、α波を出しやすい反対に、車のクラクションや電話の音が耳に入ると、集中力を削いだりα波が下がったりします。

目は閉じて見ないようにできますが、耳は閉じれないので、ヘッドホンや耳栓などが有効になります。そして外部の情報を遮断するときは、可能であればスマホの音も、消音にしておくのがおすすめ。

 

|3.声に出すことで、頭の中を整理する効き目

これからすべきことを声に出してみるのも方法。集中する方法ではよくあるものですが、声に出すことで、頭の中を整理する効き目があります。頭の中で考える本題と関連しないことがあった際は、集中するのが難しくなるので、それをまとめるのに声に出すのが効果的です。

理由は、同時に声に出すことができる物事は1つしかないから。少なくとも声に出している状態では、頭の中で考えていることも1つに集約されています。それをきっかけにして、作業を始めると集中しやすくなります。

 

|4.集中できない時や身体の疲労時は、適度の糖分補給が大切

糖分の中でもブドウ糖は、脳にとっての大切な栄養素。人間にとって最も重要な器官とされる脳は、人間の消費エネルギーの中で20%を消費します。一般的な動物は10%以下とされているので、いかに人間の脳にエネルギーが不可欠かが実感されます。

糖分が不足すると、脳の活動が衰退し集中力も出なくなってきます。毎日の食事から充分摂取できていれば問題ありませんが、ダイエットなどにより糖質制限をしていると、糖分不足から集中できない状況も発生

集中できない時や、身体に疲労を感じている時は、適度の糖分補給が大切です。飲み物より食べ物から摂るようにすると、噛む動作そのものが脳への刺激になります。

 

 


アロマや腹式呼吸法のほか、右脳を活性化させるトレーニング法など


|1.カウントダウンリラックス法のトレーニングで集中力UP

肩の力を抜いて寝た状態で、2m前方の視線の少し上付近に、ぼんやりと数字をイメージします。カウントを10から始め、息を吐くタイミングの1まで読み下げていきます。嬉しかったことや、楽しかったことを思い返しながら、心地よい状態をゆっくりと味わいます。

続いて1から5までカウントアップ、5で目を開けると体を動かします。これはあと僅かで眠る状態を作りだすトレーニング。最初のうちは途中で眠ることもあるかも知れませんが、トレーニングを繰り返すことで、深いリラックス体験ができ集中に役立ちます。

 

|2.息を吐くことから始める腹筋呼吸を、5分間程度繰り返す

効果的な腹式呼吸法を使って、集中力を高めていくやり方です。最初は足をかかとまで床につけ、椅子に深く座ります。次に背筋を伸ばして、両手のひらを上向きにして腿の上に置きます。それから肩の力を抜いて、深呼吸をスタート。

目を軽く閉じ普段の呼吸ではなく、息を吐くことから始める腹筋呼吸を、5分間程度繰り返します。最初は8秒間かけて吐き、4秒間かけて吸う楽なテンポで始め、ゆっくりと12秒間かけて吐き、8秒間かけて吸う20秒サイクルの呼吸を目指します。ほんのりと手足が温かくなってきたら、リラックスができている状態です。

 

|3.アロマは自律神経系や内分泌ホルモンなどに大きな影響

アロマオイルなどを使用したリラックス法で集中力を高めます。嗅覚というと5感の中で唯一、大脳皮質を経由しないで直接、海馬や扁桃体に届きます。そのため、自律神経系や内分泌ホルモンなどに大きな影響。このためアロマセラピーは、集中力を高めることにも役立ちます。

リラックスするのにいい香りは、カモミールやラベンダー、ベルガモットなど。集中力を高める香りは、ユーカリやペパーミント、シトラス、ローズマリーなどが効果的。

 

|4.イメージする力を高め右脳を活性化させるトレーニング

目で捉えたものを目を閉じた後、頭の中で鮮明にイメージします。そしてその再現したイメージを、自由自在にに変形させて遊んでみます。これはイメージする力を高めて、右脳を活性化させてゆく簡単なトレーニング。

通勤電車の中だったり、休憩しているちょっとした時間にできるようにしましょう。まったく自由に、頭に思い浮かぶものを鮮明に映像化するのもおすすめ。心のウォーミングアップに最適です。

 

 

 


集中力を高めるのに有効な魚や肉類と、ナッツ類やチョコレートなど


|1.食事で集中力を高めていきたい時に、有効な魚や肉類

食事で集中力を高めていきたい時に、有効な肉類もあります。コンビニでも気軽に手に入るものが、を使用した食べ物。

には神経伝達を円滑にするDHAが、豊富に含まれるので、脳を活性化して集中力が高まるのに繋がります。そのほか、ビタミンDも豊富ですし、カルシウムの吸収を促進し骨を強くなる効果もあります。

豚肉を使用した食べ物も有効。豚肉には、脳のエネルギー源の一つ糖質代謝に不可欠のビタミンB1が多く含有。糖を円滑にエネルギーに変化させることで、疲労回復にも役立ちます。もちろん集中力もUP。

 

|2.チョコレートのテオブロミンが大脳を刺激、集中力を高める

疲れやすい人や、風邪をひきやすい人にもおすすめなのがチョコレート。チョコレートの中にある苦味成分のテオブロミンが、大脳を刺激することで集中力を高めます。

また、幸せホルモンとしても名高い、神経伝達物質のセロトニンの生成促進になるため、緊張が途切れたときにもおすすめです。チョコレートそのものではなく、ほろ苦いチョコレートプリンやチョコエクレアなどからも摂れます。

 

|3.ナッツ類は精神安定とやる気を起こさせるチロシンが豊富

ナッツ類には、神経伝達物質ノルアドレナリンの合成に必須の、チロシンが潤沢に含まれています。これは精神安定を促進して、やる気を起こさせるもの。特にカシューナッツやアーモンド、ピーナッツなどはチロシンを多く含有しています。

また、ナッツ類は噛み応えがあるため、脳の活性化に関係するいわれている咀嚼運動になるのも嬉しい点。

 

|4.ラムネはブドウ糖(グルコース)補給にぴったりのお菓子

小さい頃、駄菓子のラムネをよく食べたという人も多いもの。意外ですがラムネは、脳にとっての重要エネルギーである、ブドウ糖(グルコース)補給にぴったりのお菓子。ラムネのなかには、ブドウ糖(グルコース)が主原料のものが多くあります。

なのでブドウ糖が原材料のものを選べば、脳のエネルギーを手早く補給できます。何時でもさっと気軽に食べられるのも嬉しいポイント。甘いものが不得手の人は、紅茶やコーヒーなどに溶かして飲んでも大丈夫です。

 


牛乳に含まれるチロシンやコーヒーや紅茶など集中力を高める飲み物


|1.牛乳に含まれるチロシンは、交感神経を優位にさせる

牛乳に含まれているチロシンは、体内に入ると脳の働きに関わるノルアドレナリンと呼ぶ神経伝達物質に変化。ノルアドレナリンの分泌により交感神経が優位となり、脳が活性化されるので集中力が高まります。

特に生乳が100%使用されている成分無調整牛乳はおすすめ。牛乳本来の新鮮で旨みのある味わいと風味を楽しめます。

 

|2.眠気醒ましのためカフェインが含まれるコーヒーや紅茶

集中力が途切れそうになり眠気に襲われると、眠気醒ましのためカフェインが含まれるコーヒーや紅茶を飲む人も多いもの。これはカフェインが、神経を鎮める働きをするアデノシンという物質の働きを邪魔するため。

カフェインを摂れば、神経が興奮するので、頭がすっきりし作業にも集中できます。ただ、過剰となる摂取は急性的な中毒を引き起こす例もあるため、飲み過ぎには充分な注意が必要。

 

|3.ペパーミントティーで、天然メントールの爽やかな風味

メントールというと、自然界ではミントの一員ともなっている成分です。天然のミントやハッカといった植物から抽出されたものに含まれ、眠気を覚ましたり頭をすっきりさせたりする効能があります。

ペパーミントティーなら、天然メントールの爽やかな風味を味わうことができます。このメントールの特徴である清涼感が、気持ちを切り換えさせ、また勉強や仕事に集中できるようになります。

 

|4.甘い飲み物でなく、たくさん飲んでも罪悪感がない日本茶

甘い飲み物ではなく、たくさん飲んでも罪悪感が出ないのが日本茶。日本茶を飲むと、眠気も覚めて頭がすっきりすると好評です。特に夜遅くまで勉強している受験生には受けがよく、通になり銘柄の指定も出るほど。

これも日本人に備わった遺伝子のひとつなのかも知れません。熱い日本茶をすすって、もうひと頑張り。

まとめ

集中力が続かないなどは誰にでもあること。だだこの場合の続かない集中力は、自分が楽しくないことしていたり、興味を持てないことをしている場合に起こります。ここでは集中力を高める方法やトレーニングのほか、食べ物や飲み物などを紹介してきました。大いに活用して役立ててください。