才能に溢れた人は希望を集めるもの、探し出して有効利用していく術



身近なところにも、才能に溢れた人がいるもの。人は誰もが自分だけの才能を持っているとされますが、一言で才能といっても千差万別です。

頭が良い人は学者の才能があるかも知れないとか、発想に斬新さを持つ人はアーティストの才能があるかも知れません。

ほかにも運動能力が非常に高い人はアスリートの才能に恵まれていますが、それを才能と呼ぶのはやはり一部の恵まれた人だけになってきます。

なぜかと言えば、現実問題としてそうした才能を開花させて、大きな成功に繋げている人はごく一部だからです。

若い頃に溢れる才能と評価されたとしても、その世界で何十年も活躍を続ける人は残念ながら極く稀となりかねません。

なので、才能が溢れている人となるよう早めに見つけ出すことが必要です。

ここでは、才能に溢れた人は希望を集めるもの、探し出して有効利用していく術を紹介しています。

 

 

 


才能に溢れた人は希望を集めるもの、探し出して有効利用していく術


 

| 1.己自身が成功した体験を3つほどリストアップするという

過去の成功した体験を3つほどリストアップしてみるということ。これまでの人生を振り返り、己自身が成功した体験を3つほどリストアップするというもの。

成功体験と聞くと特別のことのように感じて、己にはないとなりがちですが、己自身が上手くいったと思う事柄で大丈夫です。

その中で自然にできたことや共通している要素など、様々な角度から人生を振り返るのも、探し出して有効利用していく術の一つ。

 

| 2.褒められたことなどが、己自身の才能かも知れないという

他の人か依頼されたことを振り返ってみるということ。日常生活で他人から良く依頼されたことや褒められたことなどが、己自身の才能かも知れないというもの。

才能は無意識に行っている行為で、己自身では気付かないことも多く、他の人はその才能に気付いていて、できるところを頼るほか凄いと感じる部分を褒めてくれます。

他人は得意と感じているから依頼してくるので、頻繁に頼まれるようなことは才能に繋がる、探し出して有効利用していく術の一つ。

 

| 3.他の人の行動ややっている様子を見て、苛立ってしまう

他人を見てイライラすることをチェックするということ。日常生活の中では、他の人の行動ややっている様子を見て、苛立ってしまうこともあるもの。

報告を受ける時に結論を先に言わない人にイライラしたり、順番を待つこともできない人に苛立つなど、そうした心境は己自身が当たり前にできていることの裏返しです。

こうしたことを予め知っていれば、他の人にもどかしさを覚えるものが才能へと繋がる、探し出して有効利用していく術の一つ。

 

| 4.止めないで熱中したことを再び思い起こしてみるという

注意を受けるほど熱中したことを思い起こすということ。叱られたり注意を受けたりしても、止めないで熱中したことを再び思い起こしてみるというもの。

例を挙げると、幼少期に漫画や本などの先を知りたくて、最後まで読まないと気が済まずに熱中していたことなどです。

先を知りたいのは新しい物語を知ることに心が躍るなど、細かく分解していけば持っている才能のヒントに繋がる、探し出して有効利用していく術の一つ。

 

| 5.あるのが、周りの人たちに尋ねてみるのも良いやり方と

周りの人たちに己の才能は何かを尋ねてみるということ。客観的に己自身の才能を知る方法としてあるのが、周りの人たちに尋ねてみるのも良いやり方というもの。

次の2つを聞くことが重要なポイントで、己自身の強みは何かと言うことと、何をしている最中が楽しそうに見えるかということです。

他者に尋ねて見れば意外にも自己認識と違うことがあって、才能は己自身では普通にできているので気づき難いですが、他者が気付いていることも多々あります。

こうして周りの人たちに己自身の才能は何かを尋ね、5人中3人以上が同様のことを言えば才能となる、探し出して有効利用していく術の一つ。

 

 

 


才能に溢れてる人には憧れるとこがあるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.目標に対して非常に強い思い入れを胸の内に持っている

目指す事柄に対してのの思い入れが強いということ。才能に溢れた人に見られるのが、目指すべき目標に対して非常に強い思い入れを胸の内に持っているというもの。

単純に好きな物事や思い入れが強い事柄を続けてきた結果として、才能に溢れた人と一目置かれることは少なくありません。

人間を突き動かしていくのは良くも悪くも感情で、プラスでもマイナスでも、強烈な思い入れが才能へと化ける可能性があるものです。

才能心理学では、ポジティブな体験を励みに才能開花した人をある人、ネガティブな体験を原動力にして才能開花させた人物をない人と呼んでいます。

 

| 2.ビジョンが明確である、そういった点があるというもの

成功した己自身のビジョンが明確ということ。才能に溢れた人に見られるのが、成功した己自身のビジョンが明確である、そういった点があるというもの。

才能に溢れた人は己自身が成功すると信じて疑うこともなく、他人の妬みや嫉みには耳を貸さず、それどころか批判をエネルギーへと転換することができます。

実際にビジョンの明確さは思い入れの強さも影響していて、曖昧な人はそのイメージも湧かないということに繋がりかねません。

ビジョンの明確さや信じる力の底辺にあるのは思いの強さで、そうしたことが心の奥底にあるからこそ、自信を抱いて失敗を怖れないで行動していけます。

 

| 3.強さがあり、逆境を乗り越えていく力があるというもの

逆境をエネルギーに変えられるということ。才能に溢れた人に見られるのが、成功を信じ続けられる自己肯定感の強さがあり、逆境を乗り越えていく力があるというもの。

逆境は努力だけでは伸びない部分を脱け出せる触媒になりますが、人によっては壁に当たると、乗り越えようと努力する人と駄目だと諦めてしまう人に別れます。

才能に溢れた人は前者で、逆境のメリット部分を十二分に理解しているので、それを成長へのチャンスとも捉える、ポジティブさが身に付いています。

 

 

 


才能に溢れている人も世の中にはいるもの、注意したい強みとの違い


 

| 1.感覚などもなく、自然にできている事柄を指すというもの

才能とは先天的にできるものということ。才能というものは、努力しているという感覚などもなく、自然にできている事柄を指すというもの。

才能を使って行動している最中は、努力をしているとか頑張っているといった感覚はないので、己自身で認識できないということが多いのも見られるところです。

才能は先天的に己自身に身に付いているもので、幼少期から人と違って自然にできることは才能です。

 

| 2.後天的に努力をして身に付けた事の双方を指すというもの

強みとは先天的や後天的にできることの双方ということ。強みとは長所や得意な物事の総称で、自然にできる才能と後天的に努力をして身に付けた事の双方を指すというもの。

後天的に努力して身に付けたこととは、学習をして取得をした資格だったり、仕事で長年している業務スキルなど、己自身で自覚できているものになります。

才能は意識することもなく自然にできることで、努力もせずにできてしまうので、強みとは違って認識し難いということに繋がりかねません。

結果として、普段から世の中で言われている才能が見つからない理由は、余りに自然にできるので気付かないということになります。

 

 

 

まとめ

更に一言で才能といっても千差万別です。ここでは、才能に溢れた人は希望を集めるもの、探し出して有効利用していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。