心理や要因を知っておくこと、すぐ実践したい嫌悪感を抱かれない方法


日常生活の中で嫌悪感を覚えることもあるもの。特に周囲の人で、我慢できないほど拒みたい人物がいる場合は困ったもの。嫌悪感とは自分以外の他人や物事を、憎んで嫌うこととされます。また、そのこと自体に嫌な気持ちや不快感を抱き、拒んだり遠ざけたい感情を含む場合も。

嫌悪感の意味からすると、人間として活動して以来、自らにとり不幸をもたらすものを遠ざけ、生存してきたことに由来します。またこの行動は本能の根源的な場所に根ざしていて、生理的に我慢ができないといった心情として現れます。

考えてみれば、自分が周囲の人たちから嫌悪感を抱かれていると、これから先の将来にも悪影響がでるもの。ここでは、心理や要因を知っておくこと、すぐ実践したい嫌悪感を抱かれない方法を紹介します。

 

 

 


先ずは理解しておくことが大切なこと、嫌悪感を感じる心理や原因など


 

| 1.差別的発想が生じている状態、違う人物を遠ざけようと

価値観や考え方の隔たりを感じたということ。自らの意見に近い考え方を持つ人たちばかりに囲まれていると、何となく安心するもの。

逆の立場で、この人物と自分は異なった考え方をしていると感じた際、意識せずその人物に対し嫌悪感を抱くことがあります。少々、差別的発想が生じている状態になり、自分自身とは違う人物を遠ざけようとする心情が働きます。

 

| 2.問答無用で意見を押し付けられれば、嫌悪感を持って反発

頭ごなしに意見を押し付けられたということ。誰かの影響のもとに強要されたような感覚を味わうと、並み外れてストレスを感じる人もいるもの。

上司などの地位が上の人でも、問答無用で意見を押し付けられれば、嫌悪感を持って反発しようとします。自分のスキルや能力を認めて欲しい、そんな心理が強くなることで嫌な気持ちになるパターン。

 

| 3.思わしくない方向に物事が進むとき、殺伐とした心理状態

期待を裏切られたということ。この人はこうだとか、この出来事はこうなるなど、勝手な思い込みをすることは誰しもあるもの。

そんな期待が外れ思わしくない方向に物事が進むとき、イライラして殺伐とした心理状態に陥り嫌悪を感じます。イメージと余りにも違ったと思うときは、その人自体を嫌悪することもあります。

 

| 4.多くは嫌悪感や恐怖心を伴って思い起こしてしまうもの

過去にあったトラウマを思い起こしたということ。人間は若い頃や幼少時に経験した、衝撃的な出来事が記憶にトラウマとして残ることがあるもの。原因や内容はさまざまですが、その多くは嫌悪感や恐怖心を伴って思い起こしてしまうものです。

なので、その人物や物事に引き金になるものがあると、フラッシュバックから非常に不愉快な心理状態に陥ります。

 

| 5.そのようなテーマを話される、被害妄想に似た心理状態

馬鹿にされたと思い込んでしまったということ。発言者の本心と関係なく、言われたことを気にして嫌悪を感じることもあるもの。悩み事や劣等感などがあり、そのようなテーマを話されることで、被害妄想に似た心理状態になることがあります。

自分自身はその人物に対し悪いこと何もしていないはずなのに、ネガティブな感情に支配されてしまう場合です。

 

 

 


こちらもチェックしておきたいもの、嫌悪感をもたれやすい人の特徴


 

| 1.嫌悪感を持つどころか、関係を阻止したいと思う場合も

口臭や体臭が強いということ。不快な臭いがする人物は、人間が本来持っている生理的反応から拒絶されてしまうことが多いもの。

歯を磨いていなかったり、お風呂に入っていなかったり、そんな明確に分かるような口臭や体臭は、大いにその人物の評価を下げます。人によれば嫌悪感を持つどころか、関係を阻止したいと思う場合もあり注意が必要。

 

| 2.雰囲気を悪くしたり、人間関係に不協和音が生じることも

無神経で空気を読まないということ。グループで仕事や行動を伴にしているときは、お互いにある程度のフォローや気遣いをすることを期待しているもの。

しかし、嫌悪感を持たれやすい人は、自己中心的であまりその場の空気を読まないという特徴があります。無神経なことを発言して雰囲気を悪くしたり、人間関係に不協和音が生じることも頻繁にあります。

 

| 3.裏付けのない自信、大口を叩く人は嫌われやすい傾向に

上から目線の発言が多いということ。見下すようなものの言い方は、上司や先輩など立ち位置がはっきりしている人でも、嫌悪感を抱いてしまうもの。

周囲の評価が低く能力がない人からの上から目線の言い方は、自身の存在を否定されたような気持ちになるので、なおさら不快に感じます。裏付けのない自信を持って、大口を叩く人は嫌われやすい傾向にあります。

 

| 4.どれだけ親しい相手でも、遅刻することは余りないもの

約束の時間を守らないということ。常識的な感覚からすると、どれだけ親しい相手でも遅刻することは余りないもの。

嫌悪感を持たれやすい人は、約束の時間に対してもだらしないことが多く、周囲の人たちを待たせてしまう傾向があります。時間も守れないということで信用も落ちるので、重要な相談や仕事をされなくなくなります。

 

| 5.さまざまなシーンで周りの人たちを不快にさせ、嫌悪感を

礼儀作法やマナーが守れないということ。公共の場所での会話や食事しているときなど、礼儀やマナーのなさは行動に出るもの。

嫌われがちなタイプの人は、常識的なマナーがなっていないので、さまざまなシーンで周りの人たちを不快にさせ、嫌悪感を持たれることがあります。食事の最中に音を立ててしまったり、つい大きな声で会話したりという人は注意が必要。

 

| 6.何言ってもいいという気持ちに、嘘や悪口は嫌悪感の対象

人の悪口を言ったり、嘘をついたりすること。たとえ自身の事ではなくても、悪口を誰かが言ったりするのを聞くのは、決して気分の良いものではありません。

どうしようもないを年中ついている人や、他人のことを悪く表現する人は信頼されず、嫌悪感を持たれてしまいます。会話が盛り上がると、何言ってもいいという気持ちになりますが、嘘や悪口は嫌悪感の対象となるもの。

 

 

 


良くない影響が大きい、嫌悪感を持たれることの代表的なデメリット


 

| 1.スケールの小さな仕事、大きな成果をあげる機会が少なく

仕事上で大きな成果を出すのが難しくなるということ。多くの人々から嫌悪感を抱かれると、周囲の信用がないことが伝わり、上の位置の人間の評価も下がりがち。

そうなれば多くの人たちを集め、纏める必要のある案件やプロジェクトは任せてもらえなくなります。最終的にスケールの小さな仕事しかできず、大きな成果をあげる機会が少なくなります。

 

| 2.生理的嫌悪感を与えてしまう人は、異性から拒絶される

恋愛関連で異性から好かれないということ。異性の目から見ると、上司や同性の同僚以上に、外見や服装、臭いなどは敏感になる傾向があるもの。

なので、生理的嫌悪感を周りに与えてしまう人は、さらに異性から拒絶されてしまうことに。異性から好かれないどころか、全く会話をして貰えなくなったり、完全に仲間外れにされる可能性もあります。

 

| 3.一度や二度好結果を残した程度、払拭することはできない

信頼関係を築くことが困難になるということ。嫌悪感を持たれる理由に、いろいろな意味でだらしないというイメージがついて回るもの。

一旦、そのイメージを抱かれてしまうと、一度や二度好結果を残した程度では払拭することはできません。信頼関係を構築するためのハードルがかなり上がるため、頼りにして貰うことが難しくなります。

 

 

 


好かれる人になるためにも必要、実践したい嫌悪感を抱かれない対処法


 

| 1.周囲に影響があるのか判りにくい、念入りな対策が重要

口臭や体臭対策を徹底するということ。口臭や体臭というのは、自らではどの程度周囲に影響があるのか判りにくいので、念入りな対策が重要。

お風呂に毎日入るのはもちろんのこと、デオドラントスプレーなども夏場は活用します。毎食後には必ず歯磨きをして、人前で話す前にはミントタブレットなどを噛み、口内をリフレッシュすると効果的。

 

| 2.明るい表情、ポジティブで前向きな考えを維持すること

前向きな考え方を持って、笑顔を増やすということ。信頼を得るためには周りの人に、自身のことを認めて貰い、好きになって貰う必要があります。

なので、いつも明るい表情を保って、ポジティブで前向きな考えを維持することが大切。周囲の雰囲気が明るくなるように努めれば、さまざまなイベントで活躍でき評判も上がりやすくなります。

 

| 3.外面的な部分のうち、手を付けられるところから順に直す

外見を見直して、最初の印象を良くするということ。身なりや服装が自身の印象を左右する、重要な部分であることは一つのポイント。

なので、自身の外面的な部分のうち、手を付けられるところから順に直していきます。無理していきなり可愛く、格好良くなろうとせず、最低限の清潔感を意識すると、周囲の印象は少しずつ変わるもの。

 

| 4.接し方を相手に合わせて目まぐるしく変えるのは止める

誰に対しても優しく平等に接するということ。相手次第で態度を変化させたり、上司に媚を売っている姿は、嫌悪感を持たれやすいもの。

なので、特定の人の評価が欲しいからと、接し方を相手に合わせて目まぐるしく変えるのは止めておきます。皆に優しく平等に接することで、信頼感を会得しやすくなり、結果的に周囲の評価も上がってきます。

 

| 5.相手側の印象を効果的に制御、心理学を学ぶのもポイント

心理学を学び、相手に好かれる創意工夫をするということ。相手側の印象を効果的に制御するため、心理学を学ぶのもポイント。相手の行動を真似するミラーリングという手法があり、親近感を大きく向上させることができます。

さらに、口調の速度や声色を近くするマッチングという手法もあり、より自分の言う事が理解されやすくなります。

 

呼び寄せの法則で嫌悪感を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

拒みたい人物がいる場合は困ったもの。ここでは、心理や要因を知っておくこと、すぐ実践したい嫌悪感を抱かれない方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。