乗り気でないときも往々にしてあるもの、覚えた際に対処していく術



日常の暮らしの中で、乗り気でないという時も往々にしてあるもの。何もする気にはなれず、誰に誘いを受けてもどうしても乗り気になれないような日があります。

そうした無気力になる切っ掛けは仕事で大きなミスを犯したり、大好きな人に失恋をしたからかも知れません。

こうした何もしたくないと感じる男女の多くは、他人想いの優しい傾向にあるとされます。

無気力になってしまう以前は、貢献したいとか誰かの力になりたいといった気持ちで溢れていますが、期待を裏切られることが積み重なれば諦めへと変わってしまうことにもなりかねません。

そうなれば周囲の人たちから、何にでも乗り気じゃなさそうと捉えられることになり注意が必要です。

ここでは、乗り気でないときも往々にしてあるもの、覚えた際に対処していく術を紹介しています。

 

 

 


乗り気でないときも往々にしてあるもの、覚えた際に対処していく術


 

| 1.就寝をするほか、栄養があるバランス良い食事を心掛ける

生活リズムを整えるといったこと。朝日を浴びるのはもちろん決まった時間に起床だったり就寝をするほか、栄養があるバランス良い食事を心掛けるというもの。

日常では当然ともいえることですが、こうした規則正しい生活リズムを毎日続けることにより疲れが取れやすい状態になる、覚えた際に対処していく術の一つ。

仕事などで忙しければ睡眠時間も短くなり食事が偏るなど、生活習慣が乱れ心や身体の休まる暇もなく、生活パターンを見直しオンオフの切り換えを心掛けます。

 

| 2.重要なポイントで、きちんと休息ができる環境を設ける

休養に専念するといったこと。どうしても乗り気でないと感じたケースでは、思い切って休養へ専念することが重要なポイントで、きちんと休息ができる環境を設けるというもの。

ストレスが慢性化となっていて1日の休息だけでは気力が戻らない時は、有給を使い長期休暇を取るなど、状態に応じて期間を減っていして休養することに専念します。

何も乗り気でないと感じる一因は心だったりや身体の疲労で、しっかり回復させることで段々と意欲が取り戻せる、覚えた際に対処していく術の一つ。

 

| 3.湧き上がらなくなったのか、そんな状況を振り返ってみる

心の整理整頓をするといったこと。何も乗り気でない時に必要になるのが、先ずはどうして己自身の意欲が湧き上がらなくなったのか、そんな状況を振り返ってみるというもの。

いつから無気力になってしまったのか、何が切っ掛けで意欲が湧かなくなったのかなど、順番に紐解いていくのが、覚えた際に対処していく術の一つ。

現実には辛かった体験や傷ついた経験から、無自覚で意欲を失っている可能性が高く、一人で見つからない時には友達だったり家族に相談してみます。

 

| 4.セロトニンが増えるので、心だったり身体の安定に繋がる

適切な運動を行いリフレッシュするといったこと。適切な運動をすると、幸せホルモンとされるセロトニンが増えるので、心だったり身体の安定に繋がるというもの。

セロトニンが分泌されると交感神経が優位になるので、ポジティブな感情が湧き起こり活動的になる、覚えた際に対処していく術の一つ。

どうしても運動が不得手という人は、一人で悩んでいても気持ちが晴れないなど悪循環が生まれるので、好きなことに熱中して気分をリフレッシュさせます。

 

| 5.一旦日々の対人関係を見つめ直してみるというものです

人間関係を見つめ直してみるといったこと。何も乗り気でない一因が職場の同僚だったり家族や友人との人間関係のケースでは、一旦日々の対人関係を見つめ直してみるというもの。

どんなことに不満を感じるのかとか、己自身を犠牲にして我慢していることはないかなど、対人関係で抱えている悩み等を振り返ることからスタートします。

アサーションと呼ばれるコミュニケーション法を取り入れれば解決の可能性もあり、相手を変えるのは困難ですが、己自身の考え方や行動から緩和させることもできる、覚えた際に対処していく術の一つ。

 

 

 


乗り気でないのは断り方などにも困るもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.己自身の心を守るため周囲に無関心になるというものです

ストレスや精神的な疲労が蓄積しているといったこと。ストレスだったり精神的疲労が蓄積しているケースでは、己自身の心を守るため周囲に無関心になるというもの。

無論のこと意欲も低下し無気力症状も現れやすくなりますが、過剰なストレスは自律神経の乱れや崩れを引き起こしかねません。

自律神経が乱れると、身体や心に色々な影響を及ぼすので、精神面が不安定るほか無気力状態を引き起こすことに繋がりかねません。

 

| 2.睡眠不足や肉体的疲労が蓄積しての倦怠感からくるという

睡眠不足や肉体的疲労蓄積するといったこと。何も乗り気でない無気力な状態に陥りやすいのが、睡眠不足や肉体的疲労が蓄積しての倦怠感からくるというもの。

仕事が多忙で毎日よように残業や休日の出勤が続くなど、しっかり休息時間を取れていない人は要警戒です。

人間は何かに対して集中している時には疲労を感じ難いものですが、知らないうちに限界を超えてしまうことも頻繁にあります。

 

| 3.努力をするのかなど、目的自体を見失っている可能性が

目的自体を見失っているといったこと。何も乗り気でない無気力状態に見られるのが、何のために努力をするのかなど、目的自体を見失っている可能性があるというもの。

これは根性論などの問題ではなく、毎日の小さな不満や我慢の積み重ねから、意識しないで気力が削がれていくパターンです。

報われない体験が続いていると諦めに繋がりかねず、先ずは何に対して不満を感じるのかなど、己自身の気持ちを整理することが重要です。

 

| 4.ストレスを覚え何も乗り気でないと感じることがあるもの

環境の変化といったこと。心や身体の疲労ばかりではなく、引っ越しだったり転職などの環境変化も、ストレスを覚え何も乗り気でないと感じることがあるもの。

環境の変化は昇進だったり結婚など、人生の嬉しい場面でも当て嵌まる、そういったことも稀にあります。

 

 

 


乗り気でないときは何とかしたいもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.世間一般で口にされる燃え尽き症候群かも知れないという

燃え尽き症候群といった心理状態。これまで何かに没頭して意欲的に取り組んできたケースでは、突然にやる気を失うのは、世間一般で口にされる燃え尽き症候群かも知れないというもの。

何も乗り気でないと感じているのは、一生懸命に頑張ってきた後で己自身の力を使い果たしている状況です。

 

| 2.何から手を付けて良いのかが分からないというものです

何から手を付けて良いのか分からないといった心理状態。目の前に問題が山積みとなっていて、何から手を付けて良いのかが分からないというもの。

己自身が感じている問題がキャパシティーを越えていて、何からやれば良いかが分からないという精神状態から、気力が失われているような可能性もあります。

 

| 3.大きく捉えてしまい、その解決の方法が分からなっている

問題解決方法が分からないといった心理状態。非常に問題を大きく捉えてしまい、その解決の方法が分からなっている状況というもの。

周りの人たちにすればシンプルな問題でも、己自身の頭の中で過去の体験や将来の不安を一緒に思い浮かべ、段々と問題を大きく解釈してしまうような事例です。

 

 

 

まとめ

捉えられることにもなり注意が必要です。ここでは、乗り気でないときも往々にしてあるもの、覚えた際に対処していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。