何故これほど傷つくのか、振られるのが怖い人が覚える重要ポイント


告白を好きな人にしたいけど、振られるのが怖いのでなかなか前に進めないという人も多いもの。ここ一番で振られてしまったときは、これまでの関係が壊れてしまう理由から。ただ振られる前兆というのもあり、告白する前に振られる準備をしている人もいるほど。

好きな人にフラれることは、誰しもショックを受けるもので、早々立ち直ることができず、悲しみに暮れる人も珍しくありません。幾つになっても失恋は辛いものですが、特に男性のケースでは、長期間に渡って引きずる傾向が強くなっています。

なので告白する前に振られる夢を見て、夢占いをしたりと多くの人たちが敏感になるもの。ここでは、何故これほど傷つくのか、振られるのが怖い人が覚える重要ポイントを紹介しています。

 

 

 


時間を無駄にしないためにも参考したい、振られるのが怖い人の心理面


 

| 1.何一つ明かさない人は、心を開かず返って警戒心がでる

プライベートが神秘的になっているといこと。フラれるタイプの男性や女性にしても、当初は謎めいて見えるところがあるもの。

ただ関係が時間を経ても、自分のことは何一つ明かさない人は、心の扉を閉ざし返って警戒心がでてきます。こうしたことから相手に対して疑心暗鬼が芽生えることに。

 

|  2.いつのまにか好き過ぎて憧れの存在として見ているもの

その人に依存してしまうということ。女性にしても男性にしても、いつのまにか好き過ぎて憧れの存在として見ているもの。

誰かに憧れられた体験がないと、見に覚えがないものですが、相手をやたら理想像化します。そうしたことをやり過ぎると、人間は鬱陶しくなるもの。

 

| 3.感性は持ち合わせていないので、振られる要素の一つに

理想的なデートを夢見ているということ。女性にしても男性にしても、きらめくような親近感が湧くデートを、思い描く人もいるもの。

これも度が過ぎると、能力面や体力面のことで疲労が蓄積することになります。誰しもがそんな感性は持ち合わせていないので、振られる要素の一つになります。

 

 

 


振られるのが怖い人は理解しておきたい、フラれたときのデメリット


 

| 1.相手のことが好きであるほど、胸に穴が開いたような辛さ

相手を失った虚脱感による苦しみということ。好きな人ができた場合、日々その人のことを考えて頭が一杯になるもの。その相手が突然目の前から消えてしまえば、深い虚脱感に襲われます。

心に穴が開いたような気持ちになり、何もする気にはなれません。相手のことが好きであるほど、胸に穴が開いたような辛さが深くなり、簡単に消えるものではなく、解消するには時間が必要かも知れません。

 

| 2.ある意味拒否されたも同然で、脱力感に襲われ深い悲しみ

好きな人から拒否された悲しみということ。人間は本能的に、拒絶されることに対し恐怖心があるもの。集団から孤立すると生存が危うくなるという考えが、DNA自体に残っているからではという説もあります。

好きな人からフラれたというのは、ある意味拒否されたも同然で、脱力感に襲われ深い悲しみを感じます。

 

| 3.自身は価値がないという考え方、負のスパイラルに陥る

自らに対して自信がなくなるというデメリット。失恋が辛いのは、自分では駄目だったんだと自信がなくなるから。自分自身の欠点や人より劣っているところに焦点を当て、自己評価をみるみる下げてしまいます。

失敗した自身は価値がないという考え方になる人もいて、負のスパイラルに陥ってしまうのも無理はないもの。

 

 

 


振られるのは怖いけど告白したいもの、覚えておきたい注意ポイント


 

| 1.相手が自分と一緒の時を過ごしたいと思う切っ掛けになる

相手との関係をしっかり構築するということ。相手が自分自身と一緒にいたいと思うほどの、明確な関係を構築することが大切。

お互いを深く知っていないで、相手と付き合いたいと考える人はあまりいないので、交際したいと思って貰えるようにします。先ずは、会話する機会を多く持ちます。

話すことにより互いを深く知ることができ、楽しいと思って貰えることで、相手が自分と一緒の時を過ごしたいと思う切っ掛けに。

 

| 2.瞬間を感じること、気持ちが昂っている間に想いを伝える

タイミングを逃していけないということ。告白するに良い機会は、相手に対しての関係性が最大限に深まったとき。それはいつと言えば、当事者同士でないと分かりませんが、今しかないというタイミングがあるもの。

相手も一緒にいたいと大切に思ってくれている、そんな瞬間を感じることがあり、気持ちが昂っている間に想いを伝えます。

 

| 3.上手くいくという前向きな気持ち、告白成功のポイント

ポジティブ思考を忘れないということ。振られてしまうかもと考えすぎず、きっと上手くいくという前向きな気持ちこそ、告白成功のポイントの一つ。

振られてしまうかもと胸の内で思っている間は、告白する時ではないのかも知れません。互いの気持ちが昂ったタイミングで告白することにより、ポジティブ思考を維持することができるもの。

 

| 4.ネガティブな雰囲気の人物より、自信溢れる明るい人が

自己肯定感を向上させるということ。振られてしまうという気持ちは、その要因が自分自身にあると思っていることが理由の一つ。

自分への自己肯定感が低く、振られる要因があると考えているので、振られるのが怖い人は自己肯定感を向上させることが重要。

振られる要因はないと思うほど、自分磨きをすることも対策で、ネガティブな雰囲気の人物より、自信溢れる明るい人がいいもの。

 

| 5.振られたとしても、これから先の人生で必要な体験だった

振られた体験を次回に活かすということ。相手のことを考え過ごした日々も、告白に悩んだことも、告白の際の言葉を考えたことも、みんなが自分の経験。振られることが怖いという人は、それを落ち度と捉え、失敗をしたくないと思うことが多いもの。

もし振られたとしても、これまでの体験が全てなくなってしまう訳ではありません。これから先の人生で必要な体験だったと思うようにします。

 

 

 


世の中そう上手くはいかないもの、好きな人にフラれたときの対処法


 

| 1.どちらにせよ相手側の問題で、自身の人間性とは関係ない

自らを全否定しないということ。好きな人に振られた際、自分自身という人間自体を、全否定されたような心情になることもあるもの。相手が振った事情は、論理的に説明できるものではなく、極端なネガティブ思考に陥る場合もあります。

どちらにせよ相手側の問題で、自身の人間性とは何の関係もないので、全否定している場合は早々に止めること。

 

| 2.思い切って泣き、気がすむまで思う存分悲しむことが大切

現実を受け入れ、気がすむまで悲しむということ。先ずは、しっかり振られたという現実を受け入れること。悲しい感情は自然に湧き上がるもので、泣きたいときは思い切って泣き、気がすむまで思う存分悲しむことが大切。

好きな人にフラれると、早く忘れようと自らの感情を抑え気味ですが、これは余計に辛い気持ちを大きくします。先ずは悲しみを全て吐き出すことから。

 

| 3.少々辛いもの、これから先に前進するには必要な作業工程

振られたわけを考えてみるということ。少し気持ちが落ち着いたところで、振られた理由を考えてみるようにします。

自らの中で振られたわけが明確になると、納得して前に進む切っ掛けになるもの。振られた訳を考える時間は少々辛いものですが、これから先に前進するには必要な作業工程と捉えます。

 

| 4.過去と決別し、これからの新しい人生に焦点を当てます

相手との想い出や気持ちを整理するということ。悲しみにどっぷりと浸かったら、次にすることは相手との想い出を片付けます。写真やメールなどがあれば手放すことで過去と決別し、これからの新しい人生に焦点を当てます。

想い出が残ったままだと、ふと目にしたとき悲しい気持ちぶり返したり、過去を振り返ることもあるので、きちんと処分します。

 

| 5.考える暇もなく、気分が晴れないという状態を減らせる

失恋のことを考える時間を作らないということ。暇な時間があればあるほど、失恋した事実や好きな人のことを思い出してしまうもの。

気分が沈み何もする気が起こらなくなるので、こんな状態に陥らないようにするためには、意識的に考える時間を作らないことが大切。予定を沢山入れて忙しくするのも一手で、次々に予定があれば考える暇もなく、気分が晴れないという状態を減らせます。

 

| 6.完全な立ち直りまでは時間が掛かる、一般的期間は3ヶ月

失恋からの立ち直りには時間は必要ということ。失恋の苦しみから解放されるには、自分で前に進むしかありませんが、一方で立ち直るには時間が必要なのも事実。

1歩踏み出しても、ポジティブな考えの日もあれば、ネガティブな日もあるもの。そんな日々を繰り返すことで、人間は成長していきます。完全な立ち直りまでは時間が掛かりますが、一般的な期間は3ヶ月とも言われています。

引き寄せの法則で手に入れる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

これまでの関係が壊れてしまう理由から。ここでは、何故これほど傷つくのか、振られるのが怖い人が覚える重要ポイントを紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。