マウント取りたがる人には困るもの、状況に応じて布石を打っていく術



身の回りを見渡すと、マウント取りたがる人がいるもの。そんなマウントしたがる人は、周りの人たちに比べて、常に優れていると思われたい傾向があります。

マウントを取る人とは他の人と比べ、いかに自分の方が評価できるかを主張することで、ステータスをはじめ実績などを自慢して相手より上だと示す言動です。

マウント取りたがる人は病気という場合もありますが、一方にはマウントされる人がいるのも事実なのは疑いありません。

マウントとってくる人は常に自分自身が正しいと信じ込んでいて、話の中には意図的に相手を見下すこともあります。

自慢話などは悪いことではなく、どう感じるかは受け手次第で注意が必要ともなりかねません。

ここでは、マウント取りたがる人には困るもの、状況に応じて布石を打っていく術を紹介しています。

 

 

 


マウント取りたがる人には困るもの、状況に応じて布石を打っていく術


 

| 1.調子に乗らないように、右から左に聞き流していくという

右から左に聞き流すということ。マウント取りたがる人がこれ以上調子に乗らないように、右から左に聞き流していくというもの。

マウントをとるのは、いわゆる自己顕示欲を満たすためが大きな動機で、結局はどれほど些細な言葉でも良いので認めて欲しいということに他なりかねません。

なので、言葉の上でだけも寛容になってあげる方が的確な態度で、適当に相槌を打ち右から左に聞き流していくのが、状況に応じて布石を打っていく術の一つ。

 

| 2.湧き上がれば、相手を煽てて持ち上げてみることもやり方

持ち上げてみるということ。仏のように多少なりとも寛大になる気が湧き上がれば、相手を煽てて持ち上げてみることもやり方というもの。

マウントを取りたがるのは自信がなく、承認欲求が高いからで、優位なポジションにいて安心感に浸っていたいと思っているからです。

なので、凄いとか褒めることにより持ち上げてみるのも良く、認められた充足感からマウンティング行為が減る可能性もある、状況に応じて布石を打っていく術の一つ。

但し、時と場合により相手を増長させてしまう危険性もあり、あくまでも褒めるのは程度の問題です。

 

| 3.湧き起こった場合、尻込みしないで正直に嫌だと伝える

正直に嫌な気持ちを伝えるということ。マウントをとられたときに嫌な気持ちが湧き起こった場合、尻込みしないで正直に嫌だと伝えるというもの。

相手の気持ちに配慮することができないマウント取りたがる人には、直球勝負が得策で明確に主張することが肝心な、状況に応じて布石を打っていく術の一つ。

そうしなければ、いつまで経っても伝わることがなく、何度もマウントを取られてしまうことにもなりかねません。

 

| 4.持たなくていいようにするのも重要なポイントというもの

距離を置くということ。マウント取りたがる人と物理的に距離をとり、関わり合いを持たなくていいようにするのも重要なポイントというもの。

嫌だとはっきりと伝えたり、聞き流したりするのは、早々簡単にできるようなことではありません。

相手が誰であっても、なかなか勇気がいることですが、無理して関わる必要性はない、状況に応じて布石を打っていく術の一つ。

 

| 5.持ちたくない場合、SNSなどでは無視をしていくという

SNSなどでは無視をするということ。距離を置くのと同様に、どうしても関わり合いを持ちたくない場合、SNSなどでは無視をしていくというもの。

近年は現実世界ばかりではなく、何でも言えるネット社会なので、、SNS上でもマウント取りたがる人が現れることも多くあります。

そういった時は無視一択で、心労が溜まるようなことを無理する必要はなく、ブロックやミュート機能を利用する、状況に応じて布石を打っていく術の一つ。

 

 

 


マウント取りたがる人は迷惑な点がある、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.自惚れが非常に強いところがあり、自慢話ばかりをする

自慢話が多いということ。マウント取りたがる人に見られるのが、自惚れが非常に強いところがあり、自慢話ばかりをするというもの。

これはマウント気質の代表ともされるもので、相手が羨ましがれば優越感に浸れますし、自分自身が格上だとアピールもできます。

逆に他の人の自慢話には興味がなく、それより自慢話で自分を持ち上げたい気持ちで一杯です。

 

| 2.本質的には他の人の意見に聞く耳は持たないというもの

上から目線で話してくるということ。マウント取りたがる人に多々見られるのが、本質的には他の人の意見に聞く耳は持たないというもの。

相手に対して意見をしても、他人からの意見だったりアドバイスはお断りといったスタンスです。

自分が正しくて誰よりも勝っている、そんな風に思い込んでいるので、人によっては相手の話を遮り話し始めるということにもなりかねません。

これをすれば迷惑とか相手に不快など、気持ちを推し量れないところがあり、自分の価値観が最優先です。

 

| 3.嫌いなところがあり、敗北を何よりも毛嫌いするという

非常に負けず嫌いということ。マウント取りたがる人に見られるのが、非常に負けず嫌いなところがあり、敗北を何よりも毛嫌いするというもの。

ただ負けず嫌いなだけではなく、どういった手段を使っても優位に立ちたい、そういった強い感情が込められています。

優越感を実感できていなければ不安な傾向があり、仕事にしても恋愛にしても友人関係ですら、どうすれば負けないか常に考えているということにもなりかねません。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、マウント取りたがる人の心理状況


 

| 1.見られるのが、自分と他の人を比較するというというもの

自分と他の人を頻繁に比較するという心理状況。マウント取りたがる人に良く見られるのが、自分と他の人を頻繁に比較するというというもの。

マウントをとる人が心の奥底にあるのは劣等感ですが、反対に自分自身は秀でていると考えていて、常に一番だと周囲の人たちに示さなければ気が済みません。

コンプレックスが余りに日常生活で前に出てくれば、何が何でもターゲットとなる相手を蹴落とそうとする、そんな行動を取ってしまうようなことにもなりかねません。

 

| 2.自己肯定感の低い人ほど、マウントをとりたがる傾向に

自分に自信がないという心理状況。自分自身に自信が抱けず自己肯定感の低い人ほど、マウントをとりたがる傾向にあるというもの。

自己肯定感はどれほど欠点があっても、他の人と比べることなく、ありのままの自然体の自らを受け入れることに他なりません。

しかし、マウント取りたがる人にはそれができず、弱さが周囲の人たちに露呈しないよう、見栄を張って過ごすことにもなりかねません。

 

| 3.アドバイスと称して、自分自身の見解を押し付けてくる

アドバイスをしてくるという心理状況。マウント取りたがる人に見られるのが、アドバイスと称して、自分自身の見解を押し付けてくるというもの。

恐らく経験値の差を誇示するような態度ですが、まったく根拠のない自信で、求めてもいないようなアドバイスをされることにもなりかねません。

こういった自らの見解を押し付けてくるのは、マウント取りたがる人に良くある行動ですが、される側からすれば大きなお世話ということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

自慢して相手より上だと示す言動です。ここでは、マウント取りたがる人には困るもの、状況に応じて布石を打っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。