上品な人診断で下品という意味を知る、近寄りがたい人へと変わる方法


自身では上品に振舞っているつもりでも、周囲から下品な女という目で見られてることは珍しくありません。その逆に自分では極めて普通に振る舞っていても、どこはかとなく品性を感じさせる女性もいます。

オーラがあるという表現もありますが、そのオーラの原泉の一つとなっているものが、その人から漂ってくる品格というもの。

具体例を挙げると、姿勢の良さをはじめ、年齢や体形に似合った清潔感のあるファッション、穏やかな立ち振る舞いなど、優雅で洗練された雰囲気を持つ人に出会うと、憧れや敬いの気持ちを抱くもの。

この上品さというのは、長い期間を経て次第に出来上がるものですが、下品さというのは一つの行為ですぐに判断されてしまいます。

ここでは、上品な人診断で下品という意味を知る、近寄りがたい人へと変わる方法を紹介しています。

 

 

 


上品なタイプor下品なタイプ、診断することで判断できる客観的視点


 

上品な女性は男性から見て、一緒にいる心地良さや育ちの良い感じから、本命の彼女したいと思われる存在。年齢を重ねる内に自然と品性も身につくと期待しますが、現実には意識して自らを変えなければ、上品さというものは身につきません。

診断の結果を見て、上品と下品それぞれの特徴を確かめます。

 

| 1.「Yes」or「No」で答える、迷ったときは直感で!

 

①裏表がない性格だと思う
②遊園地よりも図書館の方がが好き
③実家は裕福だと思う
④敬語を話すのは得意な方
⑤ファッションは落ち着いたものが好き
⑥年寄りには気に入られやすいと思う
⑦きちんとしたレストランや寿司屋が落ち着く
⑧案外に異性にモテる方だと思う
⑨人目を気にする方だと思う
⑩自身の感情をコントロールするのは得意

 

「Yes」が7つ以上ある方は、周りから見て上品な人。そうでない方は次に述べる下品なタイプの特徴をチェックして、あってるかどうか確かめます。更に上品な人の特徴チェックから、気品を身に付けるコツへと進みます。

 

 

 


間違ってもなりたくないもの、普段の生活で出会う下品なタイプの特徴


 

| 1.言葉使いが汚いと、人柄まで下品に見えてしまうことに

言葉遣いが汚いということ。重要な要素の一つに言葉遣いも上げられるもの。丁寧に相手が話しているかどうかは、何となく伝わるもので、下ネタばかりや汚い言葉はその人の特徴になります。

言葉使いが汚いと、人柄まで下品に見えてしまうので損をするかも知れません。

 

| 2.お洒落に自信がない人も、清潔にすることはできるもの

清潔さがないがないということ。不潔さと下品さには似た雰囲気があり、不潔な女性に対しては下品と感じる男性もいるもの。髪が脂っこいなど、清潔さはほんの細かいところにも表れます。

それは身なり全体の雰囲気にもなり、お洒落に自信がない人も、清潔にすることはできるもの。

 

| 3.食事の取り方が汚い人は、一層下品に見えてしまうもの

食べ方が汚いということ。食事中に大きな声で喋ったり、音を立てて物を食べるということ。食事の取り方が汚い人は、一層下品に見えてしまうもの。

好きな男性との食事では気にしていても、気の置けない友人と女子会などで食事をしていると、周りの目が気にならなくなり汚い食事の仕方をしてしまうことに。

 

| 4.公の場で化粧をするなど、下品と思われても仕方がない

公の場所でのマナーが悪いということ。公の場所では、注意されなければ何をしてもいい訳ではありません。電車内など公の場で化粧をするなど、下品と思われても仕方がありません。

公共の場では周囲の人が快適に過ごせるように、皆が少しずつ控えめに行動し、居心地の良い空間が生まれています。

 

| 5.性格の悪さが顔を覗かせた瞬間、何となく下品に感じる

相手によって態度を変えるということ。店員など自身より、立場の弱い人に対して強気で上から目線なタイプです。性格の悪さが顔を覗かせた瞬間、何となく下品に感じてしまうもの。

普段はじっと我慢している本心が、時として暴露されてしまうことに。それを端から見てしまうと、衝撃とともに嫌悪感を抱きます。

 

 

 


誰にでも丁寧に接して物腰が柔らかいもの、上品とされる女性の特徴


 

| 1.言葉選びのセンスからも、知性の高さが伝わってきます

言葉遣いがきれいだということ。お目にかかれて嬉しいですなど、会話の端々にでてくる上品な言い回しが育ちの良さを感じさせるもの。

当たり前の事ですが、失礼な言い方や汚い言葉は使いません。言葉選びのセンスからも、知性の高さが伝わってきます。

 

| 2.気持ちの揺れが少なく、穏やかな雰囲気を纏う自制心を

穏やかな態度であるということ。些細なことで怒ったり、声を荒げたり、感情の起伏が激しいと、気の強い女性というイメージになるもの。

その点、上品な印象を持つ女性は、気持ちの揺れが少なく、穏やかな雰囲気を纏う自制心を備えています。

 

| 3.意見をするときなど、自ら近くまで行き目を見て語ること

大声で喋らないということ。基本的に上品な女性は大声を出さず、丁寧な対応をしているのが常になります。

かといって、自己主張をしないという訳ではありません。誰かに意見をするときなど、自ら近くまで行きしっかり目を見て語りかけます。

 

| 4.流行に惑わされない、自らの良さを控えめに自己アピール

清潔感のあるシンプルな服装ということ。上品な人はTPOや年齢に見合った、清潔感溢れるファッションを身に着けているもの。

目立つような外見ではありませんが、流行に惑わされないで、自らの良さを控えめに自己アピールするセンスがあります。

 

| 5.マナー違反と、調理した人への敬意のない態度はしない

食事の作法が良いということ。食べ物を大切にする姿勢や食事のマナーなど、育ちの良さが表れれるもの。

食器の音をさせたりといった、判りやすいマナー違反はもちろん、調理して貰った人への敬意のない態度はしません。

 

 

 


周囲に与える上品な印象は大変良いもの、漂う気品を身に付けるコツ


 

| 1.姿勢がいつも良いので優雅な印象を周りに与えることに

姿勢よくゆっくり歩くということ。上品な印象を周囲に与える人は、歩き方など立ち居振る舞いが、非常に美しいもの。場所なども選ぶことなく、姿勢がいつも良いので優雅な印象を周りに与えることに。

 

| 2.気品のある人は、心根の清さが外面にも現れているもの

気品が漂う人は清潔感に溢れているということ。気品のある人は、その心根の清さが外面にも現れているもの。肌や髪の毛が少しも痛んでなくて、透明感があるとともに、その装いをとっても清潔です。

 

| 3.嫉妬などはしない、時間とお金も余裕があるという印象

気品が漂う人は、余裕を持っているということ。相手に対しての思いやりの心が、気品を生み出しています。また嫉妬などはしないため、心にゆとりがある人だと周りに思われます。これは時間とお金も余裕があるという印象。

 

| 4.あの人みたいな話し方をしたいといった気持ちを抱くこと

憧れる喋り方ということ。周囲の人が、あの人みたいな話し方をしたいといった気持ちを抱くこと。それは、ゆっくり話すことを心掛けることや、ネガティブな印象をあたえる言葉を使わないなど。

 

| 5.配慮する姿勢が、安心して付き合える人という印象を出す

安心感を与える人であるということ。気品が漂う人は、人を押し退けて我先にといった行動を取らないもの。そうした周囲へ意識を持って、配慮する姿勢が、安心して付き合える人という印象を醸しだします。

オーラから引き寄せ。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

自分では極めて普通に振る舞っているもの。ここでは、上品な人診断で下品という意味を知る、近寄りがたい人へと変わる方法を紹介しています。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。