周りの人に疎まれたくはないもの、面倒くさい人への交際と対処方法


世の中には面倒くさい人と呼ばれる人物がいるもの。ほかにも、めんどくさい男や面倒くさい友達など、人間関係にも煩わしいところがあります。面倒くさい人を良くいうと、独自の価値観や人生観などの持論を持った個性的な人物。

しかし、悪くとればかたくなな性格となり、協調性や他の人への配慮が欠如。どんなシーンでも持論に固執したり、同意や理解を他人に求めるあまり、面倒くさい人と周辺の人々から嫌われることに。

面倒くさいの意味というと、手間がかかって煩わしいことや無駄なものから、現在のような意味合いになったとされます。面倒くさいという心理には広範囲にわたるものがありますが、周囲の人達から面倒くさい人認定などをされると厄介なもの。

ここでは、周りの人に疎まれたくはないもの、面倒くさい人への交際と対処方法を紹介しています。

 

 

 


人前ではよした方がいいもの、面倒くさい人と取られがちな心理と特徴


 

| 1.話している最中の、相手の表情や反応を見ることが大事

自らの成功体験を話さずにはいられないというタイプ。何かの助言を求めたときなど、聞きたい話とは食い違うことをいう人には警戒が必要。シンプルな助言を求めているのに、自身の成功体験の過去のいきさつを話し始める人がいるもの。

誰もが隠れて持っている承認欲求は、何時いかなる時に顔出すかは判らないので、話している最中の相手の表情や反応を見ることが大事。

 

| 2.嫉妬心などが強い、相手へのライバル意識などで批判的に

頻繁に他人の間違いを探して、駄目だしをするタイプ。自らの立場に立った批判をしたり、反省点の洗い出しをすることは間違っていないもの。

ただ、相手のことを素直に褒められず、仕事とは関係のないところまで、他人の間違い探しやあげ足取りばかりになっている人もいます。プライドが高く、自分の方が上という意識や、嫉妬心などが強いこと、相手へのライバル意識などで批判的に。

 

| 3.他者の作成したルールには盲目的には従えない、反抗心

既存の規定やルールに反発するというタイプ。プライベート上でも会社内でも、規定やルールなどの決め事になっているものがあるもの。

こうした規定やルールなどを持ち出された際、別段不満はなくても、生理的な反発を決まってしてしまう人です。自分自身には自らの決め事があるので、他者の作成したルールには盲目的には従えない、そんな反抗心が言動に表れます。

 

| 4.要点がまとまっておらず、補足情報もコンパクトではない

話が長いばかりで、適切にポイントを伝えられないタイプ。個人的なことはとにかく、やたら仕事上の話が長くなってしまうがいるもの。

話す以前に伝えたい要点がまとまっておらず、補足情報もコンパクトではありません。こういったタイプは上司に対するだけでなく、同僚や友人にも開口一番、要件は何と促されてしまうことに。

 

| 5.共通する、他人の理解を試みる思いやりや発想力の欠如

周囲を使用人のように使うタイプ。プライベートでも仕事でも、面倒くさいことは全部を他人に振ってくるという人。個人的な生活では避けていればいいようなものの、会社の上司などだと、なかなか避けられなくて困ったもの。

こうした面倒くさい人に共通しているのは、他人の理解を試みる思いやりや発想力の欠如。面倒なことやお膳立ては、すべて他人任せという人は、周囲を使用人と見ています。

 

 

 


煩わしい人間関係もこうすればスムーズ、面倒くさい人への交際と対処


 

| 1.なかなか距離が縮まらないにことに、積極的になれない

一定の距離を保つという対処。煩わしい人や面倒な人とは、一定の距離を保つようにすることが大切。結局のところ距離感を近づけ過ぎないに越したことはありません。めんどうくさい人は図々しいところもありますが、逆に気の小さいところもあるものです。

なので、なかなか距離が縮まらないにことに対して、積極的になれないことも。仲良くしないことを距離で伝えます。

 

| 2.注意することは煩わしいことですが、辛抱強く直せと言う

自分勝手な言い訳やルール違反を許さないということ。規則破りをしたり自己中心的な面倒臭い人は、容認できないという態度を貫きます。面倒くさい人は関わり合いなるのを避けられているため、何となく許されることも多いもの。なので、自分は認められていると思っています。

注意することは煩わしいことですが、粘り強く間違っているので修正しろと言い続けない限り、周囲のめんどくさい思いは続きます。

 

| 3.視線を合わせない、誰かと話したり他のことをするように

目を合わせないようにするということ。勤務先など、無理にでも顔を合わせなければならない相手の場合、極力視線をそらすようにします。

目が合うと話し掛けやすい状況になるので、なるべく視線を合わせないようにして、誰かと話したり他のことをするようにします。それでも執拗に関わってくるケースでは他の対策を考えますが、大抵の人間は視線を合わせて貰えなくなると、嫌われたことに気付くもの。

 

| 4.相手も流石に楽しくなくなる、やがて関わってこなくなる

こちらからは何の行動も起こさないということ。こちらから連絡したり、話し掛けたりということは一切しないことがポイント。

連絡が来たときは続かないように返信し、話し掛けられたときは適当に相手をし、こちらからの働きかけは一切しません。これを継続していると、相手も流石に楽しくなくなるので、そのうち関わってこなくなるもの。

 

| 5.面倒くさい人も時間が経過、誰かを見つけ連絡も来ない

兎にも角にも会わないようにするということ。面倒臭いと思う友達とは、干渉しないようにする以外の方法はありません。何となく付き合って仲良くしていると、相手側から誘われるかも知れません。

ただ、いつ迄も関わり続けていると、ストレスが蓄積していく一方。始めは断り続けるのが辛いものですが、面倒くさい人も時間が経過すると、誰か他の人を見つけ連絡も来なくなるもの。

 

 

 


面倒くさい男や女と呼ばれないために、すぐに気を付けたい5つの要点


 

| 1.大人数が集まる職場などのスペース、特に周囲に気を配る

もっとも重要なことの一つが、協調性を持つということ。周囲の環境にしっかりと合わせ、その空気を読みとります。

自身がしたいことや考えもあるかも知れませんが、大人数が集まる職場などのスペースでは、特に周囲に気を配ります。ただ、余りに気を配り過ぎても面倒になるので、意見するシーンでは面では我を通さず考えを述べること。

 

| 2.話したいことは、親しい間柄の人に聞いて貰うのがベター

自分の話を進んでしないということ。良くも悪くも自分の話ばかりしていると、周りの人たちに面倒くさく思われるもの。

話の流れや特別に尋ねられて、自身のことを伝えるのは大丈夫ですが、積極的に自分の話しをすると嫌がられるということです。どうしても話したいことがあれば、親しい間柄の人にじっくり聞いて貰うのがベター。

 

| 3.相談や悩みは、きちんとした信頼できる相手に話すこと

落ち込んでいるという訴えはしないということ。いくら嫌なことに出くわしても、気分が沈んでいるというアピールだけはしないようにします。親切に話し掛けてくる人がいるかも知れませんが、大体の場合どこかで話の種にされているもの。

どうしてもしたい相談や悩みがあるときは、きちんとした信頼できる相手に話すこと。SNSなどの投稿では、面倒くさい男や女と思われます。

 

| 4.すべき事をちゃんとしていれば、口にする意見にも説得力

仕事などの務めをきちんとするということ。社会人として見た場合、あまりにも当たり前ですが、自身に任されたことや仕事は遂行します。

規則やルールを守るのは当然のこと、上下関係や期限などもしっかりと遵守するようにします。すべき事をちゃんとしていれば、口にする意見にも説得力が出るもの。口だけの人間は面倒くさがられてしまうもの。

 

| 5.必要以上に他者に関係しなければ、巻き込まれないことに

他人とあまり深く関わらないということ。恋人をはじめ、親しい友人や家族以外とは、あまり深く関わり過ぎないのも一つの手段。多くの人と関わりを持つと、予定を合わせるのが面倒になったり、人間関係の困りごとも増えてきます。

職場などでも、仕事の大変さより人間関係の悩みがストレスになるもの。必要以上に他者に関係しなければ巻き込まれないので、程よい距離を維持します。

本来の自分を取り戻す。

「心配」「怒り」「悲しみ」「孤独」を手放し本来の自分を取り戻す新方式

 

まとめ

面倒くさい人と呼ばれる人物がいるもの。ここでは、周りの人に疎まれたくはないもの、面倒くさい人への交際と対処方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。