未来の人生の生き甲斐と成り得ることも、素晴らしい達成感を得る方法


さまざまな事柄を成し遂げた際、得られる達成感は格別なもの。時間をかけ一生懸命に努力したり苦労をするほど、成し遂げた時の得られる達成感も大きくなります。これにより、やり続けて良かったという思いが湧き、新たな挑戦に向かってのやる気が生まれます。

達成感の意味はというと、物事をやり遂げた際に得られる感動や喜びのこと。似た言葉に充実感がありますが、こちらは心が満たされてる状態を指す言葉で、事柄を成し遂げずとも得られるもの。

なので、充実感を覚えたとしても、目標に到達できないときは、達成感は得ることはできません。ここでは、未来の人生の生き甲斐と成り得ることも、素晴らしい達成感を得る方法を紹介しています。

 

 

 


覚えておきたい達成感を得ることの必要性、さらに重要であるその理由


 

| 1.困難な出来事に直面、きっとできると前向きな感情を維持

自己肯定感が高まるということ。仕事などの取り組んでいる物事を達成することで、仕事自体がが楽しくなったり、より値打ちを感じられるようになります。

達成感を覚えることにより、自己肯定感が高まって、困難な出来事に直面しても、きっとできると前向きな感情を維持できます。なので、積極的に新しいことに挑戦する姿勢を会得し、より大きな結果を掴むための機会が広がるもの。

 

| 2.仕事を仕方なくするのではなく、楽しみながら出来ること

やりがいが感じられるということ。達成感を得られた場合、胸のうちが満たされて、頑張って良かったと思えるもの。

努力をすることをはじめ、チャレンジすることの楽しさや喜びを味わうことは、将来の目標に対してのモチベーションになります。仕事を仕方なくするのではなく、楽しみながら出来るようになり、毎日が更に充実したものに。

 

| 3.何もできない状態にならない為、達成感を得ることが重要

不安を感じなくなるという理由。自己肯定感がないときに感じる不安は、やる気を維持していく上で大きな敵となるもの。

もし、その感情が恐怖などの強い感情になれば、その場からすぐに逃げ出したいという行動に繋がります。こんな硬直して何もできない状態にならない為にも、達成感を得ることが重要。

 

| 4.このドーパミンは、集中力や情報処理能力を向上させる

楽しいや嬉しいなどの感情を感受するということ。これらの感情は達成感が得られた際、脳内物質のドーパミンが分泌され生じるもの。

このドーパミンは、集中力や情報処理能力を向上させる一方、不足すれば記憶力やモチベーションの低下などの症状が現れます。このことも、達成感を得ることが必要である理由の一つ。

 

| 5.達成感を得ていると客観的に物事を捉えることができます

表面的でなく、大局的な観点で自分を意識できるということ。物事を止めたくなる時は、その状態が全体の大きな流れの中での停滞期であるもの。

消極的な見方をしてしまいがちですが、達成感を得ていると客観的に物事を捉えることができます。なので、少々の失敗があったとしても、捨て鉢にならないで、改善に向けた一歩を踏み出すことが簡単に。

 

 

 


知っておくと将来に値打ちがある、達成感を手に入れるための対処方法


 

| 1.目標達成の期限を明白に設定することで、自身を鼓舞する

目標達成の期限を決めるということ。漠然とした目標を立てていると、成し遂げるためのモチベーションが早々湧いて来ないもの。

例を挙げると、年内に資格取得するという風に、目標達成の期限を明白に設定することで、自身を鼓舞することができます。いつも目標未達に終わってしまう人は、現実的な行動に移せるよう、目標達成の期限を設定します。

 

| 2.一つずつこなす、目標に着実に近づいているという実感

タスクリストを作成するということ。設定した目標に対し、やるべきことをタスクリストに取り上げ、目に見える形にすることで行動が起こしやすくなります。

大目標を設けていると、達成するまでに並みはずれた時間が掛かるように思え、モチベーションが下がりがち。なので、タスクリストを作成し、順次一つずつこなしていくと、目標に堅実に近づいているという実感が得られます。

 

| 3.努力をするモチベーションとなり、自分の成長にも繋がる

達成が困難な目標を立ててみるということ。より大きな達成感を手に入れたいときは、高い目標を掲げてみるのも一手。

少し難しい目標を決めていると、それが積極的に取り組むるモチベーションとなって、自分自身の成長にも繋がります。また、難しいと思える目標を成し遂げることで、自信や確信がより一層体感できます。

 

| 4.高いパフォーマンスができる基盤作りをすることが重要

適切に休憩を入れるということ。たとえ頑張り屋であったとしても、休むことなく努力し続ければ、心身ともにストレスが溜まるもの。

達成感を手に入れるためには、頑張る時と休息時のリズムをつけ、より高いパフォーマンスができる基盤作りをすることが重要。平日のみならず休日など働き続けるのではなく、休息する時間を作り適切にリフレッシュするようにしなす。

 

| 5.未経験の事柄に敢えて挑戦することで達成感が大きくなる

まったく違う分野に挑戦するということ。人間はどうしても、自らの特異な部類の事柄にチャレンジしがちなもの。

なので、自身の得意な分野とはまったく違うジャンルや、未経験の事柄に敢えて挑戦することで達成感が大きくなります。この分野だけしか向いていない、そんな思い込みが克服できるので、可能性を広げる切っ掛けになります。

 

| 6.実際に達成感を得られ、仕事を取り組み続けることが可能

達成感に関するチェックリストを確認するということ。定期的に達成感が得られているか、項目をチェックしてみます。

例を挙げると、仕事で日々の目標を立てていることや、やりがいを感じていたり、達成感を感じる工夫をしているなど。これらを定期的にチェックしてみることで、実際に達成感を得られ、仕事を取り組み続けることが可能に。

 

 

 


努力して目標に到達した後、今一つ達成感が得られないときの対処法


 

| 1.実現可能な領域や物事を把握、適切に目標を調整すること

自分の条件に合致した目標設定かを確認するということ。敢えて難しい目標設定は、より大きな達成感があるものですが、それが実際の自分自身のスキルや能力から大きくかけ離れたものであれば、モチベーションが下がってしまいやすくなります。

また、なかなか目標に辿り着くことがないと、フラストレーションが溜まったり自信を喪失したりするリスクもあるもの。なので、自らのレベルを冷静に見極めた上で、実現可能な領域や物事を把握し、適切に目標を調整すること。

 

| 2.自らの像を具体的にイメージし、明確な目標設定すること

不安を感じた際は、成功体験を参考にするということ。目標に向かい努力する気になれないときや、このままで良いのかと不安を感じたときには、他者の成功体験に学ぶのも効果的。自己啓発本を参照したり、著名な経営者のサクセスストーリーを見習うことで、前向きな気持ちが取り戻せます。

達成感を手に入れるためには、なりたい自らの像を具体的にイメージし、明確な目標設定することが重要。そうすると困難なシーンに直面しても、投げ出すことなく努力を継続できるのが達成感の使い方。

 

| 3.達成感を大きくする要素は未来にあると考え自らを肯定

達成感を心理学から見て、気は心ということ。要するに心構え次第ということで、慣れないうちは確実に努力が必要になるもの。今一つ達成感が得られないときに向き合うコツは、悔しい気持ちを持つこと。

現在の悔しさは将来に味わう達成感を、数倍数十倍返しで味わうためにする投資のようなものと考えます。今ある悔しさを覚えていれば、次回はこうしようという戦略を組み立てられ、諦めなければ必ず勝つことができます。

現在はは今一つの感覚ですが、達成感を大きくする要素は未来にあると考え自らを肯定します。

 

達成感を引き寄せる。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

 

まとめ

成し遂げた際、得られる達成感は格別。未来の人生の生き甲斐と成り得ることも、素晴らしい達成感を得る方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。