くれくれ星人のスピリチュアルが気になるもの、円滑に関係を繋ぐ方策



身近なところにも、くれくれ星人と呼ばれる人がいるもの。すぐに何でも他人に向かって、頼み事だったりお願い事をしてくるような人がいます。

もちろん困った際は相見互いなので、人間には助け合いが重要ですが、都合良く他人を利用しようとする人も中にはいます。

こうした何でも欲しがるクレクレ星人は、自分からは何も与えないくせに、一方的に利益を得ようとすることにもなりかねません。

くれくれ星人とは、自分で調べることなく大事なポイントだけ教えて欲しいなど、調子良いことを言い都合良く人を利用する人。

こんなくれくれ星人の恋愛は心配になりますが、相手に対する感謝や恩義を感じることはなく警戒も必要です。

ここでは、くれくれ星人のスピリチュアルが気になるもの、円滑に関係を繋ぐ方策を紹介しています。

 

 

 


くれくれ星人のスピリチュアルが気になるもの、円滑に関係を繋ぐ方策


 

| 1.欲しがっているものへの願望の程度を分かってあげると

願望を理解するということ。くれくれ星人の話はを一旦受け止めることにより、その欲しがっているものへの願望の程度を分かってあげるというもの。

くれくれ星人は、己自身に自信がなかったり、これまでの人生で愛情が足りていないなど、何かとネガティブな要因が付きまとっています。

確かに相手の欲しがるような話を聞くのはストレスともなりますが、背景を考えて理解してあげるのも、円滑に関係を繋ぐ方策の一つ。

 

| 2.適切な距離感を維持していく姿勢が最善ともいえるもの

適切な距離感を維持するということ。くれくれ星人が苦手と感じるようなケースでは、適切な距離感を維持していく姿勢が最善ともいえるもの。

関わることにより大きなストレスを覚えてしまっては、仕事も上手くいかないので、必要最小限の関係で極力関わらないようにする、円滑に関係を繋ぐ方策の一つ。

但し、露骨に距離を取ってしまうのはトラブルにも繋がりかねないので、適度な離感を保つことで、くれくれ星人の話に付き合わされるような可能性は減っていきます。

 

| 3.反論するのではなく、聞き流すことを意識するというもの

反論をしないで受け止めるということ。くれくれ星人の一方的な話に向かって反論するのではなく、聞き流すことを意識するというもの。

反論すれば相手を逆上させることに繋がりかねず、トラブルへと発展する可能性が高まる、円滑に関係を繋ぐ方策の一つ。

但し、相手の話に無理に乗っかっていく必要はなく、話には反論しないで聞き流しておけば、ストレスもなくコミュニケーションを取れます。

 

| 4.良いような存在ではなく、己自身の反面教師とするという

反面教師とするということ。あまりなくれくれ星人は、相手に対して決して気持ちが良いような存在ではなく、己自身の反面教師とするというもの。

相手の行動や言動を見て、己自身はそうした姿を周囲に見せないように思える、それは貴重な機会ともなる、円滑に関係を繋ぐ方策の一つ。

このような態度で接っしていくことで、余りなくれくれ星人とのコミュニケーションも、ポジティブな関係へと捉えていくことができます。

 

| 5.差し障るケースでは、訂正が必要になることがあるという

嘘だったり偽りは訂正も必要ということ。くれくれ星人の嘘や偽りが業務に差し障るケースでは、訂正が必要になることがあるというもの。

但し、言い方には充分に配慮することが大切で、トラブルにならないよう、嘘の部分だけを訂正するのが、円滑に関係を繋ぐ方策の一つ。

相手が話を盛るとか大袈裟ということまで関与してしまえば、気分を害しかねないので、細心の注意も必要になります。

 

 

 


クレクレ星人の意味を掴むことが大事になる、覚えておきたい特徴面


 

| 1.多いのをはじめ、理想が余りに高過ぎる傾向があるという

理想が余りに高過ぎるということ。クレクレ星人に見られるのが、無暗に相手に求めることが多いのをはじめ、理想が余りに高過ぎる傾向があるというもの。

外見や学歴だったり職種など、己自身の理想に似合った人でないと、付き合う対象にもならないので早々は恋人ができません。

よく言えばロマンチストですが、周りの友人たちにしてみれば、理想像ばかりを欲しがっているけど、自分は何様といったことになりかねません。

 

| 2.素直に受け止められない頑迷な傾向にあるというものです

人の意見を受け付けないということ。クレクレ星人に多々見られるのが、何かの助言を受けた場合、素直に受け止められない頑迷な傾向にあるというもの。

己自身が正しいと思い込んでいるものは頑なに曲げないので、理屈にかなった助言をされてもすぐに否定することに繋がりかねません。

他の人の意見を受け入れない態度が災いして気が付かないことになり、恋愛が長続きしないといったことにもなりかねません。

 

| 3.自信がないので、すぐに他人と比較してしまうというもの

他者と己自身の違いを気にし過ぎるといったこと。クレクレ星人に多く見られるのが、己に対して自信がないので、すぐに他人と比較してしまうというもの。

他の人が己自身よりも劣っている部分を賢明になって探し出して、存在価値を認めようすることに繋がりかねません。

存在価値を確認するために他人と比べてしまうのは、くれくれ星人には頻繁にあるところです。

 

| 4.相手の話よりも己の話に終始するところがあるというもの

己の話が好きということ。クレクレ星人は基本的に己自身の話を聞いて欲しいという欲求が強く、相手の話よりも己の話に終始するところがあるというもの。

強引にでも話のテーマを己自身の方に向けさせ、話したいことばかり話してしまい、周囲の人たちとの関係性も上手く築けないことがあります。

また、己の話を肯定して欲しいといった欲求があり、否定されたり無視されたりすると、感情的になってしまうことに繋がりかねません。

 

 

 


クレクレ星人の末路は考えものとなる、注意しておきたいその原因面


 

| 1.SNSを通じて手軽に承認を得られる時代にもなっている

SNSの影響といったこと。Xだったりインスタグラムなど、SNSを通じて手軽に承認を得られる時代にもなっているというもの。

いいねを貰うことにより、くれくれ星人の承認欲求は満たされますが、次第にSNSから抜け出せないことにもなりかねません。

SNSの反応ばかりが気に掛かって、スマホが手放せなくなれば、日常生活にも差し障りが出る怖れもあります。

 

| 2.PCなどで、個人が気軽に情報発信ができるというもの

時代の影響といったこと。ITテクノロジーやWebの発達や進化により、スマホだったりPCなどで、個人が気軽に情報発信ができるというもの。

但し、人々の目に止まることもないような状況は、いわば無視されているという状態と同じということに繋がりかねません。

多くの情報発信がされるほど、己自身の投稿を認めて欲しいという思いも芽生えやすい状況になり、くれくれ星人の承認欲求が上がっていくことも考えられます。

 

| 3.己自身を認めて欲しいという欲求は満たされず成長する

家庭の影響ということ。親に褒められることもなかったり認められなかった場合、己自身を認めて欲しいという欲求は満たされず成長するというもの。

現代社会では、離婚率の上昇だったり共働き家庭の増加など、子供に対しての環境は従来と比べて大きく変化しています。

結果的に、他人から認められたいといった承認欲求が湧き起こる事例も多いとされています。

 

 

 

まとめ

また感じることはなく警戒も必要です。ここでは、くれくれ星人のスピリチュアルが気になるもの、円滑に関係を繋ぐ方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。