不甲斐ないという意味をしっかり把握、仕組みを紐解いて脱出する方法


日々の生活の中で時折り、不甲斐ない思いをするもの。今の仕事を乗切ろうとしてみても、それなりに成果として表れなかったり、挑戦をさまざまな事案にしてみても、常に狙った通りにはならないなど。更に、今度こそ良い恋愛をしようとしても、相手との関係はいつの間にか不協和音が生じていたりします。

こんな上手くいかないときに、不甲斐ない思いや情けない思いになり、叱責を自身にすることになります。そして、今回こそと決意しても、また上手くいかない現実に打ち負かされ落胆する、そんな不甲斐ない自分が度重なる状態になることも。

不甲斐という言葉の語源は、価値や効果などを表わす甲斐に、否定の意味合いのがついたもの。ただ由来となった直接的なものは伝わっていません。ただ、何事に対しても、上手くできない自分を責めることばかりでは、これから過ごす生涯にもマイナス要素。

ここでは、不甲斐ないという意味をしっかり把握、仕組みを紐解いて脱出する方法を紹介しています。

 

 

 


先ずは知っておく、自身が不甲斐なかったり情けなかったりする場面


 

| 1.逃げてしまったとき、自分は情けない人間だと思うこと

辛いことに直面し、逃げ出してしまうシーン。手に負えない障害や強大ともいえる敵が目の前に現れた際は、逃げるのも有効な一つの手段。

ただ、逃亡は悪い事と考える人にとっては、どの様な状況下でも逃げることは許されないもの。逃げては駄目だと考えているのに逃げてしまったとき、自分は情けない人間だと思うことで、不甲斐なさを痛感します。

 

| 2.衆人環視の中で失敗すると、裏切りの気持ちが大きくなる

周りから寄せられる期待を裏切ったシーン。周囲の人たちから期待を受けるのは嬉しいことですが、余りに期待が大きくなると、プレッシャーも比例するもの。

なので、衆人環視の中で失敗すると、裏切りの気持ちが大きくなり、自らの至らなさを痛感します。期待していたのに残念など言われると、申し訳なさからお詫びや謝罪がしたくなり、自信喪失することに。

 

| 3.自信がある案件に失敗、悔しい気持ちが昂って不甲斐なさ

苦労したにも関わらず、不本意な結果に終わったシーン。努力は必ず報われるといった言葉もありますが、その苦労が結果に繋がらないこともあるもの。

プライベートでもビジネスにおいても、した苦労が残念な結果に終わったとき、自らに失望してしまい、不甲斐ない人間だと感じてしまいます。特に、絶対に成功できると自信がある案件に失敗してしまうと、悔しい気持ちが昂って、より一層不甲斐なさを抱くことに。

 

| 4.ネガティブ思考に陥ったまま、自分は何て不甲斐ない人間

自分自身より優れた人物に出会い、劣等感を覚えるシーン。どれほど自らに自信を抱いていても、自分より優秀な人間は沢山いるもの。

趣味でも仕事に対しても、自身より上の人物を見つけてしまうと、劣等感を感じてしまい、あの人に比べて自分は駄目な人間だと感じてしまいます。

この悔しい気持ちを力に変える人もいますが、ネガティブ思考に陥ったまま、自分は何て不甲斐ない人間と、落ち込み続ける人も珍しくありません。

 

| 5.恋愛関係で頼もしさを要求される男性、力不足を感じる

好意を持つ人の前で緊張し、何も話せなくなるシーン。仕事のみならず、恋愛でも不甲斐なさを感じるときは沢山あるもの。好きな人の前で緊張するあまり、思うように話せなかった時は、自分を責めてしまう人も多くいます。

特に恋愛関係で頼もしさを要求される男性は力不足を強く感じ、自分は不甲斐ない人間と一層気分が落ち込んでしまいがち。

 

 

 


こちらも理解しておきたい、不甲斐ないと言われる人物に共通する特徴


 

| 1.気概のない人や不甲斐ない人と言われ、避けられるように

マイナス思考が当たり前になっていて、どんな事もネガティブに捕えやすいということ。些細なトラブルでネガティブ思考に陥ってしまい、周囲の人まで巻き込んでしまう人は珍しくありません。

すぐにお詫びや謝罪などをするマイナス思考の人いると、周囲の雰囲気も悪化してしまうもの。何時までもネガティブ思考を継続している人は、気骨のない人や不甲斐ない人と言われ、周りから避けられるようになります。

 

| 2.嫌な事柄から逃避、重要な役目を依頼したいと思わない

責任感が弱く、信頼しにくいということ。プライベートでもビジネスでも、責任感を持って事柄に取り組むことは、大変に重要になります。責任感を持って、自分自身がすべきことに向い前向きに進める人は、多くの人に信頼されるもの。

他方で、責任感が脆弱で、嫌な事柄からすぐ逃避する人には、重要な役目を依頼したいと思う人はいません。不甲斐ない人は、信用されない人と同じ。

 

| 3.意見に同意しているだけの人、見解がない不甲斐ない人

自己肯定感が低いので、周りに自らの意思や意見を言えないということ。自らにに自信を持てないと、意見の主張もできず、周囲に流されるばかりになるもの。

人に合わせるのは大事なことですが、意見交換が重要なビジネスシーンでは、意見を述べない人は存在しないも同然。誰か意見に同意しているだけの人だと、周りの人は自分の見解がない、不甲斐ない人だと感じてしまいます。

 

| 4.多少のハードルも超えられないタイプは、不甲斐ない人と

性格が繊細で打たれ弱いということ。不甲斐ないという言葉の意味合いを、気合や我慢が足りないといった意味で、使う人は珍しくありません。プライベート面でも仕事面でも、苦難に負けないで最後まで完遂すること大切で、やり遂げる強さのある人はどこでも重宝されるもの。

一方、繊細で打たれ弱い部分があり、多少のハードルも超えられないタイプは、周囲から不甲斐ない人と思われがち。

 

| 5.受動的なタイプ、新しいことに挑戦することができません

何事に対しても受動的で、自ら行動を起こせないということ。進んで新しいことに挑戦し行動を起こせる人は、気骨のある人として多くの人たちに評価されるもの。

他方、とにかく受動的なタイプで、他人に流されるままの人は、新しいことに挑戦することができません。なので、ビジネスシーンにおいては、挑戦心のない不甲斐ない人され、職場の人々から信頼されなくなります。

 

| 6.自力で出来る、甘えたりすると周囲の人から不甲斐ない人

早々に人に頼ったり、甘えたりするなど精神的に幼い面があるということ。自らの目標や夢を叶えるため、時には他の人を頼ったり上手く甘えるのも必要なもの。

ただ、本来自力で出来ることを人にして貰ったり、甘えたりすると周囲の人たちから、不甲斐ない人と思われてしまいます。精神面が幼い人は頼りなく見え、特に男性の場合は、恋愛面で男らしくないという評価に繋がります。

 

 

 


覚えておくとすぐにでも役に立つ、不甲斐ないと感じたときの対処法


 

| 1.一旦やり始めたことは、何としてでも完遂するよう意識

一度取り掛かったことは、どんなに苦しくても最後までやり遂げるということ。苦しい状況になってしまうと、思わずその場から逃避してしまいがちなもの。ただ、逃げてしまった後で、自分は駄目だと落ち込んでしまう可能性が大。

自身の情けなさで否定的にならないよう、一旦やり始めたことは、何としてでも完遂するよう意識します。こうして後悔の数を減少することで、感じる不甲斐なさも次第に薄れるもの。

 

| 2.頼もしさも自然と湧き出て、周囲の人たちの信頼も増す

自らの行動や言動に対し、責任を持つことを意識するということ。責任感が弱いまま日々を過ごしていると、ここ一番で逃げの気持ちに襲われ、自らに自信を失うもの。

自分が不甲斐なくならないため出来るのは、自分の発言や行動にちゃんと責任を持つこと。自ら言動を意識するようになれば、頼もしさも自然と湧き出てきて、周囲の人たちからの信頼も増します。

 

| 3.リストアップし、分析を自分なりにしてみるのも効果的

不甲斐ないとされる、要因を解明するということ。特段これと言った理由はないのに、自分は駄目な人間だと感じることもあるもの。そんな場合は、不甲斐ないと感じる要因に対してきちんと考え、それを取り除くための方策を始めること。

原因究明をするため、最近起こったことや自らの短所をリストアップし、分析を自分なりにしてみるのも効果的。

 

| 4.些細な約束でも断じて破らないよう意識することが重要

人とした約束は、必ず守ることを徹底するということ。人と交わした約束を破ってしまうと、その人物からの信頼も失うほか、不甲斐ない自分に対して落ち込むもの。一旦、自分自身に自信を無くしてしまうと、そこから立ち直るのは大変です。

落ち込む要因を作らないように、些細な約束でも断じて破らないよう意識することが重要。約束事はいつもチェックする癖を付けること。

 

| 5.前向きな気持ちになれば、自身の不甲斐なさも薄れていく

悔しい気持ちを、次へのステップに変えるということ。失敗してしまった後、悔やみきれない気持ちは多くの人が抱くもの。

ただ、自分は不甲斐ない、駄目な人間だと落ち込むだけでは一向に進歩がありません。失敗や悔しさも次回に生きるものと、前向きな気持ちになれば、自身の不甲斐なさも薄れていくものです。

 

| 6.一旦何も考えないでゆっくり休むことがポイントの一つ

何も考えないで、ゆっくり休み気分をリフレッシュするということ。不甲斐ない気持ちで一杯になり、前向きになれない時は誰しもあるもの。そんな時、無理して明るく振舞うのではなく、一旦何も考えないでゆっくり休むことがポイントの一つ。

信頼している人物に悩みを聞いて貰ったり、自分の好きなことをして気分をリフレッシュ。抱えている不甲斐なさも前向きに捉えられるかも知れません。

引き寄せで不甲斐ない思いを脱出。

「心配」「怒り」「悲しみ」「孤独」を手放し本来の自分を取り戻す新方式

 

まとめ

日々の生活で情けない思いをするもの。ここでは、不甲斐ないという意味をしっかり把握、仕組みを紐解いて脱出する方法をしょうかいしました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。