特徴を知っておくことがポイント、意地悪な人に遭遇したときの対処法


日々が平穏無事に暮らすように見えても、たまに意地悪な人に遭遇してしまうもの。意地悪な人と出会うことは、できるだけ避けたいものですが、近所に住んでいる隣人だったり、職場の人物であれば避けても通れません。

長期間の付き合いになることも多く、意地悪な人がいると日々を憂鬱な気持ちで過ごす事にもなりかねません。また初対面の人の場合は、見た目で意地悪かどうか判断することは難しいもの。

これには異論もあり、意地悪な人は顔に出るとか、顔つきが違うという意見も広く知られています。また幼い頃から意地悪をする子どもは、そのまま大人になっても、意地悪な性格になりやすいとされています。

ここでは、特徴を知っておくことがポイント、意地悪な人に遭遇したときの対処法を紹介しています。

 

 

 


身に覚えがないときにも意地悪をしてくる、そうした心理面を紐解く


 

| 1.自らが改めて優位な立場だと、確認することができる心理

常に自らが優位に立ちたいと思っているという心理。意地悪ができるのは、例えば自身よりも立場の弱い相手だけということ。自身より上の地位の人に意地悪をしたケースでは、たちまち反撃され返り討ちにあうことが考えられます。

なので意地悪ができる相手は、自分に逆らえない立場の相手しかいないもの。意地悪が相手にできる事例では、自らが改めて優位な立場だと確認することができるという心理。

 

| 2.意地悪をした人の中で、悪戯をしたと認識してる人も多い

何も意味はなく苛めたいという心理。ふとした瞬間に、明確な理由もないのに意地悪をすることもあります。他の人に手出しするのと意地悪をするのは少し異なりますが、意地悪をした人の中では悪戯をしたと認識してる人も多いもの。

一方で悪戯された人でも、受け取り方により意地悪をされたと感じることもあります。しかし本人的には、意地悪をしたという気持ちはまったくないことも。

 

| 3.同レベルかそれ以下に落とし、自らの立場を優位にしたい

嫉妬をしているという心理。多くの意地悪な人々は、自身より優秀な人物を、余り好ましく思っていません。なので、意図的に邪魔をしてみたり重荷を背負わすことで、自分と同程度かそれ以下に落とし、比較的に自らの立場を優位にしたいと思っています。

本来なら自らが成長すればいいのですが、それだけの自信や能力的なものがないことが原因で、相手を貶めることしか考えません。

 

| 4.意地悪を続ける、嫌がる態度を喜んでいると都合よく捉え

面白半分でからかっているという心理。驚くべきことに意地悪をする人の中には、無邪気な人もいるもの。ただ、相手を面白半分でからかっているつもりで、自分が意地悪をしている意識はありません。

さらに、自らのなかで意地悪な振る舞いをすることを、コミュニケーションの一環としている人もいます。相手の感情を理解する力が弱いので、嫌がる態度を喜んでいると都合よく勘違いしては、意地悪を続けるもの。

 

 

 


困らせてやろうと思うことが根底にあるもの、意地悪な人が持つ特徴面


 

| 1.挑戦する姿勢と意地悪とを、同様に考えているということ

無理難題を平気で言うという特徴。仕事では無理と思うようなことでも、チャレンジしなければならない時もあります。意地悪な人の特徴の一つに、挑戦する姿勢と意地悪とを、同様に考えているということ。

例を挙げると、1時間で終了する仕事に対し、30分で終了させろという無理難題をいけしゃあしゃあと言うことです。こういったことは、見極めに役立ちます。

 

| 2.罪悪感を持たず、自身の欲求を満たすため嫌がることを

相手の困る様子を見るのが好きという特徴。困っている相手の姿を見ることで優越感を覚え、それを楽しむという考え方を持っています。

何か明確な目的があって意地悪をするのではなく、ただ相手が困っている姿を見たいという願望。意地悪に対しては罪悪感を持たず、自分自身の欲求を満たすため嫌がることをする傾向もあります。

 

| 3.意地悪な性格の場合、言われたくないことも平気で言う

他人に対し激しく当たってしまうという特徴。性格的に相手をライバル視しやすいので、優しくすることができない傾向に陥っています。

意地悪な性格の場合、他人に対し痛みの感情が薄くなり、つい強く当たってしまうことに。相手が言われたくないことも平気で言ったり、必要以上に意地悪な言葉で責め立てることもあります。

 

| 4.自らの存在を脅かすような人物が、意地悪をしたくなる

自分の領域を大事にしているという特徴。自分の領分がある人は、縄張りに入ってくる人物に対しては、意地悪の欲が湧くこともあるもの。

例を挙げると、自分しかできない仕事がある場合、安心し自尊心を満たして仕事ができるもの。そこに自らの存在を脅かすような人物が現れると、意地悪をしたくなるのも、考えてみれば自然なことかも知れません。

 

| 5.子どもが意地悪をするのと同様、存在を知って貰いたい

どんな形でもいいので、他の人と接触していたいという特徴。他人に手出しする人は、自身に構って欲しい願望を持っていることが多いもの。好きな人に子どもが意地悪をするのと同様、自らの存在を知って貰いたいと考えています。

意地悪な性格は治すことが難しく、どんな形であれ他の人と接したいという欲求から嫌がることをしてしまいます。

 

 

 


意地悪な人は因果応報に陥ることも、悪意ある人と上手く付き合う方法


 

| 1.差し障りのない範囲で関わるだけで、心配のないところ

歯牙にもかけないという対処法。嫌がることをされた際、対抗すると余計に意地悪なことをされるようになるもの。意地悪をする心理としては、相手が困る姿を見たいので、後ろ向きな反応を楽しんでいます。ここは相手にしないことがポイント。

話しかけられた際は右から左に聞き流したり、最低限の受け答えをするなど、大人として差し障りのない範囲で関わるだけで心配のないところ。

意地悪をされたときも、無視して困った振る舞いを見せなければ、意地悪の手応えがないと諦めるかも知れません。

 

| 2.目立つタイプに意地悪をすると、より一層優越感に浸れる

目立った行動を取らないという方法。意地悪をする目標を見付け出す際には、先ずは自分より弱くて目立つタイプを選ぶことが多いもの。

弱い立場の人に対しては意地悪をしても安心できますし、さらに目立つタイプに意地悪をすることで、より一層優越感に浸れるからです。

そんな意地悪なタイプへの対処法として、とにかく目立たないようにして、標的にされないようにすることが大切です。これが悪意ある人と上手く付き合う方法の一つ。

 

| 3.意地悪を継続するような人、自身より幼い人だと思い放置

対応の方法として、反論や意見をすることも大切なこと。不愉快に思う気持ちを明確に伝えることで、意地悪をしていたことに相手が感じ取ることもあります。

多くの意地悪な人は、自らの言いなりになりそうな人を選択していて、相手側から反論されない限り、何を言っても大丈夫と勝手な判断をしているもの。

なので反論したり意見をすることで、自分は思い通りにならないと意思表示することが有効に。それでも尚且つ意地悪を継続するような人なら、自分自身より幼い人だと思って放置します。

 

| 4.関わる機会を最小限度に留める方が穏やかに過ごせるもの

できるだけ距離を置くという方法。関係する意地悪な人がことさら辛いようであれば、なるたけ距離をとることが最善の対処法。

下手に首を突っ込むことで過剰なストレスを感じるより、最小限度に関わる機会を留める方が穏やかに過ごせるもの。こちらから距離をとっていれば、取り立てて相手も意地悪をしてきません。

もし関わらなければいけない必要があるときは、さりげなく相手を褒めてみるのも対応策の一つ。適切におだてて褒めることで、不必要に攻撃されることを防止できるはずです。

引き寄せの法則。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

稀に意地悪な人に遭遇してしまうもの。ここでは、特徴を知っておくことがポイント、意地悪な人に遭遇したときの対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。