新しい資格を取得して、さらなる高みを目指すスキルアップを図る方法


スキルアップとは鍛練を積み重ねて、自分自身の持つキャパシティーを向上させることを指すもの。普通の言い回しでは、技術力を高めたり、腕前を上げたりするというような、技能を強化させる意味で用いられます。

ビジネスの分野で引き継がれるスキルアップは、心理面でのアイディアや、経験知識といったものが主なものになっています。他方で言うキャリアアップとは一緒くたにされやすい言葉ですが、少しあるのが意味合いの隔たり。

キャリアアップの中には、地位や役職、経歴を高めるなどの意味が含まれています。例をあげると非正規社員が、正規社員の雇用になるなど。転職をケースにとると、今より大規模な企業への転職や、今より上のクラスの役職への転職と言った意味になります。

新入社員から始め、日々のやるべき事にも慣れ、余裕を感じる頃に思いつくのがスキルアップ。でも考えれば、基本的なビジネススキルを手にしないまま、身の程を知らずな高望みをする人も多い傾向。

ここではどんな案件で、どういうスキルアップをすればいいのか、新しい資格を取得して、さらなる高みを目指すスキルアップを図る方法を紹介しています。

 

 


未来に役立つセルフマネジメント力強化や、取り組みやすい資格取得


| 1.成果を上げるには、セルフマネジメント力の強化が必須

ビジネスシーンでも話題になるのが、セルフマネジメント力。ビジネスマンのほとんどが手にしていない能力とされています。単純な自己管理を指しているのではなく、想定外の事態が発生したときに冷静に分析し、改善に向け自分の強みを意識し行動すること。

自己啓発本を買い漁っていても、具体的項目を1つでも多く実践しなければ、いつまでたってもスキルアップに繋がりません。自分自身が成果を上げるためには、先ずセルフマネジメント力の強化が必須です。

 

| 2.スキルアップの定番、自分の研鑽には欠かせない資格取得

スキルアップの定番ともなっているのが資格取得。いつの時代でも、自分を研鑽していくには欠かせないものの一つ。資格取得は、具体的行動に摺り合わせしやすいのが特徴です。

試験の合格という目標達成のため、受験日から逆算し、1日にどの程度の勉強時間を設定するのか、細分化して取り組めます。業種や職種によっては資格取得が、資格手当に結び付く場合があります。途切れることなく勉強することで、確なキャリアアップに繋がるのが良いところ。

要注意のポイントは、資格取得だけを目的化にしては問題があるということ。自分が従事する業務や目的から、とるべき資格を決定します。

 

| 3.視野が広がり明確なスキルアップ、転職自体が有効な手段

今いる環境より、他所の方が学ぶ機会が多そうと思うなら、迷うことなく転職するのも一手。今まで磨いてきた経験を、より深化させたいなら同業他社。全然別の角度からキャリアを重ねたい場合は、異業種の世界。

そうすることで視野が広がり、明快なスキルアップができるかも知れません。仕事をしている以上、ビジネススキルはあらゆる場面でが求められます。明確な方針を持っていたり、自分自身で決定できるのであれば、転職自体が有効な手段となります。

 

 


自分自身を高めていきたい、明日から役立つ個人的な3つのスキル


 

 

| 1.周囲の人たちの理解や協力を受ける、論理的思考スキル

別名をロジカル・シンキングと呼ばれているのが、論理的思考スキル。これは目標達成や問題解決、人間関係において重要なスキル。論理的に思考することは、話に一貫性があり筋が通るため、物事がシンプルで理解しやすくなります。

仕事は自分一人の力では行えません。社内では上司や仲間をはじめ後輩など、社外では取引先相手にも、理解や納得がいくことで初めて案件が完了。そういった周囲の人たちの理解や協力を受けるためにも、論理的に思考し伝えることが価値のあるポイント。

 

| 2.目の前で発生する問題を解決に役立つ、目標達成スキル

目標達成スキルとは、人生や仕事に関して、実現したい目標や現実化したい願望などを解決するためのスキルです。このスキルを手に入れると、困難な問題対処ができるようになったり、目の前で発生する問題を解決することに役立ちます。

目標を適切に設定するには、今持っている実力より少し上の段階にし、踏ん張れば達成可能なところにします。さらにその過程で、問題が出た場合には、創造性を発揮して解決。これを繰り返すことで目標達成スキルを研鑽していくと、目標に到達できる確率が上がります。

 

| 3.メンタルトレーニングは、心理的スキルを深化させる過程

心理的スキルとは、スポーツ心理学分野において探究が進み、効果が確かめられたもの。イメージトレーニング分野やプラス思考、リラクセーションなどに及ぶスキルです。こうした心理的スキルを深化させる過程のことを、メンタルトレーニングと呼んでいます。

このスキルを手に入れると、緊張や圧力にに強くなり、感情の制御が上手くできるようになります。そのことで、好ましい人間関係が築けたり、パフォーマンスを仕事で発揮できたりします。周囲の協力を得るためにも、押えたいスキルの一つ。

 

 

 


社会生活の中では重要、会社組織や人間関係の中で役立つ5つのスキル


 

| 1.意思疎通と円滑交流を可能に、コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルとは、取引先の相手や周囲の人たちとの信頼関係を築き、意思の疎通と円滑な交流を可能にするスキルです。このスキルを手に入れると、信頼が得られ仕事を任せてもらえたり、困った際に協力が得られるようになります。

このスキルの初めの一歩が、傾聴スキル。相手を理解することが最初なので、相手の話をよく聞いて、気持ちに寄り添うことから。

その上で、伝えたいことを伝える話すスキルが重要になります。この二つのコミュニケーションスキルで、信頼し合える好ましい人間関係を形成します。

 

| 2.内容の準備と話し方のテクニックが大事、プレゼンスキル

プレゼンスキルとは、伝えることを手段にして、希望の協力や同意などを相手から勝ちとることを可能にするスキルです。このスキルを手に入れると、周囲の共感をはじめ、理解や納得を得られるようになります。

誰かに影響をもたらしたいときや、ぜひ説得がしたいという場合に、非常に重要なスキル。このプレゼンスキルを手に入れる際に、先ず関心を寄せたいのは、話す内容の準備と話し方のテクニック。苦手意識がプレゼンにあっても、スキルアップすることで乗り越えることができます。

 

| 3.チームのパフォーマンスを高める、リーダーシップスキル

リーダーシップスキルとは、組織全体の目標達成に向け、チームの構成員を導いていくスキルです。ただ結果を出すだけでなく、チーム員が成長できるように設定。このスキルを手に入れると、組織の方針を示して方向づけをしたり、チームの構成員が働きやすい環境を作ったりできます。

このことはスタッフの自発性を高め、やる気を引き出し、チーム全体のパフォーマンスを高める効果があります。リーダーシップスキルは、部下がいる位置になったときのほか、チーム行動するときに必要なスキル
漠然としたリーダーになる前に、マスターしておくべきスキルの一つです。

 

| 4.商売では疑いなく必要、営業職には必須のセールススキル

セールススキルとは、客である相手に欲しいという気持ちや、買いたいや購入する必要があるという気持ちを生じさせ、結果として商品やサービスが購入に繋がるためのスキルです。このスキルを手に入れると、新規顧客の売上を作ったり、リピート購入が増えたり、購買単価を向上させたりできるようになります。

ビジネスや商売をする上では、疑いなく必要なもので、営業職の人には必須とも言えるスキル。取引先の心を動かすためにも、セールスのスキルアップは欠かせないところ。

 

| 5.購買意欲を存分に働かす企画力が、マーケティングスキル

マーケティングスキルとは、セールス以外のやり方で、購買意欲を存分に働かせるためのスキルです。このスキルを手に入れると、既存の販売ルートの強化をはじめ、新規の販売ルートの確保ができるようになります。

ほかにも停滞気味の売上への対応や、割に合わない販売ルートの改善など、セールススキルと同様、ビジネスや商売上で必須となるスキル。

アイデアを形にし、誰にどう伝えていくと売れるのかを考える力で、これらの効果を高めるのは企画力とも呼ばれます。ビジネスにおいて、さまざまなシーンで必要とされるのがマーケティングスキルです。

 

まとめ

スキルアップとは鍛練を積み重ねて、自分自身の持つキャパシティーを向上させることを指すもの。スキルアップの使い方も考えたいところです。ここでは、新しい資格を取得して、さらなる高みを目指すスキルアップを図る方法を紹介してきました。ぜひお役立てください。