知っておくと役に立つもの、さまざまなシーンで折り合いをつける方法


日常生活の中で折り合いがつくということもあるもの。交渉事において互いにある程度譲り合うことで、双方が納得できる地点が定まることです。対人関係でも折り合いをつけるという場合、相手とのやり取りの関係で、両方が納得する形で話を纏める時に使われる事が多いもの。

似た言葉に妥協点を探すというものがありますが、折り合いをつけるとういのは柔らかな大和言葉で、仕事上も人間関係も円滑にする言葉です。

また不愉快な出来事が身の回りで起きて不機嫌になってしまった場合、自分自身の機嫌を取る時も折り合いをつけると言います。このように立場が対立しない点を見出すことで、日々の暮らしの中で値打ちを持つことに。

ここでは、知っておくと役に立つもの、さまざまなシーンで折り合いをつける方法を紹介しています。

 

 

 


人生の岐路で出会うことが多い、把握すべき折り合いをつけるシーン


 

| 1.自分が入りたい企業より採用してくれる企業を優先しよう

就活における折り合い。就職活動で悪戦苦闘している学生も多くいて、始めるまでは新卒でも高年収を貰える大手企業しか就職したくない考えているもの。

ただ、現実に就職活動を始めると、予想外に厳しく本命の企業から不採用通知ばかりが届くことも。そうなると、自分が入りたい企業より採用してくれる企業を優先しようと、折り合いを付けたくなるもの。

 

| 2.一時的なショックを受けたり捨て鉢な気分になる事もある

理想の追及に見る折り合い。思い描く理想がロマンチックであればあるほど、現実の世界で完璧に成就させるのは不可能なもの。

幼い頃から抱いていた理想を現実のものにすることができないことに気付くと、一時的なショックを受けたり捨て鉢な気分になる事もあります。ただ、そんな経験をすることで、理想と現実との隔たりに折り合いをつけていきます。

 

| 3.現実の苦い思いをしながら、生活のためと折り合いをつけ

仕事上である折り合い。若い時分にこの職業に就きたいと考えていても、夢を実現できる人はそう多くはないもの。

たとえ自分自身が夢を見ていた職業に就けたとしても、思ったほど楽しいことばかりではありません。当初は自ら希望する分野の仕事を与えて貰えず、現実の苦い思いをしながら、生活のためと折り合いをつけていきます。

 

| 4.多くの体験を積むことで、思い描く自己実現はできないと

自己実現に関する折り合い。若い頃は将来について、こんな自分になりたいという、自らの夢や目標がそれぞれの人間にあるもの。

ただ、社会に出て色々人と出会い、多くの体験を積むことで、思い描く自己実現はできないものと悟ることに。そして、自らの努力でできる範囲内で、自己実現を達成しようと折り合いをつけていきます。

 

| 5.現実味を帯びた安定した生活の選択肢に折り合いをつける

人生の岐路に立った際の折り合い。人生を生きていく上で、さまざまな岐路と呼ぶべき場面に直面するもの。例を挙げると、いつ誰と結婚するのかということや、海外赴任の話を引き受けるかどうかなどです。

こんな時、理想を追い求め現実離れした選択肢を選ぶより、より現実味を帯びた安定した生活の選択肢に折り合いをつける人も多いはず。

 

 

 


人間関係の中にある付き合い方から見る、それぞれの折り合いの場面


 

| 1.辛い体験を経ることにより、人間関係に折り合いをつける

人間関係では妥協をすることもあるということ。自らの心情さえ思うように制御できないので、他の人の気持ちや行動を思い通りにすることは絶対に不可能。

当初は相性が良い相手だと思っていても、長い付き合いのうちには違和感を覚えたり、信頼する人物に裏切られることもあります。こうした辛い体験を経ることにより、人間関係に折り合いをつけることを学んでいきます。

 

| 2.ある程度幸せであれば、恋愛は希望通りでなくても良い

恋愛に於いても折り合いがあるということ。恋愛をしたことがない幼い頃は、おとぎ話に出てくる人物に夢を抱いていた人も多いもの。

ただ、現実に付き合うことになった場合、自分自身が思い描いていた理想的な人物ではないことに気づきます。なので、ある程度幸せであれば、恋愛は希望通りでなくても良い、そんな折り合いをつける人がほとんど。

 

| 3.結果的に条件を引き下げ折り合いをつけ、結婚相手を探す

結婚をする際に折り合いをつけるということ。理想の結婚相手に出会うのは嬉しい限りですが、そうは都合よくならないのが現実というもの。

世に言われる高学歴や高収入に高身長の男性と結婚と思っていても、結果的に条件を引き下げ折り合いをつけ、結婚相手を探す人も多くなります。それでも幸福な結婚生活は送れるものですが、相手の内面には注意したいもの。

 

| 4.結婚生活が長くなり子どもが生まれる、その関係性は変化

家族との関係で折り合いをつけるということ。いつも幸せで深く愛し合っている、理想的な家族像を実現するのはとても困難なもの。

結婚したての頃は愛し合う夫婦でも、結婚生活が長くなり子どもが生まれたりすると、その関係性は変化します。また、子どもが思春期になれば、親子関係が悪くなることもあるかも知れません。家族関係は常に都合良くはいかないもの。

 

| 5.多くの親は折り合いをつけ、子どもの自立性を認めていく

子どもに関しても妥協がつきものということ。自分の子どもであっても、全てを制御することはできません。

育児をしていく中で、子どもが自分の思い通りにならず、感情的になったりストレスが溜まったりするもの。そうした体験を経ることで、多くの親は折り合いをつけ、子どもの自立性を認めていきます。

 

 

 


不機嫌になったときに試したいもの、自らの心に折り合いをつける方法


 

自分自身は何もできないという無力感があったり、何となく感じる生きづらさだったり、一般的なネガティブ思考に対しどう対処するかということ。

アプローチは一つではなく、その状況にあることは否定しないで、向き合いつつ折り合いをつける道を探ることが重要です。そうすれば気持ちも軽くなり、自らが持っている力を発揮できるようになります。

 

| 1.自分で自分の首をしめている様なもの、自らに降りかかる

そんな人もいると自らに言い聞かせるということ。酔っぱらって店員に絡んだり、街で人を押しのけて歩いたりの迷惑行為をする人がいるもの。そんな人たちに過敏になって腹を立てていたら、終わりがなく時間がもったいないことになります。

そういう人は自分で自分の首をしめている様なもので、いずれ必ず自らに降りかかってきます。そんな風にやり過ごすことがポイント。

 

| 2.その人物になって自らのことを考えてみるのも一つの手段

相手と自身の立場を入れ替えてイメージするということ。相手の立場になり考えなさいと言われますが、咄嗟だとかなり難しいもの。

なので、時間と心にゆとりがあるときには、入れ替わりの術を用いて、その人物になって自らのことを考えてみるのも一つの手段。そうすると色々な発見があり、それほど自分の都合よくいくわけがないと折り合いがつくもの。

 

| 3.余裕を持ち行動するようになると、自然と折り合いがつく

時間に余裕を持って行動するということ。世の中を見渡し意識して見てみると、イライラしている人が多いもの。せわしなく落ち着きがないと、自らに幸福感がないので、人にも優しくすることも出来ません。

余裕にはさまざまな種類がありますが、時間の余裕は今からでも少しの努力で作れます。余裕を持ち行動するようになると、自然と折り合いがつくもの。

 

| 4.自らの心に聞いて、順番にこなすことで快適な暮らしに

物事を順番に決めていくということ。人間は常に悩みの中にいるもので、何を選べば正解かと日々迷うことが多いもの。

常識から考える観点から物事を選択することを止め、自分の胸のうちで確かめ折り合いを付けていきます。毎日の生活のなかの手続きなども、いちいち自らの心に聞いて、順番にこなすことで快適な暮らしになるもの。

 

折り合いを引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

似た言葉に妥協点を探すというものも。ここでは、知っておくと役に立つもの、さまざまなシーンで折り合いをつける方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。