人を信じられないのは病気から来ている?断ち切って見込んでいく術



日々の暮らしの中で、人を信じられないと思うことがあるもの。悩み相談したいとか協力を得たいなど、そんな時に他の人を信じられなければ焦燥感に駆られるばかりです。

仕事でも恋愛でも本音では他人を信じたいと思っていても、どうすれば良いか理解できないのは男性も女性も同じかも知れません。

警戒心が強いほど心を開こうとはせず、人を信じられないところがあり、裏切られるリスクを避けようとする傾向にあります。

人を信じられない病などもあり、相手を無意識に軽く見ていることにも繋がっていて、恋愛などでも困ることになりかねません。

常に人に対して疑念を持っていることも多く、一定の距離を保って自らの領域に入れないことで、一つ上のステージにいると思いたがっています。

ここでは、人を信じられないのは病気から来ている?断ち切って見込んでいく術を紹介しています。

 

 

 


人を信じられないのは病気から来ている?断ち切って見込んでいく術


 

| 1.口にされる、裏切者モジュールといったものを持っている

他人には期待しないということ。人間は脳の深い部分の本能レベルでは、心理学でも口にされる、裏切者モジュールといったものを持っているもの。

これは他者に対して過大な期待をすることにより発動され、身勝手に期待しますが、それが叶わない時は裏切り者と感じてしまうようなことです。

勝手に過大な期待をし責任を求めるのは大きな間違いですが、そんな思考を上手にコントロールできれば人を信じられないという思いも減る、断ち切って見込んでいく術の一つ。

 

| 2.全員を信頼する、そういった目標を掲げるのは無理筋と

小さなことから段々と信じてみるということ。人を信じられないからと、一足飛びに周囲の人たち全員を信頼する、そういった目標を掲げるのは無理筋というもの。

更に、この人物の全てを信じるなどと決め付けるのは良くはなく、最初にほんの小さなことから信じる訓練をするのが、断ち切って見込んでいく術の一つ。

秘訣として、もし嘘であったとしても、心が大変なダメージを負わない、そうした程度の物事から段々と信じていくようにしていくことです。

 

| 3.己のこと自体が信じられないというケースも多いという

先ずは己自身を信じるということ。人を信じられないのは己自身に自信がないということで、己のこと自体が信じられないというケースも多いというもの。

パートナーの浮気を疑ってしまうのも同じ理屈で、他者に騙されるとか裏切られるなど、必要以上に恐怖心を抱いてしまうことにもなりかねません。

徐々にでも良いので先ずは己自身を信じることが重要なポイントで、新しいチャレンジを始めて変化する経験を積むのも、断ち切って見込んでいく術の一つ。

 

| 4.誰に対しても常に同じような態度を取れる人は稀という

小さな嘘は聞き流すということ。人間は誰でも色々な顔を使い分けて暮らしていて、誰に対しても常に同じような態度を取れる人は稀というもの。

上司だったり部下に対して態度が変わるのはもちろんのこと家族と他人でも違い、様ざまなシーンで態度が違うのは当然ということになりかねません。

嘘も方便という言葉があるようにお世辞だったり社交辞令も同様で、本当のことでなくても、その場を滞りなく維持するために取り交わされる言葉もあります。

人を騙すような重大な嘘や人により豹変するような態度は見逃せませんが、小さな嘘は聞き流すことが重要な、断ち切って見込んでいく術の一つ。

 

| 5.存在しますが、それよりも多く信頼できる誠実な人がいる

気心が知れた仲間を持つということ。世の中には確かに他者を騙しても平気な人間が存在しますが、それよりも多く信頼できる誠実な人がいるというもの。

無理して多くの人たちと付き合うより、この人であれば信じられそうと思った人を重んじていくのも、断ち切って見込んでいく術の一つ。

いわゆる気心の知れた仲間を持つことも重要ポイントで、仮に誰かに裏切られるようなことになっても、その時には仲間が支えてくれます。

 

 

 


人を信じられない診断なども巷にあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.己自身の目で確かめなければ気が済まないというものです

苦労性で深く考え込むということ。人を信じられない人に見られるのが、心配性で人に依頼したことも、己自身の目で確かめなければ気が済まないというもの。

本当にやってくれるのかとか大丈夫かなど、心配になるような人は、己以外は信じられないといった気持ちが心の奥底にあります。

余りに深く物事を考え込むような人も、疑心暗鬼となってしまうことも多く、やすやすとは他の人を信じられません。

 

| 2.信じることで損をするのに耐えられないというものです

異常にプライドが高い傾向といったこと。人を信じられない人の中にいるのが、プライドが異常に高ところがあり、信じることで損をするのに耐えられないというもの。

本当のことを話しているかとか、信用できる人柄かという考え方は、己自身が上に立って相手を見極めようといった意識に繋がっています。

プライドが異常に高いので、己だけが馬鹿を見たりすることになるという思いから、始めから人を信じない方がマシということになりかねません。

 

| 3.他の人や周囲のことには普段から関心も湧かないという

他者に関心が持てないといったこと。人を信じられない人は人間関係も面倒となりがちで、他の人や周囲のことには普段から関心も湧かないというもの。

信じられない云々というより己自身から接点を持つことなどなく、親しい関係も構築できず、信じたりされたりする関係にはなりません。

良好な人間関係は、意見の食い違いや我慢を乗り越えて、互いを受け入れていくようなコミュニケーションになります。

 

 

 


人を信じられないのはトラウマからくることも、注意したい心理状態


 

| 1.ネガティブ方向に思い込みが激しいところがあるという

防衛本能が強く発揮されているといった心理状態。人を信じられない人に見られるのが、ネガティブ方向に思い込みが激しいところがあるというもの。

人間関係の小さな逆風でも、失敗してしまったとか己を好きな人間は世の中にはいないなど、過剰に捉えてしまいがちとなります。

過剰反応していることは己自身でも分かっていますが、絶望は味わいたくなく自己防衛の意識が強く発揮され、人を信じられないといった態度に出ることもあります。

 

| 2.幼少期に十分な愛情が得られなかった傾向にあるという

幼少期に愛情が得られなかったといった心理状態。人を信じられない人に割に見られるのが、幼少期に十分な愛情が得られなかった傾向にあるというもの。

他人を大切に思う気持ちや見返りもない愛情を与えられていないので、人を信じるといったことは本質的には理解できていません。

証拠もないのにパートナーに向かって浮気を疑ったり、友人を試すような真似をしてみたりと、人を信じられないが故に被害妄想的な考えに陥りかねません。

 

| 3.浮気などのほか、裏切られた過去の体験があるというもの

被害のトラウマがあるといった心理状態。人を信じられない要因にあるのが、詐欺をはじめ浮気などのほか、裏切られた過去の体験があるというもの。

仲間と信頼していた人から裏切られる、そうした行動が与える絶望感はどれほどか想像に難くありません。

本心では人を信じたいと思っていても、過去の体験がトラウマとなって、再び辛い思いをしたくないと防御本能が働いています。

 

 

 

まとめ

恋愛などでも困ることになりかねません。ここでは、人を信じられないのは病気から来ている?断ち切って見込んでいく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。