上手くいかないときは距離を置くのも必要なこと、男女の心理と対処策


恋人同士の場合、距離を置く期間ということも出てくるもの。これは冷却期間とも呼ばれ、二人で一定期間の間は会わないという事を意味するもの。

この期間の長さは、距離を置きたいと考えるその理由によって変化するもの。それは良きにつけ悪しきにつけ、二人の関係に何らかの変化が生じることを期待しています。これは恋人同士の場合ですが、彼女から言い出すことはもちろん、友達関係のケースで発生することもあります。

ただ、一言に距離を置くといっても、一体どのくらいの冷却期間が必要となるかは一概にいえません。現実に相手側から距離を置こうと言われてみて、思い切って別れようと思う人には、気持ちの整理は単純な話しかも知れません。

それでも多くの人は、未だ相手のことが好きで、諦めたくないのも事実。ここでは、上手くいかないときは距離を置くのも必要なこと、男女の心理と対処策を紹介しています。

 

 

 


単純に別れたいだけではない様々な思い、距離を置くという男性心理


 

| 1.自然な流れで別れることになる、期待している男性の心理

別れを考えているということ。女性に直接的に別れたいという気持ちを伝えることを、戸惑ってしまう場合があります。

敢えて距離を置くことには、女性を気の毒に思う気持ちや、急に感情的になられてもという感情が含まれています。距離をとることで、自然な流れで別れることになるのを期待しているのが男性の心理。

 

| 2.休日出勤もあり、恋愛と仕事の両立というのは相当に大変

仕事に集中したいという心理ということ。仕事に没頭して頑張る男性は、時として恋愛はが妨げになってしまうもの。仕事に謀殺されている場合、休日出勤もすることがあり、恋愛と仕事の両立というのは相当に大変です。

なので、恋愛は二の次に。最終的には仕事に集中するため、付き合う彼女は不要と感じ、距離をとるとの考えに繋がることがあります。

 

| 3.欠点が治らない時に取る、最終手段ともいえる距離を置く

女性の悪い部分が直る切っ掛けになって欲しいということ。相手の悪い部分を治したいと思い頑張っても、結果的に治らなかったということはよくあるもの。

如何にしても欠点が治らない時に取る、最終手段ともいえるのが距離を置くという方法。距離をおいて見ることで、女性に振り返って欲しいと考えています。こうして女性の悪い部分を治して欲しいと考えた結果、距離を置く男性もいます。

 

| 4.女性をエスコートするのに負担を感じる男性は数多い

恋愛すること自体に、疲れてしまったということ。恋愛において負担が大きくなり過ぎると、しばらく恋愛はしたくないと感じてしまうもの。

デートの計画を考えたり、女性をエスコートするのに負担を感じる男性は数多く、そのためは恋愛に疲れたと感じることがあります。このように恋愛することに疲れたというのも、女性と距離をとりたいと考える男性の心理。

 

| 5.一旦距離を、胸の内と向き合う時間が欲しいと思う心理

自らの気持ちが判らないということ。別れたいのか関係を続けたいのか、自分自身の気持ちが分からない時もあるもの。なので、自身の胸の内と向き合う時間が欲しいと思う心理。

こうすることで、これから先の関係をじっくり考えたいと思っています。自らの気持ちがはっきりしない時、男性は女性と差し当たって距離を置きたい、そんな感情を抱く傾向があります。

 

 

 


男性とは少し違ったところがあるもの、距離を置くという女性の心理面


 

| 1.一定期間の距離をとって、その間の男性の対応を見たい

男性の気持ちを試したいということ。本当に自分のことを彼が好きであるのかどうか、真実を知りたいと考える女性は多いもの。

距離を置こうとしている女性は、敢えて一定期間の距離をとり、その間の男性の対応を見たいと思っています。ここで男性が再び好きという感情を伝えてくれれば、本当の気持ちを知り満足感を得ることができます。

 

| 2.優先事項ができると、恋愛に割り当てる時間が取れない

恋愛より優先するべきことができたということ。将来の夢や仕事のことなどを考え合わせると、時に恋愛は大きな負担となるもの。

恋愛よりも優先事項ができると、恋愛に割り当てる時間が取れなくなります。結果的に、自分自身に恋愛は必要ないと思うのも、男性と距離を置く女性の心理の一つ。

 

| 3.年齢を重ねるほど、結婚や出産のことを意識し始めるもの

自らの気持ちを見つめ直したいということ。男性のことを本当に好きかどうか、気持ちがよく判らなくなってしまうこともあるもの。

特に女性の場合、年齢を重ねるほど、結婚や出産のことを意識し始めるようになります。相手の男性が本当に自分のパートナーとして相応しいかどうか、冷静に考えたいと思い距離を置く女性もいるもの。

 

| 4.裏切られたケースで心の整理がしたいという場合は距離を

男性に裏切られたので、心の整理がしたいということ。大事な約束を反故にされたり、浮気をされたときは誰もが深く傷つくもの。

そんなときは、一旦会うのをやめて、心の整理がしたいと思うのが通常のこと。それは男性を許せるのかという気持ち。裏切られたケースで心の整理がしたいという場合、女性は一旦距離を置きたいと考えます。

 

| 5.好きな気持ちを失ったことを察して欲しいと思う感情から

ほかに好きな男性ができたということ。女性はほかに好きな男性ができても、すぐに男性に本当のことは伝えられないことがほとんど。

申し訳く思う気持ちや叱られるかも知れないという感情が先行してしまい、事実をなかなか伝えることができません。なので、距離を置いてみることで、好きな気持ちを失ったことを察して欲しいと思っています。

 

 

 


距離を置くとはそれぞれの理由が絡むもの、問題ごとの最適な冷却期間


 

| 1.相手に対して精神的な負担、距離を置く時間が長くなる

相手と自分の気持ちを試すため、連絡をしないケースでは二週間程度。実際にあたって確かめてみる距離を置く期間は、さほど長くする必要はありません距離を置く時間が長くなり過ぎると、相手に対して精神的な負担をかけてしまうことがあります。

また、愛想を尽かされた挙句、そのまま別れてしまうというリ危険もあり、気持ちの試みのために距離を置く冷却期間はせいぜい二週間がいいところ。

 

| 2.喧嘩は互いの感情が落ち着けば、きっと仲直りができる

喧嘩の勢いで、離れているケースも二週間程度。一時的に頭に血がのぼったことが原因の喧嘩は、数日すると気持ちも静まり、詰まらないことで喧嘩したのを後悔することがほとんど。

喧嘩の勢いで離れてしまったとしても、互いの感情が落ち着けば、きっと仲直りができるもの。なので、それほど長い間でなく、しばらく間を置く冷却時期はいずれにしても二週間がいいところ。

 

| 3.好きな異性ができたという事実、一ヶ月ほどの冷却期間

ほかに好きな異性ができたケースは、一ヶ月程度。別れることを前提にして距離を置くのは、時間が長過ぎても相手にとって気の毒なもの。冷却期間中といっても相手は自分の事を好きなため、なるたけ早め気持ちを伝えるようにします。

ただ、ほかに好きな異性ができたという事実は、なかなか言い出せないので、一ヶ月ほどの冷却期間で気持ちの整理をします。

 

| 4.一ヶ月程度あれば見つめ直して、これからの二人の関係を

恋愛に疲れてしまったというケース。理由として恋愛に疲れたというのは一方的都合なので、冷却時期を長くし過ぎても相手の邪魔になってしまうだけのこと。

一ヶ月程度あれば自らを見つめ直して、これからの二人の関係についてじっくり考えることもできるはずです。恋愛に疲れたと感じているのであれば、冷却期間は一ヶ月程度を設けてみます。

 

| 5.長い時間が経つ、価値観自体が変わってくる可能性はある

価値観や考え方の違いが理由のケース。人間の価値観は、これまでの生涯の経験など決まってくるので、ただちに他の人と合わせることはできません。許せない程の考え方や価値観に違いがある場合は、自分自身や相手が少しずつ変わっていくしかないということ。

長い時間が経ってみると、価値観自体が変わってくる可能性はあります。価値観や考え方の違いが理由で距離を置くのであれば、1年以上は気長に待ちます。

 

 

 


諦めたくないときに考える、距離をとることは相手の気持ちの奪回作戦


 

| 1.一つづつ再検討して、相手の気持ちの奪回に繋げること

距離を置くこととなった要因をしっかり理解するということ。復縁を考える際どうしたら元に戻れるかは、そうなった原因を発見しなければいけません。

距離を置きたくなる問題としては、好きかどうか判らなくなったり、自分の時間がないと感じたり、少し頑張りたいという時期であったりということが多いもの。そうしたことを一つづつ再検討して、相手の気持ちの奪回に繋げます。

 

| 2.思考を変えない限り、二人が上手くいくのは難しいもの

距離を置くことの原因が判らない場合、相手に聞いてみるのもポイント。大事なのは、自らの価値基準で考えないこと。お互いに異なった価値基準を持っているケースでは、その思考を変えない限り、二人が上手くいくのは難しいもの。

原因を探し当てるためにも、互いにどうしてそう思うのか、尋ねてみるのもいいかも知れません。執拗にならないように注意。

 

| 3.最初の頃にそれを尋ねて、後は連絡をしないことが重要

距離を置くことになった場合、自分からはできる限り連絡しないということ。相手に原因を尋ねることも大事ですが、最初の頃にそれを尋ね、後は連絡をしないことが重要。

距離を置くことになったのに意味がないとなり、、イメージダウンに繋がりかねないという理由。連絡したい思いは山々ですが、そんな時は友達を誘って話を聞いてもらうこと。

 

| 4.自身にどんな取り組みが必要なのかを考え、改善を始める

距離を置く原因が自分自身のせいなら、改善するということ。要因が判明した場合、次回からお互い上手くやるために、どういう風にすれば良いのかイメージしておく事が大切。

なんとなく悪かったところを治すと思っても、同じことの繰り返しになるかも知れません。また、すぐに治せないことは多くあり、自身にはどんな取り組みが必要なのかを考え、改善を始めます。

 

| 5.会えるまで少々時間がある、自分磨きをするのも良い方法

距離を置くことを肯定的に捉えて、自分磨きをしてみるということ。距離を置き、次回に会えるまで少々時間があるときは、自分磨きをするのも良い方法。

女性の場合次に会えた時、男性に少しでも可愛いなと思って貰えるように努力すれば、辛い思いも少しは薄らぐもの。シェイプアップやダイエットに励んだり、ファッションやメイクを研究したり、寂しさを紛らわせ、最後は楽しんでいる自分に。

引き寄せの法則で払拭。

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

 

まとめ

一定期間は会わないという事の意味も。ここでは、上手くいかないときは距離を置くのも必要なこと、男女の心理と対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。