否定的な人の心理や特徴を詳しく把握、たった今から改善していく方法


何をするにしても、失敗したらどうしようと否定的な意見をいうタイプの人がいます。順調に行くイメージを持ちたいのに、何をしても前向きになれないのは苦しいもの。否定的なスタンスを持っている場合、物事に対して納得できないことや不安を感じやすく、つい行動そのものが消極的になることに。

否定的なことしか話さない人は、慎重なので問題に引きずり込まれる可能性が低いですが、その分新しい挑戦をしないので、成長の機会を失うのはもったいない話しです。世の中には否定的なことばかり言う子供もいて、それは否定的な親から受ける影響が大きなもの。

ただ日々の生活で悲観的な考え方をしているよりは、物事を楽観的に捉えられれば暮らしが充実します。ここでは、否定的な人の心理や特徴を詳しく把握、たった今から改善していく方法を紹介しています。

 

 

 


先ずは始めにきちんと知っておきたい、否定的な人の考え方と心理面


 

| 1.ネガティブな考えを持ち、最悪の状態を考えてしまう心理

いつも最悪の状況を想定しているということ。否定的な考え方をする人は、常に不安を抱えて過ごしているもの。些細なことでもすぐ失敗すると、ネガティブな考えを持つだけでなく、最悪の状態を考えてしまう心理が働きます。

想像をみるみる膨らませ悪い方向に考えるので、心が落ち着くことがなく焦燥感に駆られがちです。

 

| 2.少しでも普段と違ったことが、急に不安感が襲ってくる

心配性でもあるということ。心配が先に立ち、体調に違和感を感じた際は、不安になって医療機関を訪れたりします。少しでも普段と違ったことがあれば、急に不安感が襲ってくるもの。

ほかにも日々トラブルや事故に会わないよう心配しながら暮らしています。ただ、いつも悲観的では疲れてしまうのも一つの事実。

 

| 3.成功するより失敗を気に掛ける考え方が癖になっています

ネガティブな考え方が癖ということ。男性にしろ女性にしろ、人間関係や恋愛、仕事などの面で、どうせ上手くいかないという思考パターンに陥っているというもの。

どんなことにしろ良い面と悪い面の両方がありますが、否定的な人は悪い面にしか目がいきません。警戒する気持ちが強く、失敗を前提に行動するので、成功するより失敗を気に掛ける考え方が癖になっています。

 

| 4.不安が先に立ち一定の距離を置く姿勢を見せることが多い

自分では無理だと思っているということ。物事をポジティブ思考で捉えられない、マイナス思考が心理面の一つ。努力しても報われないとか、自分の能力では無理など、最初から諦めているので神経質な傾向にあります。

成功か失敗かどっちに転ぶかが分からないケースでも、不安が先に立ち一定の距離を置く姿勢を見せることが多いもの。

 

| 5.その場の雰囲気を暗くすることがあっても、気に留めない

無表情でテンションが低いということ。最初から成功することを諦めている姿勢は、無表情であることが多くそれほど笑顔を見せません。更に、周りの人たちと協調していこう、そんな気持ちも持っていないもの。

テンションが低いため、その場の雰囲気を暗くするようなことがあっても、一切気に留めない傾向も強くあります。

 

 

 


ネガティブな方向に進むことが多くあるもの、否定的な人物の特徴面


 

| 1.優れたところには注目しないのが否定的な人の大きな特徴

すぐさま自分と他人を比較するということ。否定的な考えをする人は、消極的な割には他の人のことを非常に気にするもの。

容姿や仕事の能力など、何かにつけ他人と自分を比べては、自ら劣っているところに気付いて落ち込むことになります。誰もが皆、優れた点や劣っている点もあるのに、優れたところには注目しないのが否定的な人の大きな特徴。

 

| 2.極端な安定志向で、失敗したくないという考えが強いこと

安定志向で挑戦を嫌がるということ。物事を前向きに捉えられないので、失敗を恐れる余り新しいことに手を出すのを嫌がるもの。

ネガティブ思考なので、失敗するくらいであればやらないとチャレンジしません。極端な安定志向で失敗したくないという考えが強く、臆病な特徴は始める前から諦める癖がついています。

 

| 3.他者を行き過ぎて否定したり、否定的になってしまう傾向

過去のトラウマ体験の影響と言うこと。否定的なタイプの人は、過去のどこかで何らかの辛い体験をしていることが多いもの。過去に受けたネガティブナスな出来事がトラウマになり、自信を喪失しています。

こうした体験をするのは、自らに原因があると信じて他者を行き過ぎて否定したりと、ますます否定的になってしまう傾向。

 

| 4.失敗の方が圧倒的に多くなり、否定的な考えに陥りやすく

これまで成功経験が少ないということ。上手くいかない前提で物事に対すると、一度の失敗をずっと引き摺りなかなか立ち直れないもの。

結果的に、成功体験より失敗の方が圧倒的に多くなり、否定的な考えに陥りやすくなります。このような成功経験が少なさは、マイナス思考を更に増大させ諦めも早くなることに。

 

| 5.感じやすい性質のためさらに否定的になるという悪循環に

すぐ被害妄想をする癖があるということ。否定的な考え方の人の特徴として、周りから自身がどう見られているか、知りたいというものがあります。けれど、自らに自信がないので、みんなが悪口を言っているなどと、被害妄想を抱きがちになります。

実際に何事もなくても、人から嫌な人だと思われたり責められたりと、感じやすい性質のためさらに否定的になるという悪循環に。

 

 

 


気持ちを切り替えると明るい将来がやって来る、否定的考え方の改善法


 

| 1.小さな目標を達成することを継続すれば、次第に自信が

成功体験を積み重ね、自信をつけるということ。否定的な考え方のままであれば、新しいことにチャレンジするのは困難なもの。

大きな目標を掲げても実行できず諦めてしまいがちなので、日々の生活ですぐさま改善できそうなことにこまめに取り組みます。小さな目標を達成することを継続すれば、次第に自信がつくので、新たな挑戦に踏み出す好循環が生まれます。

 

| 2.前向きな言葉を口にする、不思議なくらい積極的な姿勢に

否定的な言葉を言うのを止めるということ。後ろ向きな発言が多い否定的な人ですが、ネガティブなことを言わないよう徹底するというもの。

考え方をすぐさま前向きなものに変えていくのが難しい場合は、先ずは発言をポジティブなものにします。何とかなるさなど、根拠はなくても前向きな言葉を口にするだけで、不思議なくらい積極的な姿勢になります。

 

| 3.ポジティブ思考の人たちと、一緒にいるように心掛ける

楽観的な人たちと行動を共にしてみるということ。否定的な考え方を克服しポジティブになりたいと考えているなら、人間関係を変化させる努力が必要。

人間は置かれた環境に大きく影響されるので、自分と似たネガティブ思考の人たちとばかり関係しているといつまでも乗り越えられません。ポジティブ思考の人たちと一緒にいるように心掛けることで、前向きに考える姿勢が成功に繋がることが学べます。

 

| 4.消極的だと考えていた短所、思わぬ長所と言うこともある

周りの人たちに、自らの長所や魅力を聞いてみるということ。自己否定の気持ちが強い人は、自らの長所よりも短所にばかり目を向けてしまいがち。

否定的考え方を止め前向きに変わりたいなら、自分自身を受け入れ自信を持つため、先ずは長所は何かを掴むこと。自分では判らないことも多く、周りの人々に聞いてみるのも一つの手段。消極的だと考えていた短所が、思わぬ長所と言うこともあるもの。

 

| 5.相談すると、自分では思い浮かばない方法もあり解決へと

悩んだ際は友人や恋人に相談してみるということ。否定的な考えのタイプは諦めが先にたち、何でも一人で考えてしまいがち。自らが思い浮かぶ方法だけしか検討しないので、物事を解決することができず、思い悩み続けることになります。

そんな状態を変えたい場合、一人で考えるのを横に置き周りに相談すると、自分では思い浮かばない方法もあり解決へと繋がります。

引き寄せの法則で払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

何ごとも前向きになれないのは苦しい。ここでは、否定的な人の心理や特徴を詳しく把握、たった今から改善していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。