詰まらない見栄やプライドは捨てさること、助けて欲しい時の対処法


日常の暮らしの中で、助けて欲しいと思うこともあるもの。不都合な人間関係の禍に見舞われたり、仕事で大きなミスを犯して上手くいかなくなるなど、誰となく助けて欲しい一瞬が訪れるもの。

人間は何事も自分一人だけの力で進めていくには無理があり、仕事はもちろん勉学やスポーツなど、出来ないことや判らないことが必ず出てくるものです。そうした助けてほしい時に、素直な気持ちで助けてくださいと、口に出す勇気があるかどうかが大切なこと。

この言葉は一方で魔法の言葉とも呼ばれ、助けてくださいと一言発するだけで、成り行きも大きく好転することに。ただ時と場合によっては、助けてほしいとは言えないこともあります。

ここでは、詰まらない見栄やプライドは捨てさること、助けて欲しい時の対処法を紹介しています。

 

 

 

 


最初に把握しておくことが大切、助けてほしいと思う心理面や原因から


 

| 1.いじめは、依然として減少傾向にはならず社会問題となる

職場や学校でいじめを受けているケース。職場でのパワーハラスメントや、学校内でのいじめは、依然として減少傾向にはならず社会問題となっているもの、

追い込まれている最中は逃げることもできず、誰でもいいので助けて欲しい気持ちで一杯になる人も多くいます。何でも心を開いて話せる人や、相談する人が身近にいない場合、苦しい時が続いてしまう傾向に。

 

| 2.犠牲にしたことが無駄になるように感じ、助けてほしい

努力してきたことが実を結ばなかったケース。仕事をはじめ恋愛やスポーツなど、全部の人が好結果を得て報われることは先ずありません。

なので、努力をしたものの結果が出ないことは儘あります。ただ、自分自身が経験すると辛いもの。多くの労力や費やした時間を犠牲にしたことが無駄になるように感じ、助けてほしいと思ってしまいます。

 

| 3.急な出費が重なってお金が足りない場合、助けて欲しい

金銭的な問題というケース。生活に必要不可欠な金銭は、計画的に使えば大丈夫というものではなく、実際は問題が誰しも起こりえるもの。急な出費が重なってお金が足りないとような場合、助けて欲しいとなることもあります。

いざという時は、家族や親戚、親しい友人などに頼りますが、大きな借金を抱えたりすると、弁護士などの法律の専門家に助けて欲しいということに。

 

| 4.解決策を必死で考えている最中には、助けてほしいと思う

仕事で大きな失敗を犯してしてしまったケース。仕事で犯したミスは、取引相手や仲間への迷惑や、この先の出世に響く可能性などもあり落ち込むもの。

やってしまったことは取り返しがつかないので、その日にできる関係者への謝罪や報告、埋め合わせなどをします。こうした解決策を必死で考えている最中には、誰彼となく助けてほしいと思うもの。

 

| 5.驚愕に人間不信に、誰かに助けて欲しい漫然とした心理

信頼していた人物に騙されたケース。どの様な状況下でも人間は、他の人との信頼関係を感じながら、それを前提に生きています。

なので、全幅の信頼を寄せていた人に騙されたり、嘘を吐かれていた時などは、大きな衝撃を受けるもの。あまりの驚愕に人間不信になり、誰かに助けて欲しいという、漫然とした心理だけが残ります。

 

| 6.人間関係に破綻が生じるのは、精神的な痛手が大きな出来事

人間関係の険悪化というケース。親しい人や友人などの人間関係が悪化して、助けて欲しいと思うことがあるもの。

この人間関係に破綻が生じるということは、とりもなおさず精神的な痛手が大きな出来事の一つ。こうした関係を修復させるには、問題とは関係のない人物に助けを求めます。

 

 

 


助けて欲しい時に助けてくれないことも多いもの、その際にとる考え方


 

| 1.一度冷静になり客観的に状況と自分自身を見つめ直すこと

落ち着いて客観的に自らを見つめるという考え方。好結果を希望するあまり、焦燥感に駆られるのも、よく陥りがちなケースの一つ。

トラブルや悩みに対して焦る気持ちは当然ですが、一度冷静になり客観的に状況と自分自身を見つめ直すことが大切。案外に、解決への道筋が思い浮かんできたり、ポジティブな方向が掴めることが期待できることに。

 

| 2.周囲の人々が、その苦しみ疲れた状態に気がついていない

一人で抱え込まないで、周りに頼るという考え方。助けを求めたい時、どうせ誰も自分を助けてくれない、そんな思い込みもよくあること。

ただ、単純に自分の周囲の人々が、その苦しみ疲れた状態に気がついていないだけということもあります。勇気をふり絞り助けを求めてみると、トントン拍子に協力してくれ、良い方向に事態が進んでいくことも少なくありません。

 

| 3.逃げ出すこと自体が正解ということを、心に留めている

逃げ出したい時には、逃げても良いという考え方。追い込まれている最中は、視野が狭くなり逃げようという、そんな選択肢も思い浮かばないもの。

辛く苦しい状況が手に負えない時は、逃げ出すこと自体が正解ということを、心に留めていることが重要です。無理をして頑張ると、体調を崩してしまったり、精神的に参ってしまうこともよくあります。

 

| 4.どんなに良い事や悪い事も、永遠に続くわけではないこと

辛いことは永くは続かないという考え方。解決の切っ掛けが掴めず疲れた時は、生涯に渡ってこの状況が続いてしまうような心理に陥るもの。ただ、どんなに良い事や悪い事も、永遠に続くわけではありません。

いつかは良い事があると信じ込むことで、前向きな気持ちが沸き起こり、もうちょっと頑張れる勇気がでます。

 

| 5.過去の出来事と比べることで、何とかなりそうだと思える

今までの生涯で、一番辛かったことを思い起こすという考え方。過去の苦しい経験や辛い経験も、今となれば良い思い出になっている、そんなことも多いもの。

そういった過去の出来事と比べることで、何とかなりそうだと思える切っ掛けになることがあります。上手くいかない状況や苦しい経験が、自らを成長させてくれることに気が付けます。

 

 

 


辿るべき道は数多くあるもの、未来に役立つ助けてほしい時の対処法


 

|  1.逃げ出すという選択肢もある、覚えてくことがポイント

嫌な事からは逃げてもいいということ。嫌な事柄に向き合うことは、必ずしも必要不可欠なことではありません。

ほかにも道は多くあり、逃げたからと悪く思われることはなく、逃げ出さなくては状況は変わりません。ときには逃げ出すという選択肢もある、こんなことはしっかり覚えてくことがポイント。

 

| 2.最も解決に近い問題を狙い撃ちして片づけるのが良い方法

1つだけでも問題を解決してみるということ。問題が山積みになっているケースでは、先ず1つ問題に絞り、集中して解決します。

助けて欲しい要因や数多くの問題の中で、最も解決に近い問題を狙い撃ちして片づけるのが良い方法。優先順位をつけ、1つだけでも解決できると、前向きな気持ちになれるもの。

 

| 3.10年後をイメージして、同じことで助けてほしいかと

明るい未来をイメージするということ。助けて欲しいというときは、どうしてもネガティブ思考になっているもの。一旦落ち着き明るい未来をイメージすることで、気持ちが晴れます。

大問題にしても未来まで含んで考えると、在り来たりなこともあります。10年後をイメージして、同じことで助けてほしいかと言えば、ほとんどのことは当て嵌まらないもの。

 

| 4.月に数千人、助けて欲しいとネットで検索している人は

自分自身だけではないと知ること。陥っている状況で悩んでいるのは、自分一人だけではなく、似た状況で苦悩している人は多くいるもの。

例を挙げると、助けて欲しいとインターネットで検索している人は、月に数千人にも上ります。同じように悩んでいる人が大勢いることは、解決方法もそれだけの数あるということ。

 

| 5.人それぞれに異なるスキル、発想に経験などを持っている

他の人に頼るということ。助けて欲しいと思ったときは、他の人に頼るのがもっとも解決がしやすい方法。人それぞれに異なるスキルや、発想に経験などを持っているもの。そのなかには、悩みを解決できる人もいます。

人間は1人では生きていくことはできないので、助けて欲しいと思った際は、頼れる人物に思い切って依頼します。

 

| 6.たっぷり寝た後に改めて問題に向き合うことがポイント

何も考えず、全てを放り出し寝てしまうということ。考え事や悩み事が続くと、寝不足の日々がどうしても続いてしまうもの。一旦横に置いといて、何も考えずに寝てしまうこと。

ちゃんと考えるためには、問題に向き合う前に睡眠を充分とることが必要。睡眠不足ではマイナス思考の可能性が高くなるので、たっぷり寝た後に改めて問題に向き合うことがポイント。

助けを呼ぶ引き寄せの法則。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

誰となく助けて欲しい一瞬が訪れるもの。ここでは、詰まらない見栄やプライドは捨てさること、助けて欲しい時の対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。